「 RPG 」一覧

塩分が足りなかったので塩を買いました

塩分が欲しかったのでSalt and Sanctuary、一本だけ買っちゃいましたわ、アッアッアッアッアッ。これは月下の夜想曲にデモンズを振りかけたようなアクションゲームやね。武器が豊富でそれぞれ攻撃パターンが違ったり、敵の攻撃も凝っているので駆け引きが面白い。幻想的な雰囲気やボスのデザインが病的でこれは大人向けやね。

sas1607111

盾持ってると攻撃を防げるんやけどスタミナが削られて無くなるとピヨったり、敵に殺されると塩(経験値)をその敵に奪われたり、装備重量が移動速度やローリングに影響を与えたり、そのへんはデモンズぽいかもしれんわ。篝火や誓約的なものもあるしね。

塩を捧げてレベルアップするとスフィア盤でスキルを割り振れるんやけど初めに選んだクラスは初期位置が異なるだけなので自由度は高そう。どうなんやろうと思いながらこうたけどこれは買って正解やね。ゴアも派手で空中コンボもあったりして爽快感も高いけどジャンプアクションも結構要求されるのでそこでストレスを感じる人はいるかもしれんわ。敵はリスポーンするし、塩とゴールドはいくらでも稼げるのでデスペナルティがキツくないのが救いやね。

sas1607112


首ヘルペス情報は知らなかったからすごい。もぐら生活にストレス感じてたんかなぁ…。PC禁止されて、貯金も底をつき、まともな娯楽のない現状はストレス溜め込みそうやけどアンチコメントや現実を見る必要がないから逆にストレスを感じてないかもしれんわ。お父さんにお使い頼まれてお釣りでパルムたべたべで幸せなんかなぁ…。


また一つ仕事をやり遂げました

30時間やってるのにまだ終わる気配の無いDark Soul2。こんな死んでたら頭亡者なるで。クズ底は暗いし、足場悪いしで死にまくるし、熔鉄デーモンは一撃がデカくて殺されまくるしでここまで濃密か、ここまで濃密やったのかという感じの濃密さのDark Soul2。だけどね、クズ底は松明点けていったらそうでもなかったし、熔鉄デーモンはガードせずに回避して、背後取ればそれほどでもなくて、UNKさんはちゃんとやり遂げました(達成感) ただね、もうそろそろ終わって欲しいし、これ終わったら3にも挑戦するかと思ったけどこれほど濃密ゼルダやったら当分はええかってなるからすごい。来年のセールの時に買いましょうかね。

ds21607031

妹や妹の彼氏に兄貴面している軍平さんを想像するだけでもう十分ニチィ! 殺意が湧くから凄い。順平クレープいらんのか、ほんとすき。30歳でこんな子供みたいな反応できる人、なかなかおらへんでぇ。貝塚ピーターパンはいつになったら大人になるんでしょうか。気になるところです。

全部空き巣は頭お菓子なるで。


DARK SOULS IIはおふざけが足りない

DARK SOULS II: Scholar of the First Sinが安かったので一本だけ買っちゃいましたわ、アッアッアッアッアッ。ただ、前作を踏襲していて変わり映えがないといえばないというか、トラップ要素が少し物足りない感じがあります。自分の中では。

序盤は「こんなん無理やろ…」からの達成感があったんやけど中盤くらいから絶望感も物足りない。回復アイテムがエスト瓶の他に雫石というのも導入されたお陰でリカバリーしやすいのもあるし、逆に裏をひっくり返せば回復手段が増えてデメリットにもなってる。篝火からボス部屋が短くなっているような感じもするし、エスト瓶切れても雫石でダラダラ回復していたら持久戦でやっつけられちゃうしでこれは初心者向けやね。まぁ覇者の誓約とか難度を上げる仕掛けはあるのでそのへんはプレイヤーで調整シテクダサイネーということかもしれんわ。分からん、分からんわ。

マップや敵が過去作で見たようなものばっかりで何かが足りない。ガーゴイルとか蜘蛛とか半身女とか、ボスが被ってるよコレー。デモンズの時の巨大な盾持った騎士みたいな絶望感が足りない。マンネリ感は強いけどシリーズもの、ナンバリングタイトルってのはそういうものやし、なんだかんだ言って敵との殴り合いは楽しいのでやってしまいますわ。ストーリーはあってないようなものだし、難度は過去作に比べて低くなってるのでソウルDTにもオススメできると思いまスゥゥゥ。

ds21606281

こんなんに腰振られたら羊水アトピーになりそうだからすごい。

おふざけが足りてたので80点とさせて頂きまスゥゥゥ。ぐずぐずになったラメーンほんときらい。ただでさえチキンラーメンは一口食べたら後悔するのに伸びきったら食えたもんじゃないんだよなぁ。

今まで服装に注目してなかったけどハエグラス空き巣コーデが多くてすごい。長話4窓版も作って欲しいですね。自分の中では。


パイパンちゃうで

今作はサイバーパンクやサイファイの要素が結構強めでそのへんの新鮮味がありますかね。アンドロイド探偵のニックや人造人間のクエストは鋼鉄都市や電気羊を彷彿とさせて楽しい。

会話のシーンで主人公の姿を見せるようになって、主観視点へのこだわりが薄くなった反面、カメラワークやアニメーションの表現力が変わらないので他のAAAに比べると退屈なシーンが多い。今回は親が息子を探し求めるというドラマチックなシナリオなのだが感情を揺さぶられることがない。客観視点の会話シーンを取り入れるならゲラルトおじさんくらいの表現力が欲しい。

fo41512202

新聞記者のパイパーは男のような喋り方でアニメにいそうなキャラ。英語版だとどうなっているのか知らないが、声優の演技も相まって強い存在感がある。人型を連れて行くならパイパーかニックですかね。

fo41512203

ランダムで伝説の敵が出てくるのだが必ずレア装備品を落とすのでアイテムあさりが楽しい。発火や爆発のセミオートが欲しいんだけどオートばかり出るんだよなぁ…。伝説級は普通の敵に比べて相当固く、ヘッドショットしてもなかなかダメージを与えられないのが困り物。今作は敵の動きが早くて狙いづらく、ただでさえ難易度が高くなっているので戦闘系のスキルは早めに取っておいた方がいいっすね。

fo41512204

携帯ゲームが日本語化されてなくてつらい。なんでや。ひらがなとカタカナじゃあかんかったんか。

fo41512205


Fallout4こうた

No Ideaだと思われる言葉を「アイデアがない」と直訳していたり、少しずつ面白みのある翻訳が出てきた。人造人間は人造人間風の人間ってなんやねん。機械の真似事してる人間って意味なのか(困惑) こんな訳ばっかりやったら頭おかしなるで。

fo41512191

Aqua Nox2やPainkiller:HDレベルを期待していたがそこまで翻訳は悪くない。期待はずれ。声優の演技指導までバッチリだったゲラルトおじさんには遠く及ばないが及第点は満たしているんじゃないか。英語では共通で使われているあろう単語の訳がおかしかったり、選択肢の言葉が曖昧で結果が想像しづらい面などはあるものの大筋は理解できるものに仕上がっている。あとはストーリー面というかドラマ性が前作よりも後退していて、そこまで重きが置かれているように感じられないので、文字周りもあんまり気にならない。

前作では主人公の誕生から成長まで冒頭で描かれていたので入りやすかったが、今作は初めから成人していて既婚、セールスマンが来たと思ったら核爆発があってヴォルトに冷凍保存されて目覚めたら200年後と展開が早い。急ぎ足で進んでしまい、入り込む余地が無い。もう少し平和な時間を過ごさせるとか、奥さんと結ばれるとこや息子が生まれるシーンがあれば入りやすかったのではないかと思う。ゲームシステムは前作よりも強化されているがストーリーは大きく後退し、システムと戯れるゲームになった印象が強い。

fo41512184

前作は色調が緑色に寄っていて安直なポストプロセスという感じがあったが、今作は色鮮やかで美しい。景観もバラエティ性があって良い。しかし、テクスチャのディティールが他のAAAタイトルに比べると解像度不足で、設定ウルトラでも近くによるとボケが目立つ。これの倍のディティールが欲しい。マップ切り替えのロードも長く、木々が多い場所ではフレームレートが落ち込んだりと画質のわりに重い。

銃撃は前作よりも改善され、弾はまともに飛ぶし、被弾時の怯みなどもしっかり入り、部位攻撃の要素を取り入れたことで狙い撃つ楽しさが増えた。サイトやスコープもしっかり覗ける。ヘッドショットを決めた時に頭がパーン(グチャ)するのも気持ちいい。またダッシュ時、近接攻撃時など頭がしっかり揺れるので挙動にリアリティがある。

fo41512181

野盗やモンスターから拠点を奪い、そこに建物や植物を配置し、入居者を集めて自分だけの村作りができるのは面白い。建物はかなり自由に配置できるし、不要なガラクタがきちんと有効活用されている。今やこういう要素を持ったゲームは腐るほどあるので目新しさはないものの、ガラクタ集めやデコレーションについ熱中してしまう。前作でガラクタ集めや探索が好きだった人は大いに楽しめるんじゃなかろうか。ただ、飛び抜けたものとか、新規性がないのが個人的には残念。

fo41512182
武器はカスタマイズ可能でこれまたガラクタ集めに熱中してしまう要因の一つ。
fo41512183


買う気なかったんだけど日本語訳がバイトクオリティということで一本だけ買っちゃいましたわ、アッアッアッアッアッ。スパイクチュンソフトの本間見習えやホンマァ。

fo41512171


DL時間が結構長いのでその間にカーブミラー作りたいけどなー俺もなーということで作成。マネキンとは関係ないんだけど作りたくなったからね、しょうがないね。ミラーはもうちょいポリ数割いてもよかった。鏡の部分は金属1ラフネス0だとやっぱり思ったような結果が得られないが完全な反射を得るとするとレンダーシーンしかない。しかし、相当負荷が高そうなので何個も置くようなオブジェクトは厳しそう。こういう鏡は割れてるとか、汚れて曇ってるとかでお茶を濁すのが無難でしょうかね。

cg1512171


RPGってのは演じるものだから

猫さんや熊さんの装備をしたくて、サイクロプス先輩でちょっとだけレベル上げ。あんまりレベル上げすると難易度が下がって味気なくなるかもしれないが装備の魅力には抗えなかった。オープンワールドだからしょうがないのかもしれないけど装備にレベル制限を設けるのは好きじゃないんだよなぁ…。よっしゃ強い装備手に入れたやんけ! → あとレベル5上げないと装備できないとか、がっかりする、がっかりしない?

レベルが上がってくるとアビリティの組み合わせによる強化が段々と姿を現してくる。印特化にするか、剣術も上げるか、ここで戦闘スタイルに大きく差が生じる。アビリティの振り直しは霊薬で可能だし、猫さん派や熊さん派の装備は自由に作れるので、ここらへんのやり直しが自由にできるのはストレスフリーでいい。章が進むと前のマップに戻れなくなり、アイテムが買えないなどの不満も今作ではない。

例えばGothicだとどの派閥に付くかで装備や戦闘スタイルが固定され、やり直しや試しプレイができないのが不満だった。ウィッチャーをやってるとGothicやTwo Worldsなどのドイツ産RPGを想起させる部分があり、美しいフィールドを馬で駆けていると過去のRPGの思い出が蘇ってくる。しかし、それらよりも強力な物語やキャラクターで独自の色を出し、ドラマ性や演出力の高さでプレイを持続させている。核となる物語がしっかりあるからこそ、オープンワールドを自由に食い散らかしても戻ってこさせる力強さがある。物語や演出の弱いRPGだと数値上げに飽きると途中放棄になりがち、というかUNKさんがまさにこのタイプ。恥ずかしくないの?

w31510104


1.10パッチ来た。DL6GB、展開後15GBのギガパッチやで。ちょっとーサマーデイズの2GBパッチが霞んで見えんよー。ただ、フォーラムでアイテムが無くなったとか、クラッシュするという話が出ているので安定版待ちですかね。DLC出てしばらくしたら落ち着くでしょ(正論) バグがいやなら来年か、再来年に出るであろうエンハンスドエディション待てばいいじゃんアゼルバイジャンということで。しかし、DLCまでにほんへ終わらねーなこれ。

w31510103


ダンディリオンどこにおんねんと言いつつ、メインクエストを進める。蛇行運転がすさまじいがその蛇行の間にいくつもの展開やキャラクターが交差するので続けてしまう。ダンディリオンの行方を知っているクズに対して、ゲラルトおじさんが「ここまで来るのにクズばっか相手して疲れた。これ以上どうでもいいことダラダラ喋るようならブチ殺すぞ」とプレイヤーの心情を代弁するような台詞を吐き捨てて草生える。ゾルタンとかレゾとか過去作に登場したキャラクターをしっかり絡めて、それぞれクエストも用意されていて、今作は集大成感ありますねぇ。

w31510101

人探しをするために演劇を披露するプリシラのクエスト。うまいこと辻褄合わせて、劇中劇まで入れてくるのは感心する。劇の方向性と演者を選択肢で決めて、ゲラルトおじさんもウィッチャー役で出演し、脚本通りに台詞を言えるかがこのクエストのキモ。台詞のシーンは時間制限付きの選択肢になっていて、自分も演劇しているようなドキドキ感ありますねぇ!

というか、いつ選択肢が出てくるんだと常に緊張感があった。どの選択肢を選んだかでお客さんの反応も変わってくるみたいでこういう答え合わせというか、評価を下されるのは通常の選択肢とは違った面白さがありますねぇ! 探偵から悪霊退治、演劇までやっちゃう幅の広さ、このバリエーションがウィッチャーの魅力だな隊長?

w31510102


ドラマってなんだよ

日本のゲラルトおじさんがウィッチャーで遊ぶって、こマ?ちゃん。拡張出る前に本編終えたいけどなー俺もなー。


プレイ再開してからは音声も日本語でやってるんだけど、プリシラの歌が丁寧にローカライズされてて、もうホンットに感動した! 歌はポーランド語やイギリス語で妥協しててもおかしくないんだけど、ここまできっちりローカライズする姿勢はゴイスーっすね。

ただ、翻訳は自社じゃなくてスパイクチュンソフトがやってるので次回作でもこのクオリティが期待できるかというと会社の状況次第で分からないのがナンとも…。2KやEAみたいなパブリッシャーと比較するのはアレだけど自社で全部できるようになるとこっちとしては安心できるんですけどね。

w31510081

たんぽぽおじさん探しはシティーアドベンチャー的なクエストが多く、男爵のクエストに比べると少し物足りない。シャーロックホームズに悪霊退治を組み合わせたのがこのゲームの魅力なので探偵の真似事だけだとね。シリにしてもたんぽぽおじさんにしてもサマルトリアかなにか?っていうくらい蛇行展開で出会えないのでヤキモキする部分はあるんだけど、小さな話でも意表を付くような展開があり、演出がよくできているので物語に入り込んで続けてしまう魅力がある。服屋のおっさんが女装家だったり、ゴドリングのサラでほっこりしたり、個々の話も結構面白いしね。

夢見のクエストでシリの痕跡を探るためにゲラルトおじさんが彼女の思い出について語るシーンは自然に二人の関係性を掘り下げる役割をしていて、感心した。ゲラルトおじさんが赤飯を炊くパパの気持ちみたいなものをボソッとつぶやいていて、これがいいんだわ。物語とかカメラワークとか演出とか言葉とか、ひっくるめて今作は本当に良い仕事をしている。しっかりドラマがあるんだよね。

主観視点で自分でキャラクタークリエイトするゲームだとこのへんが希薄で、それだと世界に介在できない部分もあるんだなと今回強く感じた。オープンワールドのゲームでクエストを食い散らかして途中で飽きたり、主観視点で選択肢のあるゲームでもなんか入り込めないのはドラマが足りてないんだからだって。核に強いドラマがないと心が入りきらないんだって、また一つ確信させて頂きました。

w31510082