「 ACT 」一覧

やはり斬撃が強し

かわいい。やっぱりハゲさんはなんだかんだ言って愛されキャラやと思うんですよ。壁破壊、女児イタズラ魔だとしても、どこか憎めないところがある。結構な頻度でハゲさん関係の動画にハゲさんの口癖コメントを書き込んでる人がいるんやけど、これ同一人物なんかなぁ…。

Exanimaのアリーナモードを本格的に遊び始めた。今まで棒や鈍器中心に使っていたんだけど刃物系がなかなか使いやすくて、ブッチャープレイは結構アリかもしれん。リーチは短いけど振りが速いし、顔にカスっただけで大ダメージが入るので鈍器や棒よりもサクッと倒せる印象。重装備の敵にはどうか分からんけど序盤は包丁強しかも、なのだ。


みんなに感謝します。ありがとう

Exanimaはわりと慣れてきたんやけど死ぬ時はサクッと死にますね。DaVinci Resolve 14でサックサクに動画編集できるようになったのでかなりスムーズに作業が進みましたが、カットと字幕を入れるとやっぱりそこそこ時間かかるなぁという印象。

あとDaVinci Resolve 14でGeforce ExperienceのShare機能をONにしてると音声が再生されないことがあるので切った方がいいですね。CUDAを使ってる関係でバッティングするのかなと思う。

登録者数30人を超えましたので記念動画を作成しました。前回の謝罪動画の続き、今度はみんなに感謝の動画です。自己愛、自分の本質は愛、鏡の法則が抜けていたので、もし次に動画を作るときはそこらへんをフォローしたいですかね。登録者100人くらいで。

続きを読む


Exanimaで滅多打ちにされる

Exanimaこうたんやけど戦闘がクッソ面白いですね。武器の運動エネルギーと方向によってダメージ量が変わってくるんやけど大きく振りかぶると隙ができるのでタイミングが重要。相手の隙を突くことができるか。この駆け引きが熱い。Mount&BladeとかDie by the Swordの方向性を想像してもらったらええと思うわ。

ダンジョン攻略モードと戦闘特化のアリーナモードがあるんやけどダンジョンは探索が面倒いかなぁという印象。似たような構造が延々と続き、マップがないので方向音痴には辛い。あとアイテムの大きさが等身大なので見落としやすすぎる。

今日はダンジョン攻略をやってみたけど見事に洗礼を受けました。いやさ、みんなも初めはこうなると思うで? Sと思うかもしれんけどみんなこうなると思うからさ。Sさんにやらせたらこんなレベルじゃ済まないと思うで。


ExanimaはShadowplayが使えなかったのでOpen Broadcaster Softwareを使ったんやけどこれは便利ですね。

配信用のツールかと思っていたんやけど録画もできるし、NVENC使ったハードウェアエンコも可能でウィンドウ単位の録画ができる。Shadowplayよりも細かい設定ができますねぇ。インスタントリプレイ機能はないけどガッツリ録画する人にはOBSオススメです。


SubnauticaとThe Final Stationをこうた

セールやったんでSubnauticaThe Final Stationをこうた。サバイバル系なんかなぁ。楽しそうやと思いました、自分の中では。


ネオアトラスの新作出てるやんと思ったら日本語版はえらい高くて身が震える。日本語版+3000円って、いつの時代やねんって感じやでホンマァ…。Steamで管理したいんですけど日本語版をこっちで出す気はないんですかね…。


醜い仲間はいらない

ちょっとライトなアクションゲームやりてぇなぁということで積んだままにしていたDragon’s Dogma: Dark Arisenを始める。攻撃の挙動や敵にヒットさせた時の感覚が気持ち良いですね。最大四人でパーティ組んで冒険することになるんだけれど仲間との共闘感はしっかり得られるし、パーティ制のRPGとしても合格ではないでしょうか。主人公が強すぎず、仲間もほどほどな強さでうまいことバランスがとられていて、バルダーズゲートやエヴァークエストをアクション強めにしたらこんな感じになるような。

主人公の性別や容姿は自分で選べるし、仲間も一人は作ることができて、なかなか自由度が高い。道中で仲間が頻繁に喋りかけてきてヒントをくれたり、アイテムを自動で拾ってくれるのに感心した。他のプレイヤーが作ったポーン(キャラクター)が道中を行き交っていて、自由に雇ったり、解雇できたりするのも面白い。ここで性格が出るというか、プレデターが見ても「みにくい…」って言いそうなキャラやSさんみたいなのは選ぶことができなくて、やっぱり綺麗なやつを雇いたくなるね。いやSさんみたいなのを雇って、お礼のアイテム(解雇する時にアイテムを一個だけ添付して送り返せる)にゴミを持っていかせたりするのも面白いかもしれんけど。ポーンの設定は平行世界からやってきた傭兵みたいな設定でゲーム世界をぶち壊さないように配慮してるのも良い。このへんをメタでぶち壊してるものも少なくないからね。

ただ、物語や世界には全く惹かれるものがなくて、なんでなんやろうなぁと。演出やカットシーンはそこそこ凝っているんだけど全体的にアッサリでNPCもアッサリしすぎなのが問題なのかな。あと主人公が話せない(選択肢がない)のも要因の一つかもしれない。先日、プレイしたTitanfall 2はなんてことない選択肢を選ばせることで没入感をグンと引き上げていたけど、こっちにはそれがないんだなぁ。ドラゴンクエストの主人公だってYES、NOくらいは選べるからさ。RPGでゴードン・フリーマン方式はマズイと思うわけで。

このコミュ障みたいな主人公が設定としてきちんと組み込まれているならアレだけどそういうのも無い。いや、アッサリだからゲームプレイもサクッと遊べて良いっていう部分もあるんだけどやっぱりRPGとしては物足りないかな。会話が長過ぎてアレなのもアレなんだけどちょっとくらいはそういうのも欲しかった。ゲームが進んだからあるのかもしれないけど。


波乱万丈の人生ですごいなぁと思うなぁ。今の人気は完全に安定期に入って、コンスタントに数字を稼げる状態なんだから復活するべきなんだよなぁ…。ほんま持ってないで。Sはたくさん持ってるけど。


よーわからんけど全員削除やな削除

Wildlandsのオープンベータちょろっとやってみたけど移動がネックになりそうですね。ボリビアの風景、スケール感はいいんだけど高低差がありすぎて移動がしづらく、敵の拠点がまばらで小規模なのであまりマップが活かされているとは感じない。こっちはドライブや遊覧飛行じゃなくてドンパチやりたいわけで。ミリタリー感やトム・クランシー感は薄く、よくあるオープンワールドゲームに近い感触。ダルい移動もCOOPなら楽しめるかなぁという印象ですね。$20ドルくらいなら買うかもしれません、自分の中では。あとカットシーンやアニメーションの作りがかなりアレ。AAAタイトルじゃなくて予算少なめタイトルだったりする…?

未だに尊厳損傷したままで無気力状態なんやけど今日は少し頑張ってマジックソードを作成。心で思い描いたものを最先端技術で形にする科学魔術-Magichによるマジックソード攻撃です。リチャージが完了したら左手からビュンと出せるようなイメージを持っているんやけど剣が出た時に電撃か粒子か煙が出たりするとカッコいいかなぁと思って電撃を作ったけどちょっとこれは違うのでやっぱ煙と粒子の複合かなぁという感じです。やっぱVector Fieldsかなぁ。Blenderでも作れないことないけどMayaやMaxじゃないと厳しいんだよなぁ。


・SteelSeriesの新型ヘッドセット「Arctis 5」ファーストインプレッション。少なくとも出力品質は同社史上最高だ

やっぱり最高じゃないかArctisは。個人的に気になってるのは7のワイヤレス遅延なんですよ。サンプル手に入ったらそこんとこお願いしますよ。それでLogicool並なら買うわ。


「おい、ゴミ!」でさすがに草生える。Ryzenはどの程度のエンコ力を発揮してくれるかが楽しみですね。2000年前半の熱い勢いを感じる。なんだか若返ったような錯覚さえする。Intelよりもコスパ高い状態が続くなら次のPCはAMDで組んでもええんやけどグラボはやっぱンヴィディアッーかなぁと。RX480はコスパいいけどGeForce Experienceの機能が使えないのは厳しい。CPUもグラボもAMDでガッツリ組みたいけれど現実は厳しい。


Junkputtyさんがスッキリしないのはよく分かる。Lとの戦いはそれなりに説得力があって、ルール内でどう動くかが見ものやったんやけど、Lの死後は説得力が欠如して、ルール外の反則に感じてしまう展開が多くて、「うーん、これは…」ってなってしまいましたね、自分の中では。ジェバンニはネタにされてるけどこれがワタリならまだあり得るかも…となったかもしれないんだよね。Lやワタリのキャラクター性があまりにも強いのに反して跡継ぎが…っていう世襲問題を取り上げたアニメだったのかもしれない、デスノートは。週刊連載でこれだけのストーリーを作ったラッキーマンの人はゴイスーやと思うけど自分の中ではLが死んだ時点でデスノートも完になったような気がします、自分の中では。重罪で三振法に引っかかったやつは全員削除でinじゃねーの? Sさんに持たしたらどうなるか気になるからすごい。


まぁ黒幕はウェスカーなんですけどね

PVええやんと思ってインゲームの方を見たら「えぇ…これFPSじゃないの…」って勝手に期待して勝手に失望してしまいましたね。ごめんよ、ごめんやで。まぁなんやろう…久しぶりにお父さんが「一緒にゲームやろう」って言ってきて、「ワーイ。パッパとFPSできる。たっのしみー」と期待してたらファイナルファイトが出てきたみたいな。

いや、ファイナルファイトも面白いかもしれんけど、地雷に気付かずに無駄に残機減らしてゲームオーバーになったり、調子に乗って特殊攻撃してたらHP無くなってたり、ソドムにボコられて「勝てんじゃろ、これ」と絶望したりするのもええかもしれんけど、そこはもうぼくの戦場ではないから。ベルトスクロールアクションはゲームかもしれんけど、ぼくの中ではゲームではないから。ぼくのゲームはFPSだけで、ぼくのバトルフィールドはFPSにしかないから。


Substance Painter 2.5きた。OPACITY CONTROLとフォントはかなり使えそうですね。あとParallax Occlusion Mappingの例画像がきんもちよくて、思わず勃起しちゃいましたね。


・”世界最速の開発”を可能にする! 『バイオハザード7 レジデント イービル』を支えるカプコンの新ゲームエンジン「RE ENGINE」とは?

MT FRAMEWORK 2.0の時も高機能で扱いやすいをテーマにしていたけど今回もそういう感じで。RE7の開発裏話はきっと面白いと思うのでもうちょっとしたらGDCとかで出てくるかなぁ。


Ghost Recon:WildlandsのDLを開始しました。ちょっと容量でかいけどね。最近、回線の調子が悪くて、テレホタイム並に落ちることがあってイライラする。更年期障害なんかなぁ…。