「 FPS 」一覧

Precursors – 魅惑のロシアンスペオペ(1)

Precursors – 魅惑のロシアンスペオペ(1)

FPS+RPG+SCSの要素を融合した贅沢なゲーム。物語は若きパイロットの主人公が宇宙へ旅立ち、そこで様々な派閥の陰謀に巻き込まれていくというもの。現在、ロシア語版しか発売されていないが、有志の英語パッチを導入することで文章が100%英語化される。 オープンワールド系のゲームでメインミ...

Precursors – 英語化(0)

Precursors – 英語化(0)

・Precursors - yuPlay.ru ・Precursors translation patch 1.0 (unofficial,english) ・ Unofficial English Translation Patch Released! 英語化は100%翻訳完了している模...

Blacklight – Tango Downを買ったよ

Blacklight – Tango Downを買ったよ

・Blacklight - Tango Down - Impulse Driven マルチプレイ重視のFPS。1300円で安かったので購入。日本語訳が含まれており、インストール時に選択可能。翻訳の質は問題なし。 7つのマルチ対戦とBlack Opsという四人COOPモード(シングルプレイ...

Turok – 恐竜愛護団体からクレームが来るレベル(1)

Turok – 恐竜愛護団体からクレームが来るレベル(1)

家庭用ゲーム機で好評を博したTurokシリーズ最新作。今回も凶暴な恐竜さんたちと死闘を繰り広げることになる。主人公は傭兵のTurok。お尋ね者のKaneを追っていたら恐竜たちの住む惑星に不時着することになり、生き延びるため、仲間と力を合わせて戦っていくというストーリーになっている。TurokとKan...

NecroVisioN: Lost Company – 力こそ正義(クリア)

NecroVisioN: Lost Company – 力こそ正義(クリア)

チャレンジレベルと合わせて5時間。ステージ毎に変化があり、ボス戦も多いので前作に比べて間延びした感じはしなかった。前作のマップをそのまま流用しているところがあるが、もともと前日談という設定なので少しくらい被っていても問題はないと思う。 ヴァンパイアウエポンとシャドウハンドは強力過ぎるため、本作...

NecroVisioN: Lost Company – いかにしてわたしは悪に染まったか(1)

NecroVisioN: Lost Company – いかにしてわたしは悪に染まったか(1)

みんな大好きNecroVisioNの続編。ストーリー的には前作の前日談に当たり、前作にチョイ役で登場したZimmermannが主人公となる。 基本的なシステムは前作をそのまま踏襲しており、新しい要素はなし。殴って、蹴って、銃で仕留める、ワンツーコンボが今回も戦闘の鍵を握り、コンボをいかに継続さ...

Blood 2:the chosen+Expansion – I live againはもう聞けない(0)

Blood 2:the chosen+Expansion – I live againはもう聞けない(0)

・Blood 2:the chosen+Expansion Bloodに続いて、続編のBlood 2もリリース。GOGさん、ほんとすごい。どのくらいすごいかって言うと、わんわんのきぐるみを着て踊りながら歌うくらいすごいよ! とことで、お布施の意味も込めて、早速購入したのだが、起動した瞬間...

NO IMAGE

Quake メモ

Quakeを遊んでいたらMOD熱が再燃。 Quakeに関連したリンクをまとめてみる。 ---ただいま編集中。 Quake id Softwareが開発したFPS。フル3DFPSの基礎を築いた金字塔。SFとファンタジーが混在した異様な世界観と小気味良いハイスピードアクションが特徴。現在はid ...

Daikatana – アイフォートザクラッシュ(1)

Daikatana – アイフォートザクラッシュ(1)

スーパーフライジョンソンの奇声が聞きたくて、何年かぶりに遊んでいる。Windows XPでプレイした時もそうだったが、マップ切り替えのロード時にクラッシュしやすい。四回に一度くらいペースで落ちる。マップロード時のセーブが成功していればすぐに再開できるのだが、失敗してそのセーブデータが破損している時も...

これは懐かしさじゃない

これは懐かしさじゃない

Blake StoneはWolf 3Dよりも銃のサウンドが良く、銃撃に爽快感がある。ただし、いまプレイするとキーコンフィグに難有りか。ストレイフキーを押さないとカニ歩きができないし、一部のキーがなぜか設定できないため、WASD移動が不可能となっている。前後移動、左右旋回はアローキーが無難という感じで...

I live… AGAIN!

I live… AGAIN!

GOG.comにアクションアドベンチャーのOutcast、スペースオペラストラテジーのMaster of Orion 1+2がきたよ。やったね、たえちゃん! おまけにMaster of MagicやBlood+EXPも近日リリース予定とのこと。最近のGOGさんはミラクルだね、たえちゃん! ...