Precursors – かけひきアンバランス(3)

鳥さんのキャンプを潰すミッションを引き受けた。鳥さんたちは電撃系の生体武器やクロスボウ、杖を装備している。新しい武器を手に入れる絶好のチャンスだ。電撃武器とクロスボウの威力が強く、アーマーとヘルスを大幅に削られる。アサルトライフルよりも強力だ。

電撃武器の威力は強いのだが発射ラグが気になる。この武器の燃料は芋のような物体で、リロードすると武器がお尻の方からムシャムシャと芋を食べる。さすが生体武器だ。

クロスボウはステルス向きの武器。発射音が小さく、敵にバレないのでステルス状態を維持しやすい。うまく利用すれば完全ステルスプレイで敵のキャンプを潰せる。効率重視なら間違いなくクロスボウを使うべきだろう。

杖はエネルギー系の武器で、弾薬は自動回復。エネルギーピストルよりも射程、回復速度、発射速度が早く、使い勝手が良い。重量が少し重くて、ズーム(アイアンサイト)はないが、エネルギーピストルよりも性能は上だ。

敵の武器は一分程度放置するとすぐに消えてしまうようだ。なので、敵を倒したら素早く回収するか、一度拾ってから捨てた方がいい(捨てたアイテムはすぐには消えない)。電撃武器は8kg程度あるので、一度に何個も持ち運べないため、すぐに拾い捨てして保存するのがベスト。

ユニオンの基地でも他の生体武器を売っていた。円形のエネルギー弾を飛ばす武器は見た目がヌルヌルテカテカでちょっと卑猥。燃料は蜘蛛の死体で、リロードすると蜘蛛をムシャムシャするアニメーションが見られる。生き物が生き物を食している光景は苦手だなぁ。

武器はもう一個あったのだが、ヘヴィーウエポンのパークを取得していなかったため、装備できず。生体武器はどれもこれも一癖あり、工夫して使う必要がありそうだ。

鳥さんのキャンプを潰した後、宇宙船に戻ろうとして、大事なことを思い出した。現在、宇宙船は鳥さんの基地に停めてあったのだった。先ほど、鳥さんを虐殺したため、鳥さんの組織とは敵対関係になっている。つまり、宇宙船を取りに行くには30匹近く存在する鳥さんと戦わなければならない。30匹以上も相手するのは正直大変だ。

ユニオンを倒せば鳥さんの評判が上がり、いずれ友好になれるかもしれないが、そうするとユニオンとは敵対関係になる。また、鳥さんと違ってユニオンは数が限られているので、友好まで持っていけるかが問題。賄賂で解決できたりすると助かるのだが、残念ながらこのゲームにはBoiling Pointの酒場のようなものは用意されていない(Boiling Pointの酒場には各派閥のエージェントが居て、賄賂を送って評判を取り戻せる)。

いずれにせよ、どちらかと戦わなければならないようだ。後先考えずに行動した結果がこの有様だよ!

スポンサーリンク




シェアする

『Precursors – かけひきアンバランス(3)』へのコメント

  1. 名前:UnKnown 投稿日:2010/07/27(火) 03:35:27 ID:39e84a507

    Precursorsは意外に食えますよ。$8分の価値は十分あると思います。
    ロシア語のゲームサイトを斜め読みできるくらいの力が欲しいですね。
    ロシア語を覚えればマルチランゲージタイトル+ロシア語専用タイトルを遊べますから、英語なんかを完璧に習得するよりも得。
    ドイツ語かロシア語をできればどんなに素晴らしいかと夢想する毎日です。

  2. 名前:@ 投稿日:2010/07/27(火) 00:34:15 ID:4075361e2

    だんだん辛抱たまらなくなって参りました……
    流石にロシア語サイトは腰が引けているのですが、向こうのインディーズRPGは面白そうなのが多くて困ります。
    遊んでみたい!しかしロシア語は出来ない……ッ! 嗚呼ッ!