「 FPS 」一覧

ARMA 2 – 歩兵から司令官まで(5)

ARMA 2 – 歩兵から司令官まで(5)

後半のミッションはCTIで行われる。CTIとはストラテジー要素を含んだモードのことだ。プレイヤーは司令官となり、全兵士に命令を下し、敵拠点を奪うと定期的に資源が手に入るようになり、それで新しい兵士や兵器を増やしながら全拠点を制圧すれば勝利となる。このミッションは歩兵・戦車・航空機・司令官まで幅広いプ...

ARMA 2 – 地獄のピクニック(4)

ARMA 2 – 地獄のピクニック(4)

Sabuさん、SKYさん、Z.O.EさんとキャンペーンCOOPを試してみた。やはり人間同士だとスムーズに事が進められ、細かな命令や迅速な救助が可能なのが利点だ。一方、草むらや森といった視野の悪い場所では策敵が難しく、AIほどの戦闘能力は発揮できず、苦戦を強いられがち。いかに自分たちに有利な場所へ敵を...

ARMA 2 – 前向きでいこう(3)

ARMA 2 – 前向きでいこう(3)

中盤の難所マンハッタンをクリア。様々なトラブルに巻き込まれ、三時間余りを費やすことになった。特に敵のキャンプは手探りで見つけなければならず、大変手間取った。情報を持っている市民に聞けば大まかな場所はどの方角にあるかは分かるが確実な位置は分からないし、おまけにいくつかのキャンプはノーヒント状態であり、...

ARMA 2 – 人生はカオス理論(2)

ARMA 2 – 人生はカオス理論(2)

探索系のミッションに入った。ここからは各地を回り、市民や警備兵から情報を得て、逃走中の要人を捕まえたり、武器密輸の実態を探っていく。全部のタスクにマーカーが出るわけではなく、集めた情報を頼りに自力で探す必要があり、文章やログを大まかに把握していないと手詰まりとなる。シューティングやシミュレーションと...

ARMA 2 – 無慈悲は突然に(1)

ARMA 2 – 無慈悲は突然に(1)

タクティカルシューターの雄「Operation Flashpoint」の流れを継承した最新作。当たり所が悪ければ即死も有りうるハードコアなバランスはそのままに、今作では架空の国家チェルナルスで熾烈な内戦が繰り広げられる。プレイヤーは偵察部隊「レーザー」の一員として戦闘に参加することになるが、ゲームの...

Baldur’s Gate 遅延問題

Baldur’s Gate 遅延問題

ロード時間が異様に長くなり、インベントリの操作が遅くなる現象はDirectX SDKの最新版をインストールし、DirectX Control Panelを起動して、DirectDrawタブのUse Hardware Accelerationをオフにすることで改善される。 ただし、フルスクリーン...

The Void – 見返りは少なく(クリア)

The Void – 見返りは少なく(クリア)

そういうことだったのか。というわけでEliちゃんエンド。独身エンドにせよ、シスターエンドにせよ、カラーを満杯にする必要があるため、独身エンドに比べるとシスターエンドの方が難易度が高くなる。 まぁ、攻略するシスターを二人くらいに絞っておけば、カラーが足りなくて孤独死することはないだろう。私は30...

The Void – 孤独と一緒(ゲームオーバー)

The Void – 孤独と一緒(ゲームオーバー)

35サイクル終了。AvaとEliの親密度を4まで上げたが何もイベントが起こらず、時間切れで孤独死。ゲームオーバーに近いエンディングだが、これはこれでアリなような気もする。しかし、心残りだなぁ。 シスターにBreakthroughグリフを使うことで道が開けるらしいが、グリフを入手しているにもかか...

The Void – 大量消費時代の幕開け(3)

The Void – 大量消費時代の幕開け(3)

シスターの好感度を2まで上げ、すべてのChamberにアクセスできるようになった。サイクル毎にどこかの鉱山で必ず2・3種類のColorを100ぐらい発掘できる。それを木に塗りつければ約2倍のColorを取得できるので、Color管理はだいぶんラクになった。ちなみに木に塗ると、塗った分の約2倍のCol...

The Void – セーブ輪廻ロード転生(2)

The Void – セーブ輪廻ロード転生(2)

二人のシスターの親密度を一つずつ上げたところでカマキリ男に襲われる。初めの頃はカマキリ男は主人公に対してあまり敵意を表していなかった為、まだまだ大丈夫だろうと気を抜いていたら、この有様。彼の逆鱗に触れてしまったようだ。 ブラザーやシスターはそれぞれ異なった性格をしていて、主人公に対して協力的な...

The Void – 無より生まれて無に帰す(1)

The Void – 無より生まれて無に帰す(1)

死亡した主人公の魂はThe Voidへと迷い込んだ。ここには数人の美しいシスターとそれを監視するブラザーが存在し、主人公がThe Voidから抜け出すにはシスターの協力が必要。主人公は敵と闘いながらシスターと親交を深め、The Voidからの脱出を目指す。幻想的な世界観と刺激的な体験満載の主観視点A...

とーちら – 第一種臨界不測的な兵器(4)

とーちら – 第一種臨界不測的な兵器(4)

大仰な銃を探していたところ、バロックというRPGの銃の造形が単純かつ面白そうだったので作成してみることにした。面を押すだけで作成可能な簡単なモデルだ。 サクっと作ってから、今度はUVに展開。慣れない操作に時間を要するが、無事にUVを作成完了。Blenderは操作が独特なのでとっつきは悪いものの...

NO IMAGE

Precursors 感想

・Precursors 感想 次はHard to be a God、Risen、Star Wolvesあたりを遊ぼうかなぁと。Arcania - Gothic 4が出るまでにRisenをクリアしたい。Divinity 2はリマスター版を出すらしいので、それ待ち。

Precursors – Precursorsは終わらない (クリア)

Precursors – Precursorsは終わらない (クリア)

核装置の入手を科学者に頼まれ、辺境の惑星Morentoへ行く。ここは秋模様な風景が広がっている。惑星毎に風景が異なっていて、興味深い。 このミッションが終わると、因縁の宇宙船内での戦闘が始まる。今度は戦闘前にきちんとセーブしておいた。敵を速攻で殲滅し、宇宙船の操縦を行う。今度は海賊からの襲撃が...

Precursors – 浦島太郎(7)

Precursors – 浦島太郎(7)

インペリアルの連中が宇宙船の中に潜んでおり、船内で交戦することになった。なぜか分からないが交戦した途端に動作がガクガクになり、フレームレートは1~5fpsを行ったり来たり(グラフィック設定を変えても変化なし)。宇宙戦の時はこういうことがたまにあったが、白兵戦では初めてだ。まともに戦闘も行えやしないが...