Venetica Demo – 死神の異名を持ち死を司る強気な女戦士スカーレット

この記事は約3分で読めます。

・Venetica Demo – Gamershell
・Venetica Demo – Fileplanet
・Venetica Demo – Filefront

ドイツ産のアクションRPG。主人公は霊的な能力を持っているスカーレットという女性。ゲームの進行はUltima9やFableタイプでクエストドリブン。サブクエストはいくつか用意されているものの、基本的にメインストーリー重視といった感じだ。このデモでは一時間~二時間程度遊べる。

物語はスカーレットの住んでいる村が暗殺者に襲撃されるところから始まる。その襲撃で大切な人(恋人?)が殺されてしまい、スカーレットは旅に出ることを決意する。なにぶん、ドイツ語のデモなもんで、詳しいストーリー展開はわからない。

キャラクターデザインはデフォルメ調でカートゥーンっぽい。ドイツ人のキャラデザインにしては良く出来ている方だろう。特に主人公のスカーレットは可愛く仕上がっている。

操作感はコンソールゲームライク。ドイツ産ARPGにありがちなモッサリ感や違和感はなく、軽快にキビキビと動く。ちょうどFableあたりが近いだろうか。Eキーで武器を構え、左クリックで攻撃、右クリックにスキルを割り当てられる。防御は専用スキルを覚えてからしか使えない。スペースキーでローリングが行え、敵の攻撃を回避したり、側面や背後に回ることができる。

敵は正面からの攻撃を防御して弾く場合があるので、側面や背後に回って攻撃した方が無難。側面や背後からならゴリ押しできる。複数の敵を相手にする場合は、同じ場所に敵を固めてから攻撃するか、もしくは二、三発殴ってから回避するヒット&アウェイがベスト。剣戟はあまり緻密ではなく、ゴリ押しが可能で大味だが、剣のヒット感がしっかりしているので爽快感はあるほうだ。

敵の死体からはアイテムを回収できる。敵の武器はスカーレットも装備できるが、防具は無理だった。素直に売り払ってお金に買えた方がいい。といっても、店では大したものは売っていないが。

経験値が溜まってレベルアップすると、ステータスポイントとスキルポイントが得られる。ステータスは体力・知恵・力・精神の四種類。スキルは戦闘スキル・魔法スキルに分かれており、ツリー形式となっている。スキルを習得するにはトレーナーに教わる必要がある。

スカーレットには異次元へと移動できる能力がある。その能力を使って、隠された道を発見することが可能だ。公式サイトによると死神の力らしく、幽霊に助けてもらうスキルもあるそうだ。ちなみに初期習得の鳥のアイコンのスキルは、ナビゲートスキルだ。マップから目的地を選択し、このスキルを使うと、鳥が現れて目的地まで誘導してくれる。ゲームの雰囲気を壊さないように工夫されているというわけだ。

操作感は小気味良いし、牧歌的なマップの雰囲気も良好。製品版に期待したい。すでにドイツでは発売済らしいが、英語圏に入ってくるのはいつになるのやら。なるべく早く発売に漕ぎ着けて欲しいものだ。

コメント

  1. DTPがパブリッシャー(Divinity 2、Drakensangのところ)なので販売に関しては問題ないと思われますが、
    翻訳などの他の問題があるのかもしれませんね。
    いずれにしても旬を逃さないうちに英語版をリリースして欲しいものです。

  2. いい雰囲気持ったゲームだと思うんですけどね。英語圏でのパブリッシャーが見つからないんですかね。
    もったいないです。

タイトルとURLをコピーしました