ボーイングが離陸する日

この記事は約1分で読めます。

コロナ以降、財務危機に陥り、配当と自社株買いを停止して、株価が低迷しているボーイング。昨年はレンジ相場が続き、利ざやでおこづかいを稼がせてもらった。まだオミクロンが収束しておらず、新株も出てくる可能性もあり、もうしばらくはこのレンジが続くのではないかと思う。

ボーイングのチャートを見れば一目瞭然なのだが、以下が昨年の動きとなる。底値を打つと10%程度上がり、天井に達すると10%程度下がるを繰り返している。

MACDでは-3を下回ると買い場、2を超えると売り時。ヘッジファンドが機械的に売買を繰り返し、こういう動きになっていると思われ、決算の内容が悪かろうが良かろうがこの動きが続いている。もしかしたら、このレンジに気づかずに高値掴みして引っかかっている人もいるのかもしれない。

昨年、2~3月にはロケットエンジンを材料にして急騰があった。もしかしたら今年もあるかも……しれない。12月からのレンジは188が底。もう一段レンジを下げるとなると171が底になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました