【BA】ボーイング新底値更新【ボックス相場チャンス】

この記事は約1分で読めます。

コロナショック以降、ボーイングが特定のボックス(レンジ)相場で推移しているのは以前に紹介した通り。ウクライナ危機によって航空制限が発動、材料のサプライチェーンにも懸念が現れ、BAは底値を掘る結果となった。

直近のボックス相場を確認しておきたい。2021年夏は底206~天井230で動いていた。12月にオミクロンショックによって底値更新、206から188へ移行、約10%ダウン。

年末からは底188~天井220を推移、190で買って210で売れば10%抜ける環境となっていた。今回のウクライナショックによって3/4に180まで下がり、底188を破る結果となった。

オミクロンショックの例を考えると170~172付近が新たな底値になるのではないかと思う。170の場合、天井は187。底172の場合は天井189となる。もちろん、ウクライナの問題が長続きすればさらに底値を更新する可能性がある。

安全に行くなら停戦まで待ち、底値を確認してから買い、そこから8~10%上昇したところで指値売りを入れておくと良さそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました