藤田社長、自社株1000万株を売って200億を取得する

この記事は約1分で読めます。

藤田社長が7/28に自社株1000万株を処分。

サイバーについて、藤田晋氏は保有割合が減少したと報告 [変更報告書No.9] | 株探ニュース
 サイバーエージェント <4751> について、藤田晋氏は8月4日受付で財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、藤田晋氏のサイバー株式保有比率は19.61%→17.66%に減少した・・・。

約200億になりますが用途はなんなのか。先日の馬のセレクトセールでは23億分の爆買い。馬の育成費に200億も必要ないのでさらに買っていくつもりなのか。藤田牧場の実現も見えてきました。

今後のことも考えてちびちびと株を売るよりも一気に株を処分して資金を用意した方が良いと考えたんでしょうかね。社長が自社株を売るのはイメージが良くないので、狼狽売りを呼んで一時的に株価に悪影響を与えるかもしれません。もうアホールドするしかないかな。朝起きたら含み損に転換してるかもしれないのが残念ですが。

まぁ今後のウマ娘や競馬への進出、ウィンチケットで馬券の取り扱いなども考えたら好材料と捉えておきます。藤田を晋じろ!

【セレクトセール】藤田晋氏が2日目も爆買い 総額23億6700万円に | 競馬ニュース - netkeiba.com
 「セレクトセール2021」(13日、ノーザンホースパーク) 初日に15億円超の“爆買い”で話題をさらったサイバーエージェント社長の藤田晋氏が、2日目も大暴れだ。まずは「カヴァートラブ21」(牝、父キ… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

セレクトセール前に5億で買ったドーブネは8月末に出走予定。サイバーと関連性の高い武豊が騎乗するかもしれないということで期待が持てます。馬券も買いたくなってきた。

JRA 「武豊×ウマ娘」タッグが遂に実現!? 父ディープインパクト「5億円ホース」ドーブネが遂に出航。凱旋門賞(G1)制覇へ託される夢
 話題の「5億円ホース」ドーブネ(牡2歳、栗東・武幸四郎厩舎)が、いよいよ今月デビュー戦を迎える。 同馬を購入したのは今年7月のセレクトセールでも総額「23...

コメント

  1. 市場外取引なので株価には直接の影響はありませんが印象は悪いですよね。
    2019年に2%処分した時はあまり影響が無かったようですが。

    サイバーエージェントは5月以降の日経225と乖離した動きをしていたのでそこを外資にやられたのではないかと私は思っています。
    7月は貸借倍率も悪化していて売りを入れるのはちょうどいいタイミングでした。
    7月下旬にゴールドマン・サックスが空売り入れてますしね。

    企業は経営者や社員のものであって、株主はそのおこぼれをもらっているだけに過ぎません。
    外資の考えを読んで利益確定させとかないとこういうことになると学ばせて頂きました。
    私も300万円あった含み益が一時的にマイナスになったので悔しい思いがあります。

  2. 馬娘のおかげで四半期決算で好業績だったのに、この一件で株価暴落、、、やはり自分の資産のことしか考えていないことがハッキリしましたね。口では世の為、社員の為といつも言っているが、この一件でわずかな資産を投資して大損した人のことをまるで考えていないことがよく分かりました。あれだけの資産がありながら、株価が下がるのを承知であんなことするかなーやっぱり自分の娯楽が第一優先なんですね、、、

タイトルとURLをコピーしました