決算ガチャ結果【コーエーテクモ・サイバーエージェント】

この記事は約1分で読めます。

コーエーテクモは良決算。仁王や三国志などの自社タイトルも好調ですね。株価は5000円台から4700円まで下落。連休前の調整と見ています。業績は良かったので5月中に5000円に戻ってくれることを期待して寝かします。KADOKAWAやカプコンも同じような傾向になりそうですね。短期で株価が下がろうが業績が良ければ心配はありません。

コーエーテクモHD、21年3月期は売上高41%増、営業益73%増と最高業績を更新 『三國志 覇道』が月商10億円達成 『三国志・戦略版』も好調持続 | gamebiz
コーエーテクモホールディングスは、4月26日、2021年3月期の連結決算を発表、売上高、営業利益、経常利益、最終利益のすべての項目で過去最高の業績となり、11期連続での増益を達成した。売上高603億7000万円(前々期比41.6%増)営業利益243億9700万円(同73.0%増)経常利益392億9900万円(同108....
IR情報 | 株式会社コーエーテクモホールディングス
当社の経営方針や財務・業績情報、IRライブラリ、株式情報をご覧いただけます。

サイバーエージェントは超絶決算。広告事業は過去最高で営業利益72億、ゲーム事業は232億というイカれた数字。グラフおかしなるで。ニーアとウマ娘が好調。ウマ娘は3月だけでこれなので異常ですね。愛馬を信じろだの、藤田を晋じろだの冗談で言ってましたが持ち越してよかった。5月中に2100円の壁を突破してほしい。

サイバーエージェント藤田社長、『ウマ娘』は「収益性が高く利益を引っ張り上げてくれた」 第2四半期のゲーム事業は売上・利益とも過去最高 | gamebiz
サイバーエージェントは、この日(4月28日)、第2四半期の機関投資家・アナリスト向けの決算説明会をオンラインで開催し、ゲーム事業の売上高が前年同期比42.7%増の639億円、営業利益が同122.3%増の232億円と過去最高を更新したことを明らかにした。営業利益の伸びは、『ウマ娘 プリティーダービー』の貢献による。収益に...
決算発表 | 株式会社サイバーエージェント
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、新しい未来のテレビ「ABEMA」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました