ハルウララのエピソードが泣けるのでさらに200株投下しました

この記事は約2分で読めます。

ここ数日はサイバーエージェント株の判断材料としてウマ娘を遊んでいました。ハルウララのエピソードは泣けますね。初めは走るのが楽しくてレースに出ていたんだけど、周りのウマ娘たちの真剣な姿に感化され、競走馬としての自覚が生まれ、ハルウララを毛嫌いしていた子たちも応援し始めるという。

実際のお馬さんは113戦0勝という不名誉な記録を持っていますがウマ娘の方は短距離ダートなら普通に勝てる仕様。負けても走り続ける姿がストーリーにうまく落とし込まれていました。ピンク髪の女の子って好きじゃないんだけど、愛着が生まれてくるからすごい。

育成モードは10回ほどプレイしましたが短距離逃げタイプはとりあえずスピード重視していればいいので勝ちやすい。長距離の差しや追い込みはパラメータが複雑に絡み合うので難しいという印象。後半のレース目標を満たせない。

勝つためには継承が重要で、要は良い育成素材が出るまでひたすらプレイしなければならない。この繰り返しが幅広く受け入れられるかは疑問です。不利なイベントが連続で発生して計画が狂うことがよくありますし、会話をすべてスキップしても一回の育成に30分はかかる。手軽に遊べる作りになっていません。運要素が強く、カード集めも大変。

廃課金勢がいるのでしばらくはセールス安泰だと思いますが継続性に不安が残る内容です。というわけでサイバーエージェント株をさらに200株投入しました。

この状況でもカプコンが強いですね。もっと買っておくべきでした。春休み+モンハンライズ効果でしょうか。株式分割でどう動くかですね。新学期、新社会人シーズンでゲームセクターも落ちるのでは、と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました