Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlandsで遊んだ

この記事は約2分で読めます。

フリープレイ期間だったので4人でプレイ。オープンベータを遊んだ時は部隊もののFar Cry2という印象で差別化されていない内容に閉口して、「これは無いな」という印象だった。COOPで遊んだ印象はGTAのお祭り感も感じられる内容でみんなでワイワイとやるならまぁ遊べるかなという印象に変わった。

ミッションは似たような感じのものばかりで、どういうスタイルで遊ぶかはプレイヤーの自由というスタンス。初代Ghost ReconやGRAWの緊張感は無く、シリーズらしさはあまり感じられないものの、まぁカジュアルにダラーと遊ぶなら悪くはない。ただ、これが定価8000円、半額で4000円という価格は驚異的だなと思った。いや、確かにマップやグラフィックのクオリティは高いけど半額だと手は出ないかなぁ。

あとは無料化されたBrinkもプレイ。これはセールの時に購入した覚えがあるのだがいまいちやる気が無くて今までプレイしたことが無かった。内容的にはミッションベースの対戦ゲームでRTCWやBFに近い。ただ、こちらはマップが狭く、ルートも限られていて、生き返って死んでの間隔が非常に短い。立ち回りでどうこういうようなレベルデザインにもなっていなくて、人海戦術でゴリ押ししていくような感じでプレイが苦痛だった。ハードにするとそこそこ手応えがあるものの、ゲームデザイン自体に難有りで無料化したのも納得できる内容。もしかしたら人間8人でやればカオスで面白いかもしれないし、参加ささんがお通夜状態になるかもしれない。DDYDD。

コメント

  1. Dirty Bombも今度遊んでみましょうかね

  2. 後継作のDirty Bombは安定して人おるで

  3. 残念ながらプレイヤーは0人でした。
    なんでやろう。情報が足りんかったんかなぁ。

  4. brinkは対戦メインなんですがそれは

タイトルとURLをコピーしました