AION – 整形大国(1)

この記事は約4分で読めます。

何が完成型なのか分からないけれど、完成型MMORPGのAIONを始めるよ。

完成型?MMORPG
どちらにしようかな

ゲームが始まったらまずは勢力選び。このゲームには天族と魔族の二種類の勢力が用意されており、両者は敵対関係にある。高レベル帯ではPvPが盛んに行われているそうだ。私は魔族にしたかったのだが、友人との都合上仕方なく天族を選ぶことに。

しぶいキャラが作りたいよ

キャラクターメイキングはそれなりにバリエーションがあり、体型も結構いじれるが、日本のアニメRPGに出てくるようなキャラになりがち。それに人間キャラしかいない。

キュアにすることに決めました

クラスは細かく分けると8クラス用意されている。各クラスは戦闘タイプが異なるが生産に関しては同一。どのクラスでも生産は平等に行える。

設定が結構凝ってるね

ゲームの流れはWorld of Warcraftのようなクエスト主導型。クエストが豊富に用意されており、文章量も多めで一つ一つが丁寧に作られている。また、クエスト中にカットシーンが挿入されることもしばしばあり、演出やストーリー性に力が入っている。World of Warcraft+アニメRPGのハイブリッド型で新鮮味がある。

クエストは経験値がたくさん獲得できるので無駄な戦闘をしなくてもレベルアップしていける。無駄な狩りを強いるようなゲームなら即行止めてやろうと思ったのだが、今のところクエスト攻略が楽しいのでもう少しだけ続けることにした。クエストは短時間でクリアできるものが大半でテンポ良く新しいクエストに挑戦できるのでダレない。ちなみにクエストは30個までスタックできる。

そらを自由に

レベル10までがチュートリアル的な内容。プレイヤーは記憶を失った人間として始まり、クエストを攻略していくうちに過去の記憶を取り戻し、天族(魔族)として覚醒する。5時間ほど集中してプレイすればレベル10に到達可能だ。

レベル10になると空を飛べるようになる。自由に飛べるエリアは決まっているが、滑空はどこでも可能。飛翔禁止地域でも高いところからバビューンと飛び降りることができて、移動に爽快感がある。徒歩だけだとかったるいよね。

ゾウさんktkr

戦闘は普通のクリック型RPG。ただし、このゲームはスキル数が多く、複数のスキルを併用しながら戦う方が効率的だ。効率的に戦おうとするとそれなりに忙しくなるだろう。また、スキルには段階があり、一段階目スキルを使用することで発動可能なスキルがある(通称スキルコンボ。ゲーム内でマクロを組んで自動化も可能)。豊富なスキル数でクリック型RPGの戦闘の単調さをカバーしている。

レベルが上がるとステータスも自動的に上昇する。スキルは本を読むことで取得していく。自分でステータスやスキルポイントを振り分けたりするようなゲームではない。そのため、クラスが同じキャラは似たり寄ったりな性能になってしまう。差を生まないようにこのような仕様にしたのかもしれないが、そのせいでキャラメイキングの楽しみが希薄。

装備品はレベルキャップがきつめ。せっかく拾った装備も装備できないことが多い。装備品は魔石&神石強化が可能。強化が失敗することもあり、失敗すると強化分がマイナス-1される。装備強化はギャンブル性が強い。

グラフィックは綺麗にまとまっているね

グラフィックはCryエンジン1が採用されており、MMORPGにしてはそれなりに質が高い。テクスチャの解像度は贅沢に使われている印象。動作は軽めで普通のフィールドならHighでも問題なし。ただし、人が密集しているところや天界は若干重い。グラフィック設定は幅広くいじれるようになっているので、自分の環境に合わせて設定できる。

システムボイスは能登さんが担当していた。これで元は取れたと言っても過言ではない。能登かわいいよ能登。能登さんボイスでAIONに対する個人的評価は60点くらいアップせざるを得ない!能登さんを起用した中の人は偉い。あめちゃんをあげよう。他に、子安さん、けつられけつようびの人も声を当てているようだ。

こつこつ採集するよ

採集したアイテムで生産が行える。装備品や食料などが自作できるようだ。採集でも経験値が獲得できるので、まったりと採集してレベルアップするのも悪くないかもしれない。戦闘に比べるとかなりペースは遅くなりそうだが。

【まとめ】

World of Warcraft+アニメRPGのハイブリッド型MMOはプレイしたことがなかったので新鮮。クエストが大量にあり、他の韓国産MMOのような単調な狩りをしなくてもレベルアップできる点が良い。ちょっとだけ友人に付き合ってあげようと思う。

本当はM&M9の続きやUltima9をやりたいんだけど・・・。

コメント

  1. 4亀で記事ではAIONのグラフィック大幅アップデートすると書いてあったので楽しみです
    にしてもいまどきグラ捨ててるMMOなんてはやんないのになんで持ち込みまくってるんだろう

  2. >>Ruiさん
    能登さんの声がこそばゆくて大変よいです。
    子安さんは主人公キャラに起用されていて、フィールド上で「ハァッ!」とかの掛け声をよく聞きますね。
    他にも声を聞いたら名前が浮かぶ有名声優さんが起用されてます。アニメ的な演出に力が入っているので正解だと思いますね。
    Entropia Universe(Cryエンジン2)に比べるとライティングが寂しい感じがしますが、他のキムチよりは頑張っている方ではないかと。
    >>yutamontaさん
    MMOなんてコミュニケーションツールですからね。ゲーム要素に乏しいエロゲみたいなものですよ。
    ロールプレイの余地もありませんし、しょうもないレベリングでプレイ時間が水増しされてるだけですから。
    似たり寄ったりなのはMMOのみならず、どの分野にも言える事だと思います。
    技術が日進月歩で発達中な分、まだまだ進化の余地はありそうですけどね。
    大手は保身で精一杯ですから、インディーズに期待するしかありません。
    プレイヤーにできることはあまりネガティブに考えず楽しむことではないでしょうか。
    くだらん、つまらんと思っていたら、何も楽しめません。

  3. 結局、オンラインゲームはディアブロとEQとUOで確立された物から何一つ進歩してないように思えます。
    主に近年多く見る韓国産のMMOは「一緒の開発ツール使ってるんじゃないか」と思えるぐらいの物ばかり。
    クオリティを求めると国内MMOではなく海外MMOに逃げてる自分。
    何かいい革新的なオンラインゲームが国内でサービスされればいいのですがね・・・

  4. さり気なく能登ってタグに入っているから、何事かと思ったら(^-^)
    と言うか子安もいるのですのですね。
    男女ともにそっち方面はフォローしていると言うことか(~-~)

    Cryエンジン1と言うのはびっくりですね。
    強化が廃人仕様なのは、向こうのMMOの特徴のようですね。

タイトルとURLをコピーしました