「 Precursors 」一覧

Precursors – Precursorsは終わらない (クリア)

核装置の入手を科学者に頼まれ、辺境の惑星Morentoへ行く。ここは秋模様な風景が広がっている。惑星毎に風景が異なっていて、興味深い。

このミッションが終わると、因縁の宇宙船内での戦闘が始まる。今度は戦闘前にきちんとセーブしておいた。敵を速攻で殲滅し、宇宙船の操縦を行う。今度は海賊からの襲撃がなく、無傷の状態だった。前回は本当に運が悪かったみたいだ。

その後、エンパイアの監獄に行く。監視塔に兵士が居たが、スナイパーライフルで暗殺。150m以上、離れていると発見されることはないようだ。ちなみにスナイパーライフルの射程距離は最大600mだが、スコープの倍率が低いため、200m弱が限界。

インペリアルの本拠地のゲートキーを入手し、攻めこむ。ここは警備が非常に厳重で、総勢30以上の敵が存在する。スナイパーライフルで確実に倒そうとしたが、途中で弾が尽きたため、本拠地へと侵入し、敵の車両を奪い、暴れ回る。車両に搭載されている機銃が強く、楽々と敵を葬ることができた。初めからこうした方がよかったかもしれない。

そして、ピラミッド内部へと侵入すると突如、カットシーンが始まる。Discovery計画がどうのこうの・・・といったところで、クレジット画面へと切り替わった。ストーリー的にはまだまだこれからというところなのだが、どうやらこれでクリアの模様。明らかに続編ありきの煮えきらないエンディングに唖然とする。

惑星の数は10数個あるものの、メインミッションに関連する惑星にしか降りられず、ミッション数はサブを含めて250以上という話だったが絶対そんなにたくさん用意されていない。蓋を開けてみれば底はそれほど深くないのだが、深そうに見せかけるのが上手い。実質、探索可能な惑星は6つ程度しかないが、それぞれ風景が異なり、毎回新鮮味がある。

マップの大きさはBoiling Pointのように大きくはなく、A-Lifeも限定的に留まっており、差し詰めスペースオペラ版STALKERと表現するのが適切かもしれない。派閥は全部で7つあるものの、一部の派閥とはメインミッションで必ず敵対しなければならず、派閥選択の自由度が高いとは言えない。

戦闘はステルスの要素を強め、Boiling Pointよりもマシになったものの、最近のシューターに比べると荒削りなところが目立つ。宇宙戦に関しても、純粋なスペースコンバットシム(SCS)に比べて劣る出来だ。しかし、FPS+SCSを組み合わせた例は稀で(他は3000ADくらいか)、地上戦と宇宙戦を同時に楽しめる個性的な作品に仕上がっている。他とは少し違った内容のゲームを求めている人は挑戦してみてもいいかもしれない。最後のオチが気に入らないものの、個人的には結構楽しめた。


Precursors – 浦島太郎(7)

インペリアルの連中が宇宙船の中に潜んでおり、船内で交戦することになった。なぜか分からないが交戦した途端に動作がガクガクになり、フレームレートは1~5fpsを行ったり来たり(グラフィック設定を変えても変化なし)。宇宙戦の時はこういうことがたまにあったが、白兵戦では初めてだ。まともに戦闘も行えやしないが、時間をかけてなんとか敵を殲滅。

そして、操縦室に行き、運転しようとしたところ、宇宙の画面に切り替わった瞬間に機体が爆発。セーブデータを読み込んでもう一度やり直したら、同じように爆発。「おかしいなぁ」と思い、状態を確かめてみると機体が完全に壊されている状態だった。

つまり、宇宙船に乗ると船内で戦闘になる→船外でも海賊に襲撃される(と思われる)→船内の戦闘が終了した頃には機体は完全破壊状態→運転しようとすると宇宙船の破壊が適用され、問答無用でゲームオーバー、ということなのだろう。

船内と船外の時間が同時進行しているのが問題だ。船内にいる時は外の時間が止まっていたらこういうことにはならないのだが、外と中は同じようにリアルタイムで時間が流れているものだから、船内に居る状態でも宇宙船が攻撃されてしまう。船内の戦闘が終わるまでは操縦ができないようになっているため、退避させることもできず、いくら早く戦闘を終わらしてもすでに宇宙船は壊れている状態。完全に詰んだ。

しかも、セーブデータを戦闘中に上書きしてしまったため、宇宙船に乗り込む直前からやり直せない。それ以前の直近のセーブデータは2日前だ。ゲームの内容は面白いのに、こういうことがあるとやる気が削がれるなぁ。

今日の教訓:セーブは定期的にして、ちゃんと残しておこう。


Precursors – ドアなしトイレで足せますか(6)

火星っぽい風景の惑星へやってきた。Red Faction、Alpha Prime、Chaserを思い出すね。ここではフリートレーダーとエンパイアが暮らしている。話の都合上、フリートレーダー側につくことになった。

メインミッションで念願のロボットに乗れるようになる。今まで散々やられてきたお返しとばかりにエンパイアの連中を虐殺。ロボットは車両よりも装甲が硬く、心強い。しかし、このミッションをクリアすると搭乗できないようになった。しょぼーんだよ。

次に、エンパイアの基地からトラックを盗むミッションを引き受ける。ここは敵を片付けてから、トラックを盗むのが正攻法だと思われるが、エンパイアの連中は強く、数も多かったため、完全に無視して一目散にトラックに乗り、基地から脱出。

脱出の際にトラックは大破損したが、こんなこともあろうかとスペアタイヤとリペアツールを持ってきていたので問題無し。こういう強引なプレイが可能なところが本作の魅力だ。

ここでようやくロケットランチャーを入手。重火器のパークを取得し、取り扱えるようにした。ロケットランチャーは非常に強力で、生身の人間なら一撃、ロボットや戦闘車両も三発撃てば確実に破壊できる。しかし、弾薬が一つあたり1.5kgで重く、あまり持ち歩けない。対ロボット用に使うのが無難だ。

輸送船を倒した時の経験値がかなり美味しい。輸送船を優先的に倒していけば、サクサクレベルが上昇していく。機体の修理や燃料費はかなり要するし、目ぼしい戦利品を頂けないので常に赤字だが、経験値狙いなら輸送船を狙うのもアリだろう。

しかし、現在、調子に乗って宇宙船の改造をしまくった挙句、金銭的に厳しい状況に陥ったため、海賊行為は自粛中。

宇宙ステーションでトイレを発見。小便の方は普通なのだが、大便はドアなし。ロシア(ウクライナ)方面ではドアなしトイレが今なおたくさん残っていると聞いたことがあるが、こんなに技術が発展した宇宙でもドアなしトイレが蔓延っているとは・・・。宇宙ステーションの内装とかよりも、まずトイレに金をかけるべきだろう。神TOTOのウォシュレットを完備し、ちゃんと個室制にするべきである。丸出し状態で用なんか足せない。大便は真剣勝負なんだ。ウォシュレットのないトイレになんてお花摘みに行けないよ。


Precursors – 知的冒険の坩堝(5)

ユニオンから依頼され、Yarentという惑星へ調査に行く。ハイパージャンプを使えばどこでも一瞬で辿りつけるが、それには大量の燃料が必要になる。この燃料代が意外にバカにできない出費となるのだ。他の惑星に興味があるからといって、無闇にハイパージャンプを繰り返すのは考えもの。Boiling Pointは情報を得るために大金が必要だったが、今作では交通費の割合が大きい。

Yarentには廃墟と化した基地が存在していた。そこにレイダーが住み着いており、集団で襲ってくる。ここには背の低い草が生えているのだが、そこにしゃがむと敵からは見えなくなるようだ。すなわち、ランボーや山猫のようなゲリラ戦が可能となる。ダメージバランスがシビアだったり、回復アイテムの使用コストが高いのは、きっとステルス戦を重視しているからなんだろう。

クロスボウを持ってきたのだが、レイダーは防具を装備しているため、体に当てただけでは倒せなかった。きちんとヘッドショットを狙う必要がある。クロスボウは射程が短いため、ここでの使用は厳しい。アサルトライフル、もしくはスナイパーライフルで確実に倒したほうが無難だ。アサルトライフルでもヘッドショットすれば一撃で仕留められる。しかし、銃声で居場所がバレる確率が高い。

レイダーを着実に一人ずつ仕留めていくと、今度はメックウォーリアがやってきた。生身の人間一人相手にロボット・・・そういうのに乗るのは主人公の特権じゃないのか。

鉄の塊だけあって、非常に頑丈。150発程度撃ちこんでようやく倒せた。こいつは重火器で倒した方がいいのだろう。もしくは、エネルギー系のグレネードか(機械に有効)。近付くと大打撃を受けるので、グレネードはなかなか狙いづらいのが難点だ。

やはり敵の背後からなら絶対にバレないようだ。頭に一撃を叩き込めば悲鳴を上げずにステルスキルできる。Boiling Pointから着実に進歩しているのを実感している。こりゃあXenus 2の方も楽しみだ。


Precursors – 鶏ガラを超えた先に(4)

宇宙船を取り戻す為、鳥さん殲滅を決定した。かなり面倒だが、すでにユニオンから別件でミッションを引き受けている手前、彼らをいまさら裏切るわけにはいかない。

今回もクロスボウでステルスキルを目指す。100m程度離れていれば発見されることはなく、背後からなら絶対に見つからないようだ。クロスボウは弓なりに飛ぶので、敵の頭上に照準を合わせるのがコツ。威力が強く、体のどこに命中しても一撃で倒せる。しかし、ここはルートが限られていて、距離が離れているので、スナイパーライフルを持ってきた方が楽に進めたかもしれない。

鳥さんは周辺の仲間がやられると異変に気付き、警戒する。そういった基本的なAIの思考ルーチンは導入されているようだ。Boiling PointのAIは仲間がやられても完全無視を決め込んでいたので、それに比べれば進化していると言える。

鳥さんの中には非戦闘員も居たが、他の敵に発見されると困るので念のため倒しておいた。胸がちくりと痛むが、これが戦争なのよね。ファーストブラッドなのだ。

30分程度かけて、鳥さんをほぼ殲滅した(少し時間が経つと沸くので全滅させられない)。戦利品を売り払うと10,000crの儲けになった。しかし、進行上、避けられない戦いとはいえ、後味が悪い。ゲームでこういう感情を抱くことはないのだが、今回は私のミスが原因で虐殺することになってしまったから心に響くのかもしれない。メインミッションが鳥さん大虐殺だとすれば正当化できるため、嫌な思いをしなかっただろう。なんのためらいもなく、実行したはずだ。

会話可能な鳥さんの前に行くと、カリスマパークのアイコンと賄賂アイコンが表示された。カリスマを使うとそいつは襲ってこなくなったので会話可能なやつであれば、たとえ敵対していたとしても戦いを避けられそうだ。

その後、宇宙空間に出て、気分を紛らわせる。前にも言ったようにスペースコンバットシムとしての出来はあまりよろしくないものの、気分転換できるのが大きい。宇宙船に乗って、宇宙を漂える・・・これは本作の大きな特色である。


Precursors – かけひきアンバランス(3)

鳥さんのキャンプを潰すミッションを引き受けた。鳥さんたちは電撃系の生体武器やクロスボウ、杖を装備している。新しい武器を手に入れる絶好のチャンスだ。電撃武器とクロスボウの威力が強く、アーマーとヘルスを大幅に削られる。アサルトライフルよりも強力だ。

電撃武器の威力は強いのだが発射ラグが気になる。この武器の燃料は芋のような物体で、リロードすると武器がお尻の方からムシャムシャと芋を食べる。さすが生体武器だ。

クロスボウはステルス向きの武器。発射音が小さく、敵にバレないのでステルス状態を維持しやすい。うまく利用すれば完全ステルスプレイで敵のキャンプを潰せる。効率重視なら間違いなくクロスボウを使うべきだろう。

杖はエネルギー系の武器で、弾薬は自動回復。エネルギーピストルよりも射程、回復速度、発射速度が早く、使い勝手が良い。重量が少し重くて、ズーム(アイアンサイト)はないが、エネルギーピストルよりも性能は上だ。

敵の武器は一分程度放置するとすぐに消えてしまうようだ。なので、敵を倒したら素早く回収するか、一度拾ってから捨てた方がいい(捨てたアイテムはすぐには消えない)。電撃武器は8kg程度あるので、一度に何個も持ち運べないため、すぐに拾い捨てして保存するのがベスト。

ユニオンの基地でも他の生体武器を売っていた。円形のエネルギー弾を飛ばす武器は見た目がヌルヌルテカテカでちょっと卑猥。燃料は蜘蛛の死体で、リロードすると蜘蛛をムシャムシャするアニメーションが見られる。生き物が生き物を食している光景は苦手だなぁ。

武器はもう一個あったのだが、ヘヴィーウエポンのパークを取得していなかったため、装備できず。生体武器はどれもこれも一癖あり、工夫して使う必要がありそうだ。

鳥さんのキャンプを潰した後、宇宙船に戻ろうとして、大事なことを思い出した。現在、宇宙船は鳥さんの基地に停めてあったのだった。先ほど、鳥さんを虐殺したため、鳥さんの組織とは敵対関係になっている。つまり、宇宙船を取りに行くには30匹近く存在する鳥さんと戦わなければならない。30匹以上も相手するのは正直大変だ。

ユニオンを倒せば鳥さんの評判が上がり、いずれ友好になれるかもしれないが、そうするとユニオンとは敵対関係になる。また、鳥さんと違ってユニオンは数が限られているので、友好まで持っていけるかが問題。賄賂で解決できたりすると助かるのだが、残念ながらこのゲームにはBoiling Pointの酒場のようなものは用意されていない(Boiling Pointの酒場には各派閥のエージェントが居て、賄賂を送って評判を取り戻せる)。

いずれにせよ、どちらかと戦わなければならないようだ。後先考えずに行動した結果がこの有様だよ!


Precursors – ときめき宇宙旅行(2)

メインミッションの関係でバンディットの巣を消毒することになった。ストーリーの都合上、バンディットとはどうしても敵対関係になってしまうようだ。

巣の周りをうろついているバンディットは車両に搭載された機銃で一掃。機銃は非常に強力だが、調子に乗って撃ちすぎ、弾切れになってしまった。タイヤのスペアやリペアパーツは持っているが、機銃の弾薬はあいにく持ちあわせていない。というか、機銃用の弾薬があるのかさえ不明だ。

生身で敵と戦う時はステルスモードで強襲するのが効果的だ。Fキー→F3でステルスモードを発動でき、この状態だとバレにくい。たとえ、バレてしまっても、ちょっと離れた場所に身を隠せば再びステルス状態を維持できる。ダメージバランスが厳しめなので、こそこそとステルスモードでやっつけた方が効率的だ。

バンディットの巣でたんまりと武器やアイテムを入手できたが重量制限が厳しく、一度に持ち運べない。巣から車へ何回も往復することになった。そういえばBoiling Pointもこんな感じだったなぁ。異母兄弟のSTALKERもそんな感じだった。

父親の機体の修理が済み、ようやく宇宙へ行けることになった。宇宙ではスペースコンバットシミュレーターのような操作になる。ハイパースピード(超高速で移動する)、ハイパージャンプ(星系へ瞬時に移動)などを備えており、移動に作業感は少ない。

しかし、速度表示がないのでどのくらいの速度で移動しているのかよく分からないし、飛んでいる感覚が希薄。敵を攻撃する際に偏差射撃用のガイドがないので狙いをつけるのが大変。X3やFreespaceと比べるのは酷かもしれないが、ガチンコのSCSの操作感やフィーリングに比べると劣る。

宇宙ではトレーダーやレイダーが活動しており、喧嘩しているのをよく見かける。複数の機体が入り乱れる戦いに発展するとフレームレートが不安定になり、操作が困難。敵を倒すと機体の残骸の近くにアイテムが落ちていることがある。

宇宙空間でのミッションもあり、商船を海賊から守ったり、レースで競争する。自分の機体はアップグレードパーツで改造可能。攻撃力やシールドを高性能にしたり、燃料タンクを拡張できたりする。ただし、武器のアップグレードパーツと違って、こちらは大変高価。現在の全財産が軽くすっ飛ぶくらい高い。

星系は9個用意されており、その中にいくつかの惑星が存在する。もちろん、惑星内に降下できる。とりあえずメインミッションに関係する惑星へ行ってみたが、初めの惑星とはまったく異なる風景が広がっていた。そこは密林地帯で、鳥のような種族が生活している。

今作はBoiling Pointと違って、マップのバリエーションが豊かで旅が楽しい。この異世界を旅している感じはTES3:Morrowindを思い出すなぁ。他のオープンワールド系ゲームとは異なり、世界観が独特で新鮮な体験に満ちている。

鳥さんたちは生体兵器(変な生き物の武器)を持っていたので、ここできっと手に入るはず。時代はオーガニックウエポンですよ、お姉様。