えっちなのはいけないと思います

姉☆Summer!2 – 姉好きならマストバイ

・姉☆Summer!2 体験版 ペロッ…これは姉様の味っ! 姉好きによる姉好きのための姉☆Summer!が帰ってきたよ。 前作は従姉弟の圭おねぇちゃんと恋におちるまでが描かれていたが、今作では親公認の仲にまで発展。あの「圭ねぇ」が「わたしは...
1
STG

Deadly Tide – 続編への布石?

クリア。CD三枚目と四枚目は短く、すぐに終わってしまった。エンディングは続編があるような中途半端な終わり方で後味が悪い。エイリアン倒してヤッターでよかったんじゃない?と思うのだが、それは私が凡人だからなのだろうか。
0
STG

Deadly Tide – クイックタイムイベントの連続

マイクロソフトがPCゲームに力を入れていた頃の作品。日本語版は吹き替えとなっており、戸谷公次さんや寺瀬今日子さんなど聞き馴染みのある声優さんが声を当てている。 宇宙から水棲エイリアンがやってきて、地球の深海に住み着き、海の面積を広げていく。...
2
ADV

GADGET – Past as Future – 感想

・GADGET-Past as Future-感想 久しぶりの感想です。ボリュームの少ない作品は気軽に遊べていいね。 次はLWさんおすすめのデッドリータイドに挑戦しようかな。 Stonekeepは長そうなので一時お休み。ごめんね。
0
ADV

ガジェット – 泳ぐ深層心理

クリア。ガジェットの場合、「クリアした」というより「観た」といった方が適切かもしれない。アドベンチャーゲーム的なパズル要素はほとんどなく、半自動的にムービーが進んでいく。感触としてはムービーを自分の指でめくっていくような感じが近いか。 スト...
0
FPS

Classic FPS(仮称)- 見えるか、見えないか。それが問題だ

写真をリサイズして原色する方法は遠目では美しいが、近くによるとドットの粗が際立って美しくない。また、写真のリサイズで作られたキャラクターは不気味さが際立ち、親しみが持てなくなる。 少量の色数でシンプルにまとめた方が遠近のギャップが少なく、キ...
0
FPS

ぷらもでらーにクラスチェンジ

暑い。暑過ぎてゲームなんかやる気にならない! とことで、マシーネンクリーガーの再販が開始されたのでカウツとフリーゲを購入した。ゲームやらずに、プラスティックばっかり弄っている。夏休みはもうプラスティック弄りでいいかな。ゲームやる気ないし。 ...
2
COOP

お兄やんと遊んだよ

お疲れ様でした。 今回はLWさんを交えてのCOOPということで、久しぶりにSWAT 4をプレイ。 SWAT 4のシングルプレイでは仲間NPCが付いてくるが、マルチプレイでは仲間NPCは登場しない。仲間は参加者のみとなるため、人数が多いほうが...
0
えっちなのはいけないと思います

鬼父2 体験版 – せめて人間らしく

・鬼父2 体験版 交通事故の影響によって、娘に性的衝動を感じるようになってしまう父親の話。前作は二人娘だったが、今作では四人の娘が登場する。娘はそれぞれ性格が異なり、前作よりも幅広い嗜好の人が楽しめそうだ。 「鬼父2」はもともと「鬼父2 ~...
0
徒然

泡沫候補

仲間が増えたよ。やったねたえちゃん! 私の夏休みは旅行よりも、むしろゲーム!個性豊かなゲームたちに惹かれたわ。 とことで、一週間の夏休みが決戦の時。 二、三本、いや四、五本、それなら六、七本、むしろ八、九本をクリアしたい所存である。
5
RPG

Stonekeep – ソーセージのパラドックス

タコ野郎をやっつけたものの、次はどこへ行くべきかが分からない。探しても見つからない自分の進路。こういう時はアイテムに頼るしかない!とことで、土星さんを懐から取り出し、床に置いてみる。 すると、隠された道が現れた。壁のように見える場所が、実は...
0
ADV

鉄人 – 鉄に萌える年頃

駿河屋さんから連絡来たよ。 「一部のパッケージに傷が有りますが、それでもよろしいですか?傷有り品は減額致します」とわざわざご連絡を頂いた。注文した品物はすべて在庫があるそうなのでひと安心。届くのが楽しみだ。特にガジェットが楽しみだね。 ガジ...
2
徒然

魔が差した結果

積みゲー状況を記述。 思い出せる分だけなので、追憶の彼方に行かれたソフトもあると思われる。 あと、駿河屋さんで積みゲーをさらに補充。 届くのが楽しみだね。 ・GADGET ガジェット 完全版 ・リンクデバイザー2074 ・Deo Grati...
4
RPG

Stonekeep – 知的に野蛮に

タコ野郎にレイプされるため、あのルートは放置。先に別のルートを進める事にした。地下水道にはゴブリン、スライム、ヘビが登場するが、もはや私の敵ではない。サクサク倒しながら進んでいく。 通路を進んでいくと、懐かしのあの人が登場。この膨張フェイス...
3
スポンサーリンク