DayZ – 愛に比例する喪失感(9)

この記事は約6分で読めます。

Z.O.Eさんから連絡が来たのでチェルノなんとかの病院屋上で待ち合わせることに。病院には血液パックがあり、これで血には困ることがなさそうだ。少し迷いながらも屋上で合流し、下へ降りようとしたところで突如Z.O.Eさんが狙撃され、瀕死に陥る。恐らくスナイパーが山の方から狙撃してきたと思われ、慌てて伏せた。その間にもZ.O.Eさんの血はみるみる減っていき、死期が近づく。ただ、包帯を巻こうとするとしゃがみ態勢になるしかなく、今度、姿を晒したらこちらまで狙われる可能性がある。Z.O.Eさんには申し訳ないがこのまま身を隠すほかなかった。

Z.O.Eさんは近くの街でスポーンしたので死体が消えないように祈りながら同じ場所で待ち続ける。その間に病院の近くのアパートにサバイバーを発見。アパートから出てきたところで撃ったがディスコネクトしてどこかへ消えた。しかし、ニ、三発は当てたので他のサーバーに入りなおしても失神状態から始まるはずだ。

Z.O.Eさんが病院屋上へと到着し、死体をルートして、北の方へさっさと行こうという話になった。ハシゴから降りようとしたところで再び狙撃される。命中することはなかったが、また身を出したら次はやられかねない。障害物に身を隠しながらギリギリの状態で双眼鏡を覗き、山の方を探っているとゾンビが走り回っているのを発見。きっとさっきのスナイパーの銃声を聞きつけたのだろう。このまま膠着していてもラチが開かないのでハシゴへと走り、速攻で降りる。周囲を警戒しながら進み、無事に森の中へと入ることができた。

その後、SKYさんとも合流し、草原でトラクターを見つけて、ファーミングシミュレーター気分で乗り回して遊んだり、「やっぱ音うるさすぎるから使えんわ」とトラクターとお別れしながら北西の飛行場へと到着。

飛行場は良品が揃うだけに何時間も同じ場所で見張っているスナイパーも多い。細心の注意を払いながらハンガーへと近付いていく。するとハンガーの中に数人のグループを発見する。まだ相手グループはこちらに気付いていないようだが、このままぶつかったら被害は免れないだろう。距離は1kmほど離れているし、複数人なので神スナイパーのSKYさんでも流石にそれだけの相手は難しい。相手の様子を伺っているとサーバーが不調になり、何分もラグ状態が続いたため、このままこのサーバーでプレイするのは厳しそうだ。その間に相手グループが「よぉ。そこのグループ」と話しかけてきたが、恐らく相手もラグ状態でまともにプレイできなかったのではないかと思われる。

ずっと非同期状態が続いたので別のサーバーへと入り直すことにした。今度は見たところ、ハンガーや管制塔には誰もいない。注意しながらハンガーへと移動し、アイテムを物色する。物色中に突如、アサルトライフルの乱射音が聞こえた。全弾外れたようだがZ.O.Eさんのいるハンガーの前に一人のサバイバーがいて、そいつが撃ってきたらしい。恐々ながらハンガーから身を乗り出すと確かに滑走路にしゃがんでいるサバイバーを発見。そちらの方へ向けて何発か撃ってみる。

銃声を聞きつけたのか、軍人ゾンビが大量にハンガーの中へと流入し、サバイバーどころではないゾンビ祭りが開催。ゾンビパンチを何発かくらいながらも殲滅できたのだが、あのサバイバーの姿はもうどこにもなかった。そのままハンガーの物色を続けていると管制塔の二階で芋虫らしき姿を発見。しかし、距離があるのでM16のアイアンサイトでは狙いづらい。そこで神スナイパーのSKYさんに狙撃を依頼し、見事に彼が一撃で仕留める。

相手が死んでいるかを確認するため、私は管制塔に移動し、Z.O.EさんとSKYさんは消防署を探索する。私は管制塔でウィンチェスターを握ったまま死んでいるサバイバーの死体を発見する。恐らくSKYさんが仕留めた相手だろう。

死体を物色しようとしたところ、突然、窓ガラスが割れた。方向的には消防署の方からだ。姿を晒すとまた狙われかねない(ベテランサーバーだったので客観視点不可だった)ので芋虫状態で微妙な移動を繰り返し、ドアの隙間から消防署を見ると階段付近にライフルを持ったサバイバーを見つける。相手はずっとこっちを睨んだままだ。こちらに気付いたのか再び発砲してくる。立ち上がることもできないし、下へと降りようとすると窓があるのでそこから狙われる可能性がある。完全に釘付け状態になってしまった。

相手はずっとこちらに照準を向けたままので先手を打てるとしたら相手の方に分がある。こちらが狙いを合わせるうちにやられてしまうだろう。そこでZ.O.EさんとSKYさんに相手の排除を依頼。二人は消防署の中へと入っていく。しかし、ゾンビに気付かれ、再びゾンビ祭りが開催。運が悪く非同期状態と重なり、残念ながらSKYさんが逝ってしまわれた。生き残ったZ.O.Eさんが消防署の階段を上っていく。相手がZ.O.Eさんに気づくといけないので、私がテキトーな場所に弾を撃ちこみ、注意を引きつける。私にはこれくらいしかできることがない。

Z.O.Eさんが見事に相手を倒した。これ以上の長居は無用だとさっさとアイテムを物色し、別の街でSKYさんと落ち合うことにする。というより再び襲われるのではないかという恐怖で軽いPTSDに陥り、早く平和な場所へ行きたかった。街ではギリースーツを発見し、Z.O.Eさんがムックに変身。草むらでは有効だが、これは逆に街では怪しすぎるでー。こんなのが道路を歩いていたら速攻で弾を撃ちこむレヴェル。

SKYさんとも無事に落ち合い、軍事キャンプを漁った後、町外れで焼肉パーティを開き、これにて解散というところで事件が起こった。

みんなが落ちたので私も落ちようとAbortボタンを押そうとすると突然画面が白くなり、マカロフらしき音が森の方から聞こえる。二発目で画面が暗くなり、You Are Deadの文字。誰かがストーカーしていたのだろうか。Z.O.EさんとSKYさんが落ち、私一人だけだったのでやれると思ったのだろう。

あまりにも藪からスティックな状況に「うわー、引くわー。マジひくわー」と糸の切れた操り人形みたいに動けなくなった。このキャラはゾンビの退治数は200を超え、道具類は大体揃っていたし、装備はM16で弾は7マガジンくらいあったが、何より5日ほど生存していたので深い愛着が湧いていた。すべてのアイテムに思い出やドラマがあったのにそれが一瞬にしてパァ~になったのだ。どこの誰とも知らないやつに辱めを受け、まるで自分の半身を失ったような、心にポッカリと穴が空いたような喪失感に襲われた。

その後、呆然としながらも私はリスタートしていた。エレクトロで初期装備で始まる。もう何も怖くない。悟りの境地に入った私は消防署でエンフィールドを装備したサバイバーを見かけたのでマカロフで足を狙う。いきなり撃たれたサバイバーはパニックに陥り、逃げ惑う。銃声を聞きつけたゾンビがやってきたのだが何故か発砲した私ではなく、撃たれたサバイバーの方へゾンビが襲いかかり、まさに相手は泣きっ面にマキシマム蜂状態。サバイバーはその後死亡し、その死体を物色していると誰かに撃たれて私は死んだ。スイーツ。

もうなにもかもどうでもよくなった。環境問題も人種差別も放射能汚染も民族闘争も宇宙の大きさに比べれば瑣末な問題に過ぎない。私自身も宇宙にしてみればゴミというかチリ以下の存在。改めて生きているとはなんなのかを再考させられたDayZ。私はもう死んでいる。

ちなみにギリースーツを着たZ.O.Eさんは海の中でリスポーンし、バックパック以外の荷物は海に帰ったそうです。着替えると高確率で海に生まれるという都市伝説は事実だった模様。着替える際は注意した方がいいかもしれません。

コメント

  1. 楽しまれているようで何よりです。ヌッ殺されると呆然となりますが、再び一からスタートするのも楽しいものです。
    ver1.7.1が大規模なアップデートになりそうなので私はそれ待ちですかね。
    ゾンビが強化され、さらにサバイバル感が増しそうです。
    http://dayzmod.com/forum/showthread.php?tid=10353

  2. DayZにすっかりはまってしまい余暇の時間全てを費やしてチェルナルス?を散策してます。物資が揃ってくると途端に死がとっても怖くなりますねー。つい疑心暗鬼になってしまいますw

  3. 因果応報という言葉の意味を考えさせられますな

  4. ARMA2のベータパッチとDayZ ver1.7.0を入れて、ver1.7.0のサーバーに入っていますか?
    各サーバーやマスターサーバーが不調な時もありますので、他のサーバーに入ったり、時間を置いて再度入ってみてはどうでしょう。
     
    ・ARMA 2 ベータパッチ http://www.arma2.com/beta-patch.php
    ・DayZ最新バージョン http://cdn.armafiles.info/
    ・自動アップデーター(オススメ) https://dev-heaven.net/projects/six-arma-updater/files

  5. とても面白そうなので始めてみたんですが、サーバーに入ったらブラウザに戻されて背景がwaiting for character to create
    になるという珍妙な事が起きてプレイできないんですが原因分からないでしょうか?

  6. unkさんのおかげで彼女ができました
    unkさんのおかげでDAYZはじめました

',b.captions&&s){var u=J("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=s,l.appendChild(u)}e.appendChild(l);var c=J("img");c.onload=function(){var e=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");l.removeChild(e),!b.async&&n&&n()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a&&a.alt||"",b.titleTag&&s&&(c.title=s),l.appendChild(c),b.async&&n&&n()}}function X(){return M(o+1)}function D(){return M(o-1)}function M(e,t){return!n&&0=k.length?(b.animation&&O("right"),!1):(q(o=e,function(){z(o),V(o)}),R(),b.onChange&&b.onChange(o,k.length),!0)}function O(e){l.className="bounce-from-"+e,setTimeout(function(){l.className=""},400)}function R(){var e=100*-o+"%";"fadeIn"===b.animation?(l.style.opacity=0,setTimeout(function(){m.transforms?l.style.transform=l.style.webkitTransform="translate3d("+e+",0,0)":l.style.left=e,l.style.opacity=1},400)):m.transforms?l.style.transform=l.style.webkitTransform="translate3d("+e+",0,0)":l.style.left=e}function z(e){e-o>=b.preload||q(e+1,function(){z(e+1)})}function V(e){o-e>=b.preload||q(e-1,function(){V(e-1)})}function U(e,t,n,o){e.addEventListener?e.addEventListener(t,n,o):e.attachEvent("on"+t,function(e){(e=e||window.event).target=e.target||e.srcElement,n(e)})}function W(e,t,n,o){e.removeEventListener?e.removeEventListener(t,n,o):e.detachEvent("on"+t,n)}function G(e){return document.getElementById(e)}function J(e){return document.createElement(e)}return[].forEach||(Array.prototype.forEach=function(e,t){for(var n=0;n","http://www.w3.org/2000/svg"===(e.firstChild&&e.firstChild.namespaceURI)}(),m.passiveEvents=function i(){var e=!1;try{var t=Object.defineProperty({},"passive",{get:function(){e=!0}});window.addEventListener("test",null,t)}catch(n){}return e}(),function a(){if(r=G("baguetteBox-overlay"))return l=G("baguetteBox-slider"),u=G("previous-button"),c=G("next-button"),void(d=G("close-button"));(r=J("div")).setAttribute("role","dialog"),r.id="baguetteBox-overlay",document.getElementsByTagName("body")[0].appendChild(r),(l=J("div")).id="baguetteBox-slider",r.appendChild(l),(u=J("button")).setAttribute("type","button"),u.id="previous-button",u.setAttribute("aria-label","Previous"),u.innerHTML=m.svg?f:"<",r.appendChild(u),(c=J("button")).setAttribute("type","button"),c.id="next-button",c.setAttribute("aria-label","Next"),c.innerHTML=m.svg?g:">",r.appendChild(c),(d=J("button")).setAttribute("type","button"),d.id="close-button",d.setAttribute("aria-label","Close"),d.innerHTML=m.svg?p:"×",r.appendChild(d),u.className=c.className=d.className="baguetteBox-button",function n(){var e=m.passiveEvents?{passive:!1}:null,t=m.passiveEvents?{passive:!0}:null;U(r,"click",x),U(u,"click",E),U(c,"click",C),U(d,"click",B),U(l,"contextmenu",A),U(r,"touchstart",T,t),U(r,"touchmove",N,e),U(r,"touchend",L),U(document,"focus",P,!0)}()}(),S(e),function s(e,a){var t=document.querySelectorAll(e),n={galleries:[],nodeList:t};return w[e]=n,[].forEach.call(t,function(e){a&&a.filter&&(y=a.filter);var t=[];if(t="A"===e.tagName?[e]:e.getElementsByTagName("a"),0!==(t=[].filter.call(t,function(e){if(-1===e.className.indexOf(a&&a.ignoreClass))return y.test(e.href)})).length){var i=[];[].forEach.call(t,function(e,t){var n=function(e){e.preventDefault?e.preventDefault():e.returnValue=!1,H(i,a),I(t)},o={eventHandler:n,imageElement:e};U(e,"click",n),i.push(o)}),n.galleries.push(i)}}),n.galleries}(e,t)},show:M,showNext:X,showPrevious:D,hide:j,destroy:function e(){!function n(){var e=m.passiveEvents?{passive:!1}:null,t=m.passiveEvents?{passive:!0}:null;W(r,"click",x),W(u,"click",E),W(c,"click",C),W(d,"click",B),W(l,"contextmenu",A),W(r,"touchstart",T,t),W(r,"touchmove",N,e),W(r,"touchend",L),W(document,"focus",P,!0)}(),function t(){for(var e in w)w.hasOwnProperty(e)&&S(e)}(),W(document,"keydown",F),document.getElementsByTagName("body")[0].removeChild(document.getElementById("baguetteBox-overlay")),w={},h=[],o=0}}});
タイトルとURLをコピーしました