Jagged Alliance: Back in Action – チェーンソウは御座いませんか(4)

この記事は約2分で読めます。

Farmの地下にはあるものが隠されているので、ここまで一気に攻めた方がいいかもしれない。それまでに四人分の武器を整えていたのが無駄になった。Farmに付くまで荷物持ちの武器は買わない方がいい。

今のところは雑魚敵ばかりなのでMelee実績(100人kill)を満たす為に首狩り族として頑張る。Meleeスキル持ちならナイフで即死であり、いかに一人の時を狙うかがキモ。このゲームは敵に見つかってもすぐに銃撃されない(自分の場合も同じ)、急いでダッシュして接近すれば例え見つかっていても確実にやれる。逆に斧を持った蛮族が一斉にやってきて、きちんと準備していないと首刈りされてしまう場合もあるのだが。

Meleeスキル無しだとナイフのダメージが通らない場合があるので、こちらも斧でバッサリやった方が堅実か。威力的には素手→ナイフ→マチェット→斧なのか分からないが、斧が一番強そうである。San Monaも大した兵装の敵は居ないのでライフルで迎え撃つのが良い。40m以上届くなら一方的に倒せる。

あと、AlmaのRoadblock兵がいつの間にか減っていた。ゲーム進行のせいなのか分からないが、これなら一人でもやれそう。

爆薬担当のBarryがようやく到着。Exprosiveが高いと地雷を解除できて、解除した地雷を好きな場所に埋め込める(地雷は敵にしか反応しない)。お金が無かったのでここまで遅れてしまったが、爆薬担当を優先した方が良かったかもしれない。鍵はどこかで拾える場合もあるし、C4を仕掛けて風穴開ければ鍵がなくても行ける。というか、序盤の戦闘はヌルイので戦闘キャラを別に選ばなくても、鍵開け&爆薬コンビで済ませられるような気がする。

その次はJA2でお世話になったTrevorを雇う予定。彼は鍵開けも爆薬も銃撃も優れていてオールマイティーに使えた。まぁJA2の時は契約が切れて、用事があると言って去ってしまったわけだが、今作ではその心配はない。しかし、名前は一緒でも声が違うのは違和感があるなぁ。IraやBarryにしても知っているはずなのにまるで別人みたい。私は彼らのことを知っているけど彼らは私の事なんて知らないのだ。

コメント

  1. タイムラインは実際にDemoやってもらうのが一番分かりやすいですが、一時停止はできますし、時間に応じて予定を立てられるので普通のRTSやNWNよりも行動の管理がしやすいと思ってもらって結構です。
    10m先に移動、移動後に敵の方向を向く、その後に射撃、起立状態にしてから走って逃げるという風に予定を立てたり、途中で敵の行動に変化があるようだったら時間を止めて行動を取り消し、再度命令ということも可能です。
    まぁ文章だと何言っているのか分からないかもしれませんね。
     
    セクターインベントリーがないのと民兵の管理が面倒で、これにしょうもない時間を費やします。
    開発は改善する気があるようなのでアップデートを待った方が今はいいかなと思います。
     
    オリジナル作品にするとコストがかかりすぎるからJA2から色々と流用しているんだと思いますが、JA2で出来ていたことができなかったり、余計面倒になったりしているのは愛がないと言われても仕方ないと思いますね。
    JA2が細かい部分までよく考えられていて、MODコミュニティもそれをさらに楽しめる形で昇華させていましたから、BiAの不出来がどうしても目につきます。
    技術の低いメーカーが名作の設定をパクってもてあそんでいるようにしか見えません。

  2. いあー相変わらずわかりやすくて読ませるレビューに感謝。
    なんかこれも少しMODとアプデまってからやればいいや、と思ってしまったが。
    タイムライン式って、ネバーウィンターみたいなのだと思ってたんだけど、一時停止使えないんですか?
    なんかリメイク物ってオリジナルへの愛が足りない人がつくったようなもんばっかだな。
    期待してただけに少し寂しい。

タイトルとURLをコピーしました