Jagged Alliance 2 – 振り向けば死屍累々(2)

この記事は約2分で読めます。

食料を確保すべくDrassenへ進撃。道中でも女王の傭兵と何度か出会う。建物がないので遮蔽物は茂みと木が頼りだ。こちらはハンドガンとSMGの軽装な為、迂闊に進むのは危険極まりない。ちょっとした気の緩みが大打撃に繋がる。敵が射程距離まで近付くのを待ちぶせ、全員で集中攻撃する。GrizzlyとMDの調子がすこぶる良く、死体の山を築いていく。一方、GraceとYamanekoのSMG組は命中率にバラつきがあり、ここぞという時に頼りにならない。敵の所持していたハンドガンは消耗が酷く、性能も低い為、今の装備の代換えとはいかなそうだ。だが弾薬や迷彩ヘルメット、レザージャケットは有難く頂戴し、持っていない者へと配る。まさに自給自足。レザージャケットも使い古しではあるが、Tシャツ一枚よりかはよっぽどマシだ。というか、戦地にTシャツ一枚でやってきている傭兵は何を考えているのかと問いたい。

Drassenの飛行場へ到着。飛行場の外から攻めていくが、フェンスで周りが囲われている為、容易に中へ入れない。残念ながらワイヤーカッターの類を用意してこなかった為、迂回するしかなさそうだ。

木々に隠れながら入口前に移動すると、建物付近で敵と遭遇。木の後ろに隠れながら敵を迎え撃つ。ここでもGrizzlyは絶好調で確実に敵を仕留めていく。敵の攻撃は木で防ぐことができ、一方的に事は進行していく。そして無傷で飛行場の奪還に成功した。

飛行場の人達と会話を交す。Pabloという作業員によると、ここに空輸の荷物が届くようだ。傭兵の装備品は貧弱な為、ここらでもう少しマシなのを見繕う必要があるかもしれない。

AIMページのリンクからBobby Ray’sページへと飛び、通販内容をチェック。敵よりも有利に戦わせる為、アサルトライフルを持たせたいところだがなかなか高価で、先行き不安な今の財政状況では厳しい。ひとまず収入を確保するのが先決のようだ。

飛行場を敵に奪われないようにGraceにMilitia(民兵)育成を頼む。現在の状況なら5人でも問題はないだろう。というわけで残り4人でDrassenの街と鉱山の奪還を目指すとしよう。

コメント

  1. パブロにコーヒー代を渡しておかないと荷物が紛失する場合がありますよ。
    忙しくて日記を更新できていませんが、残り街3つまで進みました。
     
    キャラの使う武器は5.56×45弾使用のアサルトライフルで統一して、弾薬も一種類しか持たせないようにしています(一人だけスナイパーライフルを持たせてますが)。
    敵の落とした武器やアイテムは必要なもの以外はほったらかしにしてますね。
     
    重量は40~60%くらいに抑えとかないと移動が厳しくないですか?
    ジッパー付きのバックパックも重すぎるので、私は使っていません。
    攻略中は最低限の物だけ持って、あとはカンブリアかドラッセンに置いといて、一段落したら補給という風に進めています。

  2. おー、ちょい前にやって中断したまんまだ。
    パブロに賄賂しとかないと、ものパクられたりしなかったっけ?
    なんかただでさえ作りがこまいのに、武器増加でマジカオスになって
    重量制限+大型バックパック不足で思考停止した。

タイトルとURLをコピーしました