Call of Juarez: Bound in Blood – アウトローたちの決斗

この記事は約4分で読めます。

・Call of Juarez: Bound in Blood Demo

一部の西部劇ファンを唸らせたCall of Juarezの続編が登場。今回は前作の主人公Rayの青年期が描かれており、Rayとその弟のThomasの協力プレーが楽しめる。また、あまり出来が良いとは言い難かった銃撃戦にも改良が施されており、西部劇シューターとして期待できる内容となっている。

西部劇ファンにはたまらない

ステージ前にプレイキャラクター(Ray、Thomas)を選択できるが、体験版ではRayのみ。Rayは前作と同じ、直球勝負のガンマンだ。選ばなかった方のキャラクターはプレイヤーの援護に当たり、ゲーム進行をサポートする。

今作では二人の主人公の“絆”をテーマにしており、熱い友情もしくは裏切りが楽しめそうだ。前作は隠居ガンマンRayの復讐劇と半人前のBillyの成長劇がうまく絡み合い、胸をアツくするストーリー展開に仕上がっていただけに今作のシナリオにも期待が高まる。

トーマスがかっこよすぎて惚れる

今作のコンセントレーションモードは敵を六人倒す毎に発動が可能。コンセントレーションモードを発動すると画面がスローモーションになり、その間に敵にマークを付ける。するとスローモーション終了後、マークを付けた敵を自動的に攻撃してくれる。これをうまく活用すれば画面内の敵を一網打尽にすることも可能だ。

コンセントレーションモード時は自動的に二挺拳銃に装備しなおすので、ショットガンやライフルの銃撃後に続けて追い討ちをかけられて便利だ。このシステムのお陰で前作よりもスピーディーな銃撃戦が展開できるようになったし、二挺拳銃の存在意義も高めている。

このシリーズは拳銃よりもライフルが圧倒的に有利で、前作では後半に進むにつれて拳銃の存在価値が薄くなってしまった経緯がある。今作でもライフルの命中率は高く、強力な武器になっている。しかし、コンセントレーションモードが使い易く改良されたお陰で、ライフルでキルカウントを稼いだ後に、二挺拳銃で確実にシメるという芸当が可能になった。二挺拳銃はマカロニウエスタンのキーシンボルなだけに、しっかり活躍の場が与えられていて嬉しい。

二挺拳銃でバンバンだよ

また、ドアを蹴って突入した際(イベント)にもコンセントレーションモードが発動する。ただし、こちらのコンセントレーションモードは収束していく二つの照準を操作して、自分で銃撃しなければならない。前作をプレイした人にはお馴染みのシステムだ。

こっちのコンセントレーションモードは操作性を考慮して、今回は近距離戦のみだと思われる。パッドでプレイする場合、遠距離戦に対応できないと判断したのではないだろうか。非常に懸命な判断だ。

二挺拳銃唸らせろ

オブジェクトや壁際に移動すると、自動的にリーンをするようになっている。前作は棒立ち銃撃や大雑把な駆け引きが多かったのでリーンの導入は嬉しい。リーンが出来るお陰で物陰からの銃撃が容易かつ自然になり、駆け引き性もグッと高まった。「物陰にコソコソ隠れるなんて西部劇じゃねぇ!」、「棒立ち銃撃こそマカロニウエスタンの醍醐味!」と思う人はコンセントレーションモードを発動しながら、堂々と戦場に姿を出せばいいだろう。

ただし、リーンは自動的に発動するがゆえに、リーンしたくない場所でも勝手にリーンしてしまうのが残念だ。マルチプラットホーム作品なのでリーンのためにボタン数を増やすわけにはいかないのは理解できる。しかし、もう少し操作方法を煮詰めて欲しかったところ。

お馬さんを倒したら動物愛護団体に目を付けられるから止めておこうね

今作もデュエル(決闘)が用意されている。デュエルは見つめあった状態で始まり、鐘の合図でホルスターから銃を引き抜き、敵に一撃をお見舞いする。見つめあった状態では左右に移動が可能。

なぜ、移動ができるのかといえば、敵も左右に移動してフォーカスがズレてしまうから。敵が左端や右端に移動してしまうと被写界深度効果でピントがずれ、メガネメガネ状態になり、相手をきちんと捉えられなくなるのだ。相手を画面中央に捉えるようにしよう。

手に汗握る決闘。汗かきすぎてすべったりしない?

まとめ

銃撃戦は改良が加えられていて、純粋にシューティングを楽しめそうな内容に仕上がっている。西部劇の雰囲気は前作譲りでよく出来ていて、今にも硝煙の臭いが漂ってきそうなくらいリアリティがある。澄み切った青空や荒野の描写は開放感があり、清々しい気持ちになる。いまはレトロゲーがマイブームなので即購入はしないが、いずれ購入したい作品である。

コメント

  1. I fully agree with the author of the article! , achat cialis en france, =D, cialis prix pharmacie, >:D, order vicodin, 8-PP, acheter kamagra en ligne, 7840, achat tadalafil generique, 8-(,

  2. And I did not like the article, do not know why. , buy testosterone anadoil, :-O, buy premarin, >:-), buy cheap nolvadex, 1908, buy sildenafil citrate, :-D, buy tadalafil, >:OO,

  3. Tomas + Billy + Preyかもしれません^^;。
    オートエイムの項目はありましたね。私は自分で合わせたいのでOFFにしましたが。
    もうアンインストールしちゃったので、リーンのオプションがあったかは確認できません。

  4. Tomas + Billy = Tommy と予想
    自動的云々はリーンではなくオートエイムじゃありませんでした?

  5. Billyですね。修正しておきます。Tommyはどこからやってきたんだ。
    そういうオプションがありましたか?ちょっと確認していませんでした。
    リーンをキーに割り振れないのは確認したのですが。

  6. 前作に出てきた少年はTommyじゃなくてBillyだったような。
    あとリーンの自働⇔非自動はオプションで設定できませんでしたか?
    360では可能でしたが…

  7. 日本語版でDL販売、しかも古い作品というと、ZOO(DMM)さんくらいしかないですね。
    品揃えがよくありませんし、値段も高いですけど。
    日本語版のレトロゲーはパッケージじゃないと厳しいですね。
    駿河屋さんやコムショップなどの中古販売、廉価版、オークションが理想的ではないでしょうか。
    中古販売やオークションならワンコインで手に入る時もあります。

  8. こういったゲームのレビューは久しいですね、銃の光沢がたまらん!

    ところで、最近レトロゲー(洋もの)デビューをしたいと思っているんですが、私は英語が読めません
    日本語対応の洋ゲーをダウンロード販売しているサイトなんてありませんか…?

タイトルとURLをコピーしました