「 COOP 」一覧

Haze – お前も洗脳してやろうか(クリア)

「PCで出ていないゲームをCOOPしてみたいね」ということでZ.O.EさんとHazeで遊ぶ。クリアまでは6時間ほどかかった。噂に聞くとおり、可もなく不可もなくという感じでオーソドックスで無難な仕上がり。シングルなら途中で投げ出し、クリアしていなかっただろう。

主人公は傭兵組織の兵士であり、身体能力を向上させるネクターを使用しながら反乱軍の鎮圧を行っている。しかし、反乱軍を追っていくうちに政府や組織の思想、自分の行いに段々疑問を持ち始めるというストーリー。 傭兵組織の人間がいかにもアメリカンでマッチョ文化的に描かれていて、ノリにイマイチ付いて行きづらいのだが、そういう空気に馴染めない違和感が中盤からの寝返りに活かされている。 テーマはいわゆるディストピアもので使い古された題材ではあるものの、ゲーム中で主義主張がはっきりと分かりやすく提示され、最後まで皮肉をしっかり込めている。体制派、反体制派は表裏一体の存在であり、体制派の構造を破壊したからといってすべてがハッピーに解決するとは限らず、前轍を踏む可能性もあるという結末は評価したいところ。

そうしたメッセージを描くためにカットシーンがかなり多く、その上長いのだがCOOPでも飛ばすことができない為、ややイライラさせられる部分があった。ただし、チェックポイントは細かく区切られており、同じカットシーンを二度見ることもなく進められる点は良い。

まず主人公は傭兵部隊の一員(トルーパー)として戦うことになる。トルーパーの最大の特徴はネクターを使えること。ネクターを使用すると敵が光り輝いて位置が特定しやすくなり、移動速度が向上する。ネクターは6つ所持していて、使うと自動で補充されたり、仲間に分けてもらえる。ただし、一度にネクターを大量に使用して、ネクターゲージが上限に達すると異常が発生し、銃を勝手に乱射してしまう暴走状態と化す。他のトルーパー達も暴走状態になることがあり、暴走状態に陥ると仲間を攻撃し始める。

反乱軍に変わってからはネクターは使用できなくなり、ズーム機能やヘルスゲージの表示もなくなる。ダメージをくらうと画面が赤く染まるものの、ヘルスゲージの表示が無くなるとヘルス管理がやりづらくなる。ただし、反乱軍は瀕死になると死んだふりをすることができて、これで敵を欺ける。また、ネクターグレネードを作ることができて、これをトルーパーに使用すると暴走状態に変化させ、同士討ちを狙いやすくなる。同士討ちの要素はこれまでのFPSでもあったが、ここまでシステムに深く組み込んだものはなく、なおかつストーリーにもきちんと関連しており、このゲームの数少ない特徴になっている。

自動回復の速度は早いものの弾を数発くらうと瀕死、近距離でショットガンをくらうと即死し、無闇矢鱈に突っ込むと死にやすい。COOPでは相手を□ボタンで何度も蘇生でき、デスペナルティもないのでCOOPでの難易度は低めとなっている。しかしながら、私はPS3のパッドの操作に慣れておらず、序盤は照準合わせにもどかしさを感じる部分もあった。オプションに照準の大きさやボタンの変更、オートエイムの無効化などは用意されているものの、照準の感度が変更できないのはどうかと思う。デフォの早さは私にはゆっくりに感じられ、操作のもどかしさに拍車をかける結果になった。

武器はハンドガン、アサルトライフル、ショットガン、ロケラン、スナイパーライフル、火炎放射器でオーソドックスなものが揃っている。火炎放射器は射程距離が短いものの、一度敵を燃やせばほぼ死亡する為、かなり強力。その分、登場する機会が少ないのが残念なところだ。マウス操作では火炎放射器なんてネタ武器にしかならないが、操作に難のあるパッドではこういう武器にも存在価値があるのだと感じた。

上部に目的地の方角が表示されるが、高低差は示されない為、分かりづらいところが多い。ミスリードするようなところもあり、最近のゲームにしては不親切。

ロケーションの種類は多かったが、ゲームプレイ自体は代わり映えがなく、おまけにどこかでみたようなありきたりな古臭い展開ばかりで単調な感じが否めなかった。ただ、B級路線のありがちなパターンが好みな人は結構楽しめるのではないかと思う。元々900円程度で購入したし、致命的に悪いところもなく(特別良いところもなかったが)、悪くはないCOOPタイトルだった。


Terraria – tModで快適なテラリアライフを

・tMod

有志が作成したTerrariaのデディ鯖クライアント。公式でもデディ鯖に対応しているが、tModではさらに細かい設定が可能となっている。最大の違いはモンスターの湧きの設定が出来ることだ。

使い方

最新版(現在はver010)をダウンロードして、テキトーな場所に解凍。server.propertiesをテキストエディターで開き、サーバーの設定を行う。


giveEnabled=true
#{If set to true; /give will work.} 譲渡コマンドの有無

opPassword=123
# {Password to ‘login’ as an op and use op commands. CHANGE THIS!} 管理者パスワード

tpEnabled=true
#{If true, Teleportation will be enabled.} テレポートコマンドの有無

homeEnabled=true
#{If true, users will be able to set a home and teleport to their home.} ホームへのテレポートコマンドの有無

welcomeMessage=Welcome!
#{Welcome message displayed on login} サーバー参加時のメッセージ

maxPlayers=8
#{Max players allowed to connect to the server.} 最大参加人数

serverPassword=
#{Password to join the server; If blank there is no password.} サーバー参加のパスワード

whitelistEnabled=true
#{If true. User’s IPs have to be on this to join.} 参加できるIPの制限有無

worldName=world1
#{Name of world file in the location you extracted tMod to.} 読み込むマップ名

advertEnabled=true
#{If true; This displays an advert for tMod every once-in-a-while.} 画面にtMod使用サーバーであるメッセージを常に表示させる

pvp=false
#{If true, pvp is forced upon players.} 強制PvPの有無

spawnMonsters=true
#{If true, monsters will spawn.} モンスターの有無

maxSpawns=4
#{Max number of monsters to spawn at one time.} モンスターが一度に湧く量

spawnRate=700
#{Spawn rate of monsters; The lower the rate the more spawn.} モンスターの湧く時間(値が小さいほど早く湧く)

explosivesEnabled=false
#{If false, explosives will not work.} 爆弾の使用有無

serverPort=7777
#{Port server runs on.} サーバーのポート番号


設定が済んだらtModのフォルダにマップファイルを入れる。マップファイルはMyDocuments\My Games\Terraria\Worldsの中にある。遊びたいマップをworld1.wldにリネームして、tMod.exeを起動。あとはSteamからクライアントを起動して、Joinすれば良い。アドミンはIPのとこにlocalhostと入力すれば参加できる。

bans.txtにIPを入れるとそのIPは弾くことができ、whitelistをTrueにした場合はwhitelistに書いているIPしか参加できなくなる。

現在のTerrariaでは多人数でプレイした場合でもモンスターの強さや数が変わらない為、多ければ多いほど楽になってしまう。しかし、tModでmaxSpawnsやspawnRateを調整すればモンスターを好きな間隔で登場させることが可能になり、白熱した戦いを楽しめ、トレハンにも最適だ。tModは同期に少し問題があるらしいが、モンスターの量が少ないと感じている人は導入してみてはいかがだろう。


みんなでTerrariaやろうず!(6)

新マップ(スモール)、キャラはご自由に。

●チームは緑

チームは緑でいきましょう(インベントリを開いて、右の緑の盾をクリック)。
メンバーの体力や位置が分かるようになります。

●さんかほうほう
Multiplayer > Join > キャラクター選択 > 下のIPアドレスを打ち込む。
パスワードはなし。

●すたーと
2011年6月1日 21:00~25:00

お疲れさまでした。
ワガママに付き合って頂き、ありがとうございました。
ここ数日は本当に楽しくて、家に帰るのが楽しみで楽しみで仕方なかった。
ある程度遊びつくしたので、ここらへんで一旦キリをつけます。
アップデートがあった時にでも再びサーバーを建てようかなと思っています。
公式フォーラムでは敵勢力の拡大や天候変化のイベントなどが話されており、今後の発展に期待したいところです。
こんなにワクワクさせてくれるゲームは数年に一度ですね。
Minecraftのマルチもやってみたいところですが、あちらはアップデートが激しいので様子見している状態です。

次はHuntedで遊ぼうかな。


みんなでTerrariaやろうず!(5)

新マップ(スモール)、キャラはご自由に。

●チームは緑

チームは緑でいきましょう(インベントリを開いて、右の緑の盾をクリック)。
メンバーの体力や位置が分かるようになります。

●さんかほうほう
Multiplayer > Join > キャラクター選択 > 下のIPアドレスを打ち込む。
パスワードはなし。

●すたーと
2011年5月31日 21:00~27:00

アイテム争奪戦のために溶岩ステージを作ってもらってPVPをやってみましたが、駆け引き性が出て意外に面白かったですね。
先に脱落した人が上からみそぼんのごとく爆弾攻撃でプレッシャーをかけてきたのも良かった。アイデア次第で遊び方が広がります。


●ワイドスクリーン化してみる

・TerrariaWS ダウンロード

TerrariaWSで解像度を自由に変更できるようになる。
Zipを解凍してTerrariaWS.exeをC:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\terrariaに入れる。
TerrariaWS.exeを起動すると解像度を尋ねてくるので好きなのを指定。参考:画面解像度

Always use this resolutionにチェックをつけると以後尋ねてこなくなる。再度、解像度を変更したい場合はMy Documents\My Games\Terraria\TerrariaWS.Configをテキストエディターで開いて直接編集するか、もしくはTerrariaWS.Configを削除すれば再び尋ねてくるようになる。

HUDが左側に寄り、テキストとテキスト枠がズレて表示されるがそれ以外は問題ない。
解像度を変更することで狭い部屋から抜けだしたような開放的な気分でプレイできるが、ゲーム内容に影響を与えてしまうのでそのへんは各々で調整すべきだろう。


みんなでTerrariaやろうず!(4)

新マップ(スモール)、キャラはご自由に。

チームは気分を変えて緑でいきましょう(インベントリを開いて、右の緑の盾をクリック)。
メンバーの体力や位置が分かるようになります。

●さんかほうほう
Multiplayer > Join > キャラクター選択 > 下のIPアドレスを打ち込む。
パスワードはなし。

●すたーと
2011年5月30日 20:30~25:30

お疲れさまでした。
スケルトンと目玉のダブル湧きにはびっくりしましたね。


みんなでTerrariaやろうず!(3)

新マップ(スモール)、キャラはご自由に。

チームは赤でいきましょう(インベントリを開いて、右の赤い盾をクリック)。
メンバーの体力や位置が分かるようになります。

●さんかほうほう
Multiplayer > Join > キャラクター選択 > 下のIPアドレスを打ち込む。
パスワードはなし。

●すたーと
2011年5月29日 20:30~25:00


GRAWのCOOPで風穴開けンションプリーズ!(1)

青龍さん、SKYさん、Z.O.EさんとGRAWをCOOP。GRAWは私にCOOPの魅力を教えてくれた思い出深いFPSであり、再びプレイするのが楽しみであった。

今回も例によってZ.O.E指揮官がタクティカルマップを見ながら敵を索敵し、各々に命令を下して進んでいった。何度もプレイしただけあって、敵の配置や展開は大体覚えており、そのお陰でスムーズに進行。GRAWは嫌らしいところに敵が配置されており、先手を打たれてやられてしまう場合が非常に多い。初見では不注意でスナイパーに殺されることもしばしばだが、配置を覚えていればどうということはない。それにチャプター1は索敵してくれるDroneも居るので、敵を見逃すことは少ない。RPG(と思われる)の爆風によってZ.O.Eさんがお亡くなりになったのは残念だったが、そのまま三人で脱出用ヘリに到着。ヘリがポートになかなか降りてくれず、マキシマム空中浮遊状態を続けていて、「これはもしやリスタートフラグ・・・!?」と焦ったが、Droneを動かしていると降りてきてくれた。

チャプター2はガソリンスタンドを破壊したらすぐに裏路地へ隠れないといけないのだが、もたもたしていて戦車と遭遇。うまく戦車から逃げ延びられたものの残兵にやられ、やり直し。その後は四人生存したままで立体駐車場まで到達したが、駐車場内で私は戦車にやられてしまう。SKYさんが屋上から戦車に向かってZEUS(ロケットランチャー)を撃ちこみ、戦車を見事に破壊。私以外の三人は無事に脱出となった。

チャプター3は悪夢のVIP 2。最後の防衛戦はランダム性が強く、以前にプレイした時はここで何度も何度もやり直すことになり、記憶に強く残っている。GRAWの中で最凶のミッションと言っても過言ではない。道中には固定銃座がいくつも配置されているが、タクティカルマップと記憶を駆使して先手を打ち、切り抜けていく。しかし、大使館手前で私は残兵にやられ、三人でVIPを救出することになった。大使館で防衛するも鬼畜戦車に撃ち込まれて、ゲームオーバー。

今度は四人で大使館に到着し、SKYさんとZ.O.Eさんが二階、青龍さんと私が一階を担当することになった。Z.O.Eさんの的確な指示によってアパッチの支援攻撃が見事に決まり、戦車や装甲車を一網打尽。その後は残兵を慎重に潰しながらVIPをヘリに乗せ、四人で脱出に成功した。予想ではもっと苦労するはずだったが、二回目でサクっとクリアできたのは驚きだった。しかしながら、あまりにもスムーズに行きすぎて、以前のようなカタルシスは味わえなかった。何度もプレイしているので昔のような新鮮味はないし、あの時のカタルシスや驚きを再び味わうのは難しいのだろう。

まだ時間があったのでチャプター4のStrong Pointに進む。ここは中途半端に暗く、視界が悪い。ナイトビジョンは明るすぎて見えづらいし、タクティカルマップは暗すぎて見にくい。おまけに街並みがごちゃごちゃしていて、思わぬところに敵が潜んでいたりする。慎重に進んでいったものの、固定銃座やスナイパーの餌食となり、ゲームオーバーとなった。次はここからやり直しだ。

GRAWは仲間との連携が非常に重要なゲームであり、ボイスチャットを使いながら協力しあい、嫌らしい敵や難関を突破していくのがとても楽しい。ボイスチャット仲間が居るなら、オススメのCOOPタイトルだ。逆に、キャンペーンCOOPは連携が必須な為、野良やテキストチャットでは厳しいだろう。