幽霊ステーションをプレイしましたわ

フリーゲームの幽霊ステーションをプレイ。淡い水彩画によるアニメーションが美しい。色彩豊かながらゾクゾクする雰囲気作りがうまいホラーADVです。

怪談ものになると思われるのだけれど(クトゥルーもの?)、アートスタイルがバンド・デシネ的というか、東洋のものぽい異国情緒さがあるのでそこが魅力なんだと思います、自分の中では。やっぱりねぇ、Jホラーとか怪談っていうと日本だと型にハマってしまう部分がある。またこれかぁって部分があったりする。でも海外の人らが作るとちょっと違ったものになる。それが新鮮で「うん、おいしい!」


DEVILMAN crybabyの牧村美樹は平和ボケの象徴

NetflixでDEVILMAN crybabyを見ました。BLAME!の劇場公開と同時にネット配信の時も便利だなと感心したけど、新作のアニメがいつでも好きな時に全話見れるのはすごい。毎週一話ずつ放送して、みんなでワイワイ言いながらワンクール楽しむのもそれはそれでアリなんだけど、空いた時間にパッと見れるのは今の時代に適した形だと思う。

DEVILMAN crybabyは漫画版デビルマンを基本的にはなぞりながらも現代的なアレンジを加え、湯浅政明監督ならではのデフォルメの効いたスタイルで描かれている。個人的に湯浅監督のアニメは質は高いと思うものの、好きか嫌いかで言えばあまり好きではない方。あとデビルマンはアニメ版のデビルマンレディーの雰囲気が一番好みである。

DEVILMAN crybabyの一話のサイケデリックでアダルト(ネット配信だからか恥部や性交が普通に描かれている)な演出に引き込まれたものの、二話以降は少しトーンダウンして、やっぱり合わないかなと思いつつ、もうちょっと見てみるかと思ったら中盤以降はまた引き込まれて、一気に見てしまった。

登場人物の設定は結構いじられているが若者にも受け入れやすいように変えられており、概ね良好なアレンジだと感じた。特に原作ではそこまで大きな役ではなかったミーコがDEVILMAN crybabyでは大きな役割を担っており、とても人間臭く、感情移入しやすいキャラになっている。今作から加わった陸上競技、想いのバトンリレーもミーコを軸にして回っており、その一連の流れは私の涙腺を破壊していった。

ただ、一点、腑に落ちない変更点があった。ヒロインである牧村美樹が原作と様変わりしており、こいつはまるでサイコパスだなと感じて、最後まで彼女に情を持つことができなかった。今作の彼女ときたらまるで聖母のような存在で汚らしい部分がまるでない。他の人間やデーモンが本性丸出しで争いを繰り広げているからこそ、彼女の異常性はより際立っている。なぜこんな現実味のないキャラにしたのだろうと見終わってから思ったのだが少し考えると実際、こういう人間は居て、なるほどなぁと納得がいった。

牧村美樹は極度の平和ボケなのだ。争いごとも言葉で解決できると思っている。目の前でナイフを握った人間がいても、拳銃を握った人間がいても、ミサイルが飛んできてもラブアンドピースできると思っているのだ。いや、実際は飛んできたら結局は逃げ惑ったけれど。

デビルマンの明が魔女狩りを一時的に止めさせられたのは明がデーモンだからである。強大な力、抑止力を持っていたからだ。いじめられっ子や弱者がいくら仲良し小好しを叫んだところでどうしようもなく、もし人間状態の明が「人間同士で戦うのは止めよう」と言っても石を投げられ、魔女狩りされておしまいだろう。強い力を持ったガキ大将のような存在、すなわちデビルマンだったから事態を収拾できただけなのだ。

そう考えると牧村美樹の現実を見ていない気持ちの悪いキャラクター設定はうまーくバランス取りする為だったのだなと合点が行く。ただ、全話10話はやっぱり詰め込みすぎかなという印象も否定はできず、あと数話あればよりキャラクターを深く描けたのかなという感じもする。短いから一気見するのには向いているのだが。


開幕デスクリムゾン安定

・デジタルゲームの中古販売を可能にするPC向けプラットフォーム「Robot Cache」登場。売れば売るほど開発者に利益が生じる

これは面白い試み。いらなくなったゲームは売ればいいし、手数料が低いから開発者にとっても条件が良い。ただ、プラットフォーム側の利益が少なすぎでこれで回せるのか。あとプラットフォーム乱立し杉、Steamに一本化してくれ勢のUNKさんとしてはあんまり分散させたくないってのもありますかね。


シロちゃんの動画は為になるなぁ。発音が本場過ぎて身が震える。さすが帰国子女。どのゲームもほんと楽しそうにやってて、企画物でもあんまりやらされている感を感じさせないのがすごい。

めっちゃシュール。浮遊感が気持ち良い。もうこれ以上すると気持ちよくなっちゃう。もういいよ、やばいやばい。

「あー恐ろし…」「おまえが一番おそろしいわ」で草。発言が恐ろしすぎる。海外勢は浜田黒塗りを批判してる場合ちゃうで。


いつ見ても天才

普通のYouTuberみたいなタイトルすき。新車こうて嬉しかったんやろなぁ…。もう壊すのはやめてくれぇ? 「自転車を壊されました」って悲しいタイトルの動画は見たくないで。

カイカイなところありませんか→ファサ→パンテーン(セクシーボイス)、ほんとすき。問題のワードに絡めながら突発コントするのほんとすごいと思う。

テンションクソ高くて、いつもとは違った面白さがありますねぇ、クォレハ…。毎日投稿は視聴ささん的にはありがたいけど休みの日を入れてもいいんじゃないかなぁ。

スタッフに向かって普通に「これむずかしいっす」って言ってるのすき。台本でガチガチに縛るより、中の人の自由にやらせた方がいいんじゃないですかね。

中の人:三上枝織、モデリング:デジタルフロンティア、衣装デザイン:AKB48グループ衣装総責任者、スーパーバイザー:ガキ使 高須光聖。そうそうたるメンバーでこの滑り具合が逆にクセになるのでこのまま滑り倒した方が個性があってええかもしれんけど。こんだけ金かけてる風なのにクソザコマイクなのほんとすき。


今回は良い

一話目はパロディしただけでそれぞれのオチがあんまり面白くなかったので「う~ん」という感じだったんだけど、今回はパロも入れつつ、オチも一捻りあって見直しました。一話はなにかが足りない。おふざけが足りない。パロディしたらウケるだろっていうのは甘えで、そこから視聴ささんを裏切るようなオチを用意してこそ、本当の「おふざけ」だと私は言いたい。

今回は全力でクソアニメを作るという本気が伝わってきたし、熱意を感じました、自分の中では。まぁーこのノリに慣れてしまったからかもしれんけど。一回目はすごく長く感じるんだけど二回目は一瞬で「もう一回見よ」ってなるからすごい。OPも一昔前のトランスポップソングぽい感じで良いっすね。上坂すみれさんは変なアニメの変な歌ばっか歌ってるけど今回はハマリ役じゃないかなぁ。

年賀状回、いつ見ても笑えるからすごい。早く復活してほしいですね、ホンマ。


はえー

今回はるろーる剣心方式でどこまで行けるか頑張ってみました。わりと順調に金になってるのでもしかしたら元が取れるかもしれません。あるいはこれからゴミアイテムばっかり出るか、どっちかです。

今年も良い出来なので80点とさせて頂きまスゥゥゥ。初見で「は?」と思った外耳も二回、三回見れば「はえー」となるので試してみてください。

ソナチネすこ。シロちゃんはどのゲームもほんと楽しそうにプレイしててすごいなぁと思うなぁ。UNKさんもね、見習ってイキたい。ただ、PUBGやると緊張感で心不全気味になって話す余裕が無いんですよね。DayZは死んでもアイテム取られるだけで復活するからここまで緊張感無かったんだけど、バトルロイヤル系は死んだら終わりなので緊張感がマッハ。今までのマルチで一番緊張する。

あん肝単体でも普通にイケますねぇ! こういう感じもアリだなぁ。

岩間だからセーフだけど手押し車を原状回復できないくらい破壊するのはさすがにアウトなんだよなぁ…。雪が降ったら庭に雪だるま作ったり、セメントでセメントだるま作るくらいにしとこう。


どっかに隠れて待ってたみたいに

PUBG楽しい…楽しい…ニチニチニチ(謎の音) ということで今回は少し糖質気味にアグレッシブに進んでみました。I氏の音声もフル活用させて頂きました。後半は考えたらずでしたね。何事も経験というか、少しずつ前進していきたい。ただ、PUBG中は心臓への負担が尋常ではないのでそろそろ心不全で死ぬか、死なないか、あるいはどっちかです。

泣ける生放送。この新人感というか素人感が良いんやろなぁ。リアルアイマスだな隊長?

シロちゃんの生放送は為になるなぁ。中のイルカが司会業なんかもやられてるのもあって、安定感がありますねぇ! 注意喚起もキャラクターをうまく使いながらトゲが無いようにやってるし、場馴れしてるなぁと思います。中のイルカが元々ポテンシャル高いというのもあるんですけどスタッフがわりと自由とやらせてる感じなのでそのへんのさじ加減がうまくいったんかなぁ。毎日更新はいいけど中のイルカへの負担が大きすぎないかという懸念もあります。

火花飛び散ってるんですが大丈夫なんですかね…。いつか誤って隣の家に突っ込みそう。