Demon’s Souls – ドラゴンは愛でるもの(18)

この記事は約2分で読めます。

続いてストーンファング坑道へ向かう。神殿の中へ入ると奥からドラゴンが姿を現した。ドラゴンはこちらを見るなり、腕を伸ばすが、幸いここまでは届きそうにない。私は弓を構えて、ドラゴンへ矢を放ったが、硬い鱗に見事に弾かれてしまった。これではダメージを与えられそうにない。

何か良い方法はないだろうか。周囲を見渡すと、奥の方に魔法じかけのバリスタが備え付けられているのを発見。どうしてこんなところに配置されているのか甚だ疑問だが、外敵からの侵入を防ぐために用意したのだと勝手に解釈しておくとしよう。あの極太の矢ならばドラゴンに致命傷を与えることができるのではないか。やってみるしかない。他に手がないのだから。

回廊を通り、バリスタへ向かう。回廊はところどころ崩壊しており、瓦礫に道を阻まれる。瓦礫を排除しつつ、進むしかなさそうだ。ドラゴンがその行動に気付き、こちらに向かって炎を吐きかけた。慌てて柱の後ろへと隠れたが、炎の熱気が凄まじく、息が苦しい。ここは魔法に頼るしかない。炎に耐える者の指輪を装着し、体が魔法の力に包まれる。もし炎が直撃することがあっても、これが身を守ってくれるはずだ。

といっても、なるべく見つからない方が望ましい。ドラゴンがそっぽを向いている時を見計らい、柱から柱へと移動する。幸運なことにドラゴンは私を見失っているようだ。そして、ついにバリスタの元に到着。早速、作動させる。無事に動いてくれるといいのだが。

願い通り、バリスタは正常に動作し、ドラゴンへ極太の矢を放つ。その一撃でドラゴンは致命傷を負い、倒れこんだ。すでにドラゴンは虫の息。止めをさすなら今しかない。階段を下っていき、ドラゴンへ近付く。ドラゴンは息絶え絶えという状況だが、迂闊に接近したら何をされるか分からない。そこでボウガンを装備し、ドラゴンの口に向かってボルトを放つ。数発命中したところでドラゴンは強大なソウルを残して消滅した。

残すはボーレタリア王城のみ。いよいよ旅の終わりが見えてきた。この呪縛から解放されるのも間近だ。

ここはイベント戦ですね。一番楽に倒せるデーモンだと思います。こんなことならもっと早くここを攻略すべきでした。残りはボーレタリア王城の2ステージのみ。楽しい時間は過ぎ去るのも早い(ノω・、)

コメント

  1. ドラゴンの炎を避けつつ、ボウガンや弓で応戦するような熱いボス戦キター!と喜んだのですが、イベント戦なのが残念でした。
    ドラゴンバスターしたかったです。

  2. Demon’s Soulで一番名前負けしてる竜の神さんですね・・・
    攻略時、古代兵器が強すぎて悲しくなったのは覚えてますww

    最後、仕留める時はドラゴンk(ry・・・竜骨砕きワンパンで
    脳筋仕様を後悔しましたね・・・

タイトルとURLをコピーしました