終わりなき夏 永遠なる音律 体験版 – 触れられたくない過去

・終わりなき夏 永遠なる音律 体験版

ファイアージュブランドの二作目。 今回はクラシックを題材にしたシリアス系のシナリオとなっている。ヒロインはそれぞれ問題を抱えており、その心の闇を取り除いていく展開になっていきそうだ。ファイアージュブランドなので泣きゲー要素はあるかもしれないが、君望的な鬱展開はなさそうな印象。

ファイアージュ第2弾タイトル『終わりなき夏 永遠なる音律』を応援中です!

キャラが大変かわいい。特に澪ちんのクリクリッとした瞳に吸い込まれそうだ。個人的にアージュの作品のデザインは好みではないのだが、今回は一目見て惚れた。キャラデザインは日向恭介氏。

口パク、目パチに留まらず、拡大縮小やレイヤの移動が多彩で立ち絵がグリグリと動くのが印象的だ。差分アニメ画像の量は別に多くないのだが、それをプログラム側でうまく演出している。

それにより画面にアニメのような躍動感が生まれ、退屈させない。これが電子紙芝居的リミテッドアニメーションの真髄なのか。一方、プログラムを書く方はスクリプト管理が大変そうだが。

oe0907191

作品テーマはクラシック。こういう題材はその方面に詳しくなければ途端に安っぽい話になりかねない。たとえば、恋愛専門のライターに銃撃戦を書けといってもトンチンカンなことにしかならないだろう。まゆたんみたいなことになるのは目に見えている。

ゆえにライターにクラシックの知識があるのか、またどこまで踏み込むかが重要になってくるだろう。体験版では祭りの演奏シーンがバッサリ端折られていたので、あまり深い部分までは踏み込んでこなさそうな気がする。「けいおん!とか、のだめなんとかが人気だし、あんま音楽のことわかんねーけど、題材は音楽ものにしてみるか」的な考えなら、そのほうが無難だと思う。

体験版で律子先輩のエピソードが完結しているが、まだこの時点で残り二人のヒロインが登場していない。彼女たちがどういうキャラで、どのようにストーリーに絡んでくるのかが気になるところだ。ギャラリーを見てみるとサブ扱いではないようだが…。

まとめ

泣き、燃え、萌えの要素がバランスよく散りばめられており、体験版の印象は良好。ファイアージュは娯楽性の高い中規模な作品をブランドの方向性として掲げているので、個人的に手を出しやすい(重厚長大な作品は疲れるし、鬱ゲーは本当に鬱になりそうになる)。購入候補に入れておこうと思う。

oe0907192

スポンサーリンク




シェアする

『終わりなき夏 永遠なる音律 体験版 – 触れられたくない過去』へのコメント

  1. 名前:UnKnown 投稿日:2009/07/19(日) 23:47:29 ID:5a38a2e9d

    肢体を洗うはフェティズムや背徳感のことをよく理解している作品でしたね。
    私が好きな作品です。オチがわかりやすくて、途中で読めてしまうのがちょっと残念でしたけど。

    もともと鬱ゲーは好きなんですけど、プレイ後に精神的なダメージを負うため、遊ぶのはなるべく自重するようにしています。

  2. 名前:uni 投稿日:2009/07/19(日) 13:15:30 ID:00099ce15

    シンプルに達成感が得られるのは、「MANHUNT」ですね。
    鬱ゲーは「KANE&LYNCH」と「Chaser」ですかね。
    主人公の苦労が水の泡と化すBADENDはあまり見たくないですね。

    逆にエロゲーでだと「肢体を洗う」ですかね、あれはBADENDの方も良く出来ていると思います。

    まぁ・・・自分が一番好きなのがほのぼのとした萌えなんですけどね。