X-COM Enforcer – エイリアン無双(1)

この記事は約3分で読めます。

X-COMシリーズの世界観を下敷きにしたTPS。プレイヤーは人型ロボットのエンフォーサーとなり、地球を侵略にきたエイリアンを殲滅していく。

X-COMシリーズはリアル系のバランスのストラテジーゲームで、弾が一発でも命中すれば即死亡。味方兵士がぼろぼろ死んでいくのが特徴だったが、今回の主人公であるエンフォーサーは頑丈な上に強力。これまで散々やられてきた憂さ晴らしとばかりに、エイリアンを無双できるのだ。もっと早く、こんなロボットがX-COMに登場していれば、地獄のような戦いもせずにすんだことだろう。

古典的なステージクリア型アクションTPSとなっており、ゲーム展開は非常にハイスピード。DoomやQuakeをTPSにしたような操作感覚で、移動に疾走感があり、マップを走り回っているだけで気持ち良い。

ミッションの目的は転送装置の破壊、人質の救出、人質の防衛など。転送装置を破壊しない限り、エイリアンは延々と湧いてくる。序盤はマップが狭く、敵の数も少ないが、ステージを進めていくにつれてマップは広くなり、敵の数も増加していく。大量のエイリアンを相手にした無双プレイを楽しめるようになっている。



武器はプレイヤーの周囲にリスポーンするようになっており、一度に一つの武器しか持てない。敵や状況に応じて武器を使い分けることができないのは問題だろう。武器の種類が多く、敵が延々と湧いてくる状況があるので、こういう仕様にしたのかもしれないが、好きな時に武器の切り替えができないのは不便。移動していたら勝手にリスポーンした武器を拾ってしまうのも厄介だ。いくらでも武器が拾えるのでトリガーハッピーに撃てる利点はあるのだが、そのせいでやや大味な感も否めない。

武器やアイテムの種類は幅広く用意されており、ステージが終わる毎に強化が行える。強化にはエイリアンを倒した時に入手できるデータポイントが必要。強化には多くのデータポイントが必要になるため、どれから強化しようか迷う。自分の苦手な面を強化で補うのがいいかもしれない。

マップ内に隠されているアンリサーチオブジェクトを発見することで、新たなアイテムが増えていく。ただ、一度クリアしたステージはやり直すことができないのが不満。取りのがしてクリアしてしまったらどうしようもない。

また、マップ内にはボーナスオブジェクトが隠されており、これを全部見つけることでボーナスレベルへ行くことができる。このボーナスレベルではデータポイントががっぽがっぽ稼げるので、必ずボーナスオブジェクトを探すようにしたい。

「どうせX-COMのネームバリューだけ借りた、出来の悪いアクションゲームだろう」とまったく期待していなかったのだが、意外によく出来ていて楽しめている。ターン性のストラテジーとは別物と考えれば、悪くないゲームだ。一つ一つのステージが短く、サクっと遊べるのも良い。

古典的なハイスピードアクションTPS、UT2004(Invasion)やAlien Shooterのような無双プレイ、シークレット探しが好きな人は楽しめるのではないだろうか。X-COM: Complete Packを買ったままツンデる人は一度遊んでみてはいかがだろう。5ステージ辺りからエイリアン無双が楽しくなってくるはず。

全部で30ステージということで、もう少しでクリアできそう。もっともっとプレイしていたいなぁ。

コメント

  1. 報告どもです。日本のゲーム情報はチェックしていないので助かりました。
    いとうかなこさんの新曲が気になりますねー。

  2. 全然記事に関係ないコメントで申し訳ないですが…

    先日記事にしていた「Steins;Gate」がPCに移植決定らしいです。
    発売日は7/30だとか。
    現時点判明している追加要素は新規CG・歌。ムービーのみで
    追加シナリオとかはないみたいです。

    それでは失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました