Call of the Wild: The Angler – フレンドと雑談しながらなら悪くない(1)

この記事は約2分で読めます。

Call of the Wildシリーズの新作。前作は狩猟がテーマだったが今回は釣り。前作は景観が美しく、「この風景で釣りできたらなぁ……」と話していたものだった。それがまさかの実現。そういう意見が結構あったんでしょうか。

前作のハンターと同じく、雰囲気は良い

Steamのレビューでは賛否両論。否定意見も概ね賛同できる内容が多い。どのへんのリアルまで求めていて、どこまで許容できるかによる。

カジュアルにフレンドと駄弁りながらまったり遊ぶならそれほど悪くないという印象。ウマ娘の育成や今後の期待ゲームを話しながらプレイしていたら時間があっという間に過ぎた。むしろ、湖や川釣りってこういうもんじゃないか?

個人的な要望としては……
・アワセが安っぽい。今だ!という文字に合わせて右クリック。水面がジャバジャバしたり、鈴が鳴っている時に右クリックしてもアワセられない
・水面の描写。環境マッピングや水面の解像度が粗い
・個別でサーバーを立てる機能がなく、フレンドと集まりにくい
・フレンドとのコンペ機能(時間内に何匹釣れるかなど)が欲しい。前作のハンターには存在する
・水中カメラやズーム機能
・ファイト(アワセた魚とのやりとり)が大味

アワセた後はラインテンション(右下の円形ゲージ)が振り切れないように管理。エラ洗いしてもバラシは無さそうなのでガシガシに振っても問題ない
とりあえず高いやつを買っておけば問題ない

コメント

タイトルとURLをコピーしました