ひとまず底を打ったかもしれない

この記事は約2分で読めます。

1/30は全面的に上昇。特に決算で予想を越えられず、叩き売られた高per銘柄が大きく戻す展開となった。売られすぎによる買い戻しのようにも見えるし、景気よく上がったと見せかけてさらに二番底を狙う為の騙し上げのようにも見える。

イケイケの昨年であれば超短期目線で出入りしていたかもしれない。年末からの攻勢を見て、さすがにここで飛び込む気にはならない。しかし、こういう時に飛び込む人が錬金術するんでしょうね。

今年は業績の良いところや利益率の高いところにポジションを置いておく方針を守っていきたい。変にスケベ心を出すとヤケドするからね。あー怖、怖い怖い。昨年は2月第三週から4月まで崩れ続けた。高per銘柄は一旦好転したとしても2月、3月でさらに大きく崩れるんじゃね?という疑いが強い。

テクニカル的に見るとMSFTはMACD好転、パラボリック指数上昇トレンド。他のハイテク銘柄に比べるとやや戻しが弱い。

AAPLも好転。月初から下落した分を一気に戻す勢い。大きな上昇が期待できる動きを見せている。昨年の中盤は冴えない動きをしていて、ポジションを一旦外したのだが長期的に持っておくべき銘柄だったと思う。

決算が迫ったGOOG。ここも他の好業績につられて好転。業績が良ければさらに吹く準備が整っているし、多少ミスっても軽症で済みそうな地合いにも感じる。ひさびさに強いところを見せてほしい(神頼み)

コメント

タイトルとURLをコピーしました