2012年を振り返ろう

というわけで今年の総括です。時間がなくてやりこめていないものの、興味のあるゲームには大体触れた。やはり今年はDayZの存在が大きかった。自分に変化を与えたという意味ではRocksmithか。2012年秋アニメはヨルムンガンドリトバスガルパンサムゲ荘マギジョジョ中二病絶園コードブレイカー神世界SAOロボティクスノーツトータルイクリプスサイコパスとなかいおにあいBTOOOM!神様はじめましたてーきゅう、をチェックしているがヨルムンガンドを一番楽しみにしている。

ヨルムンガンドは1クール目は伏線張りの意味合いが強かったが、2クール目に入って一気に物語が集約されていき、目が離せなくなった。ココ役の伊藤静さんにヨナ役の田村少年、ココ小隊の面々から脇役に至るまで文句なしのキャスト、それぞれのキャラクターの背景をしっかり時間をかけて描いていることでメンバー一人一人に感情移入ができ、オペレーションアンダーシャフト戦は涙無しには見れない。説教臭くなりそうな部分もあるのだが乾いた作風ゆえに説教臭さを強く感じさせず、どちらかといえば視聴者に疑問を問いかけるような作りで線引が上手い。ただし、近距離戦はアニメ制作会社が不慣れなせいか、違和感のあるシーンが多い。オーケストラとヨナ、トージョとSR班の撃ちあいはいずれも素人が見ても酷い出来。オペレーションアンダーシャフト戦もおそらく原作では一コマで説明しているシーンなのだろうが、アニメではそうはいかず、銃撃戦の間に空白の時間が生まれているのが惜しい。それ以外は文句のつけようがなく、原作を読んでいない私はオチが楽しみでR。

アニメオリジナル作品としてはサイコパスに期待か。虚淵さんがホンを書いているので仕方なく見ていたのだが11話でようやく動き出した(遅すぎる!)。意図的なようにも思えるが端々の設定のいい加減さが気になるところではあるが、これからどう転んでいくのかストーリー展開が楽しみである。ここから虚淵さんの真骨頂が見れると期待して2クールも視聴決定。

【MMORPG賞】【RPG賞】 – DayZ

MMORPGがシングルRPG化し、他人がただのNPC化していく中、今一度MMORPGとはなんなのかを考えさせられる。我々はMMORPGに何を求めているのだろう?生身の人間による騙し合いや協力の面白さ、人間性を浮き彫りにさせるゲームデザインは古くからあったものの現在は淘汰されてしまっている。余計なコミュニケーションをしなくてもロールプレイを楽しめる舞台設計とゲームデザインの秀逸さ、泥臭いゲームプレイは斬新に感じられ、本作の個性になっている。

dayz1206063

【オープンワールド賞】【改善賞】 – Far Cry 3

前作の問題点と真摯に向き合い、きっちり改善し、初代への敬意も感じられる。高水準なアサルト&ステルスプレイをオープンワールドで実現したところを評価。重箱の隅や作りこみの甘さは次作の課題か。わざとらしいQTEの乱用にも工夫が必要。

fc31211298

【改善が必要で賞】【翻訳賞】 – Borderlands 2

前作の致命的な問題点を何も改善していない。元々が悪いゲームではないものの、前作の問題点を続編で解決できていればさらに良い仕上がりになっただろう。前作を楽しめなかった人は今作も楽しめない点は大きく減点。日本語訳並びに声優のチョイス(一部ミスキャストはあるものの)は2012年の洋ゲーローカライズの中でピカ一といえる。

【映画的なゲーム賞】【ロマン主義賞】 – Thirty Flights of Loving

演出ゲーをやらせたいのか、シューターをやらせたいのか、方向性がブレブレで何を得られない中途半端なFPSが多い中、主観視点での映画的な体験を突き詰めた本作。物語は普遍的なものを題材にしており、プレイヤーの心に何かを訴えかける。次作にも期待。

tfol201211251

【音ゲー賞】【シミュレーター賞】【UBISOFTで賞】 – Rocksmith

今までおもちゃのギターを使ったゲームはあったが、本物のギターでゲームを遊べるという現実とゲームの垣根を壊したリアリティ志向な点が魅力的。ゲーム感覚でギターに触れることができ、音楽や楽器に対するハードルを下げ、ギターを始める良いきっかけを作った。一作目ということもあって、かゆい所に手が届かない部分もあり、続編に期待したい。

rs1212113

【物語賞】【選択肢賞】 – Spec Ops: The Line

ありそうで意外に数えるほどしかない反戦ゲーム。戦争の不毛さをプレイヤーに考えさせる示唆に富む物語が光る。マルチエンディングなもののゲームにおける選択肢の問題点は解決できておらず、旧来のゲームと変わらないが物語が優れている為、選択の重みを実感させる。クリア後の何とも言えない読後感は本作特有のもの。選択によって全体の流れを変えることができたり、物語と相違のある大量虐殺シューターなところに一工夫を加えていればさらに高評価を得られたはず。ゲーム部分が物語の足を引っ張っており、没個性から抜け出せていない。

sotl1211234

【RMT賞】【不毛賞】 – Diablo 3

開発メンバーを一新し、ゲームデザインにも大きな変更が訪れたがトレハンゲームの中ではアクション性やサウンドや挙動といった基礎的な部分の作り込みはダントツの仕上がり。RMTを導入し、射幸性を煽り、遊びの範疇に過ぎなかったトレハンを仕事の領域にまで引き上げた点は賛否が分かれる。アップデートによって今までのアイテムが無価値化していく不毛さを如実に実感させた。一方、開発メンバーが一新されたとはいえ、お手本となる前作が存在するにも関わらず、前作の初期における問題点を依然として引きずっているのは情けなく、構造自体に疑問が残る。

d31207233

スポンサーリンク




シェアする