あーサイコ

ZOEさんとブラザーズやりました。今回は録画と編集をZOEさんに任せています。長尺なのでかなりメンドーやけど頑張って下さいだで。

今日は爆撃に襲われた回。引きこもりすぎなのでもう少しアグレッシブに攻めた方がいいかもしれませんね。

あーサイコサイコ。演技っぽいところもあるけどサイコ本質ぽいところも見え隠れして良いカンジダで。


PUBGこうた

猫っぽいキャラクターを意識した二戦目です。ライフルをまだ撃ち慣れていないので距離感が分からん、分からんわ。結構落ちたり、バラけたりするのかな。


最近、無料のFortnite:BRをやっていて、サバイバル系も久しぶりにやると面白いなぁという感じでPUBGも正式にリリースされたし、そろそろやろうかなと思いました。本来なら魔法少女FPSをリリースして、頑張ったご褒美にPUBGこうたっていう流れにしたかったのですが残念ながらああいう形に終わってしまい、でもPUBGやりたかったので一本だけ買っちゃいましたわ、アッアッアッアッアッ。

今回はテストがてら動画を撮影しつつ、軽くプレイしてみるという形で。アビスオデッセイみたいにSさんの音声入れようかと思ったんですがI氏の方が方向性があってる気がしたので今回はI氏音声を入れてみました。次からはもっとガッツリ入れていきたい。I氏語録だけで実況もいいかもしれません。カッチャンは使いづらいかなぁ。

Fortniteはスポーツ系のノリに近くて一発で勝負が決まらないエイミング勝負の部分が強く、アイテム運で大きく左右されてしまい、それプラスで建築の要素があって変化球的な部分もあり、あまり良い成績を上げることができませんでした。PUBGは少しリアル寄りであまり複雑な要素はなく、一発で決まることもあるので自分的にはこっちの方があってるかなという感じですかね。まぁどっちも差別化できていると思います。

ただ、ジリジリとしたサバイバル感が面白くて、ついやっちゃうので自制もちゃんとしないとダメかなと思いますね、自分の中では。


魔法少女FPSを公開しよう…

夏辺りから自律神経が時間になって、体調も悪くて、放心状態で、いつ死んでおかしくない地獄のような日々が続いていて。でも最近はインナーチャイルドが安定し始めて、やる気も少し出てきました。今年中になにか出したいなと思って、この一週間頑張って魔法少女FPSを作っていたんです。

まぁ残念ながら悔いの残る結果というか、UNKさんらしい結果で、こういう悲しい結果で2017年も終わり…ですね。今回はそういう感じの動画です。本当は自作ゲーム作りました。デモみたいな内容だけど遊んでみてね、っていうのがやりたかったんですけど。


自分のプリウスまで破壊していくのか…(困惑) オウム怖いなぁ…。


悔い改めて

かわいいですね、これはかわいい。公共放送に1200円払いたくないけどそらちゃんになら普通に1200円払いたい。大人向けNHK教育。ただ、生放送でイキスギたセクハラコメントというのかなぁ、どれだけ気持ち悪いことを言えるか選手権みたいにエスカレートしちゃってる部分があるのでそらとものみんなは自分を律して欲しいと思いますね、自分の中では。かわいくて若い助詞に露出狂みたいなことをしたいのも分かるけどもー、抑えることも大事やで。5万投げた程度で赤子面したらダメだで。5億投げて赤子面しろ。

女性審査員の言葉使いが汚すぎて草生える。他のVtuberがかわいいモデルが多いのでたまにはこういうモデルでもいいというか、日本政府主導でやる少しズレた企画みたいな感じがいいと思う。

シロちゃんの動画はためになるなぁ。この企画は古い動画の再生数アップにも繋がるし、視聴者参加感もあっていいですね。スタッフがやっぱり優秀だと思います。


マッマァッー

・小学校プログラミング教育はゲームクリエイターを生む原動力となるか。CA Tech Kidsが語る,PG教育は理念ではなく“武器”にすべきという話

プログラミング教育の実態を知れる面白いインタビューですねクォレハ…。国語の点数が良くても小説を書けるとは限らないし、音楽の点数が高くても作曲できるとは限らないけど、プログラミングができればゲームは作れるわけで、目的が明確なのがプログラミング教育の魅力ですかね。

システムを作ったら次はグラフィックが必要でCGソフトを触るかもしれないし、次に曲や音が必要になってDAWをいじるようになるかもしれないし、プログラミングのレベルが上がればいずれ三角関数とも向き合わなければいけなくなるので数学にも興味を持てるようになると思うんですよね。プログラミングを5教科に付随させるよりも5教科の上にプログラミングを持ってきた方がいいと思うくらい。


順平営業はさすがに草ァ! 最近、更新速度上がってきたし、お姉ちゃんママとしてキャラ付けされたので人気も高まりそうですねクォレハ…。シロちゃんもイルカキャラが認知されるまで燻ってた時期が長かったし、わかりやすいキャッチコピーというのかなぁ…大事ですね、ホンマ。

30分で5万はさすがに竹。ホモビより稼いでるからすごい。

シロちゃんはゲームがうまいので実況も安定して面白いんだけどこういう企画なんかもきちんと笑いを用意してて、さすがって感じですね。

イルカよりイルカらしいで草ァ! 小豆をサラサラした方が波の音らしいとか、おわんでパカパカやった方が馬の足音ぽいとか、そういう感じですかね。

家でゴロン族で草生え。音色がすごいからすごい。


バーチャルYouTuberはYouTubeドリームを見るか

バーチャルYouTuberがクリスマス動画やイベントを開催しましたね。ゆるいノリながらもグダグダにならず、ほどよい進行で動画配信されていて、個人的には楽しめました。

バーチャルYouTuberはある種の夢や理想というのかなぁ。人間さんが顔出しでやってるYouTuberはやっぱり現実味がありすぎるんですね。汚い部分が見えすぎて、オフの時までそんなもの見たくないわという感じが強い。誰々が不倫したとかリスナーを詐欺したとか、殴ってイジメたとか、お金の話ばっかりとか、しょうもない小競り合いや騙し合いとか、こっちは家に帰ってきてまでそういうのは見たくないわけですよ。

私はネズミの国は好きではないでネズミの国でウェーイはしたいと思わないけど、ネズミの国が好きな人はそこでだけは現実を忘れて夢に浸れるから好きなのだと思うんですよね。私にとってバーチャルYouTuberというのはそういうもの。バーチャルYouTuberなんて実際は声優が声出して、トラッキングでアニメーションを反映させて、スタッフが大まかに組んだ流れに沿って進行しているに過ぎないけれど、でもまぁそれはそれとして。そういうものとして幻想を見ている。

作り物かもしれないけれど、私らは映画とかドラマとか小説とかゲームとか漫画とかアニメの主人公が苦しんだり、悩んだりする姿に心を打たれたりするわけじゃないですか。実際は役者や作り物のキャラクターが演じているに過ぎないけれど。でもそこには確かなリアリティがある。

まぁ確かに、集団ストーカー被害者が集団ストーカーと戦ったり、無職のハゲが幼女にイタズラしたり、ニートが親をバカにして家の壁を破壊したり、背の低いアトピーのおっさんが自惚れてツイッターで若い助詞にセクハラしまくる姿も時には面白いかもしれない。ギャンブルで金使いまくったり、汚いおばさんが大食いしたり、毎日イタズラする動画も面白いかもしれない。でもやっぱりそういうものばかりだと疲れてくるというのかなぁ。カルマが下がるというか。

多分、そういうのに疲れた人がバーチャルYouTuberの優しい世界に夢見ているんじゃないかと。ここ数日のバーチャルYouTuberブームってのはそういうところもあるんじゃないかと。人間さんの大物YouTuberが軒並み不祥事起こしてウンザリしてるところで、ゆるキャラやきぐるみを見てほんわかしているみたいな。そういう風にも思うわけですよ。


無職のメリークリスマス

対馬音が気持ち良い。絶妙な位置におふざけが配置されていて面白かったので80点とさせて頂きまスゥゥゥ。今年も無職はカスゴリの作ったチキンたべたべで、スヤスヤするんかなぁ。

カッチャンが引退してはや一年。いやー、時間が過ぎるのは早いですね、ホンマ。来年は復活しましょう。