収納性抜群

時間がなくて記事の更新もままならないXCOM(&ゴミ拾い3)。メインストーリーそっちのけで研究を進めております。

円盤野郎が凶悪過ぎて遭遇する度に戦々恐々。アイアンマンモードでもリプレイするつもりだったが一回でお腹いっぱいになりそうだ。もちろん、良い意味で。削られた部分は多いがJagged AllianceのパチもんやバルダーズゲートのSpiritual Successor(笑)とは違い、しっかり精神は受け継がれている。混雑な部分が整理され、遊びやすく、大作級のゲームしかしないような人にも薦められる出来といっていい。難易度設定にも幅があり、経験者から一見さんまでカバーしている。初代XCOMの代替とはいかないが、XCOM風ゲームとしてはかなりいい線をいっている。

戦術要素はJagged Allianceがやりつくしているわけで、敢えて戦闘は簡略化して組織の運営やファーストコンタクト部分を重視し、地球防衛軍の指揮官気分をより味わえる作りにしたのはXCOMシリーズとして正解だと思う。幼少期に基地を作って遊んだ人や超常現象マニアこそプレイすべき。

ロケランで建物破壊しまくると強制終了するとか、宇宙船内で毎回カメラの階層が上に戻されてストレスがマッハとか、Jagged Alliance 2の戦闘に比べるとかゆいところに手が届かないとか、トリガー式の敵はワンパターンだからいらなくね?とか、細かい不満はあるものの些細な問題に過ぎない、と言い聞かしてプレイしている。

スポンサーリンク




シェアする