れいわ山本太郎が動き出した

この記事は約2分で読めます。

衆院選後、沈黙していた山本太郎が動き出す。過去にはいろいろとあったものの、経済については正しい山本太郎。今は積極財政を中心に述べていて、他のことはあまり言わない。まずは経済復活からということなのだろう。

自民党は今まで通りを貫くことが明確になった。お金持ちや外資にお金を流し、保険料や税金を増やして中間層からお金をカツアゲしていく。貧富拡大政策の継続。

ここは積極財政で野党が固まり、世論を誘導していくしかない。維新は緊縮思想だが消費税減税を掲げているのでうまく利用していくべき。お金のことを理解していないやつらでも数合わせにはなる。議員の報酬削減なんかは勝手にやらせとけばいい。削減なんかせずに報酬増やしていいから全部使えと言いたいがどうせ維新の連中には理解できない。

玉木さんが維新にすり寄ってどうのと叩く論調があるが、選挙前から是々非々と言っていたわけで、協力すべきところはあの維新でも利用するべきだと私は思う。批判ばかりのプロレスに明け暮れていては前に進まない。

確かに国民民主にも緊縮派はいるし、支持母体とのしがらみもあるのだろう。白黒つけたい気持ちも分かるがそれこそ独裁政治。いろんな人が集まる以上、グレーな部分が出てくるのは仕方ない。民主主義とはそういうものだと思う。そういうのをうまくまとめて良い方向に前進させていくしかない。少なくとも玉木さんは野党の中ではかなりマシな党首だ。100%賛成できる理想的な政党なんてない。マシなところを選ぶしかない。

山本太郎や玉木さんがどれだけ正しいことを言おうと国民が理解しなければ前進はない。山本太郎の発信力はエグいので国会で暴れまわり、正しい経済政策を発信していってほしい。れいわが3議席も獲得できたのはそういう期待感の現れだと思う。今度の参議院選では小選挙区でも悔いのない投票がしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました