モデリング強化月間13 – スローモを作る

土日の成果。本当はもっと進めたかったんだけど尊厳が損傷気味であまり進まなかった。俺ってさ、傷つきやすいんだよね。鼻がかゆくなるだけで…(以下略) 浅野復活しろ。

スローモはTime Dilationで調整するのが良さそうということで色々と試していたんだけど主人公と他のアクターの時間、物理の同期が手間かかりそうで悩んだ。

もっと手軽に実装できる方法がないかと探したところ、いつのまにか Execute Console Commandにslomoが実装されていた。要望が多かったからチートコマンド的な扱いで入れたんですかね。

これはCommandにslomo 数字と入れると他のゲームのようなスローモと同じ挙動が再現される。slomo 1が通常速度、例えばslomo 0.1なら1/10の速度。後はBool型でSlomoとかを作って、Slomoが真ならplayerのCustom Speedだけ早めるとかで超人的な挙動が可能になりますかね。

Slomo状態でもサウンドはそのままで再生されて違和感があるんですがPitch MultiplierにGet Actor Time Dilationを入れることでアクターの速度に応じてピッチが変化される。めっちゃ簡単やんけ。

スポンサーリンク




シェアする