Rocksmith – 深夜に格闘ドンジャラホイ(13)

この記事は約2分で読めます。

土曜日出勤が連続してイライラするぜー。ということでRocksmithのDLCを買って憂さ晴らしする。これは頑張っている自分へのご褒美だから(震え声)。今日買ったのはPantera packとEurope/The Final Countdown。Panteraはもう少し上手くなってからじゃないと無理だなと思っていて、実際にやってみたらやはりムズイ。ソロがピロピロしまくりで指が硬直する。

ただ、Walkはメインリフや曲構成がシンプルなので覚えやすそうだ。T-Rex並にチョーキング連発なので人差し指も鍛えられる。最近、左手の指の先端がカッチカチになってきて、ついにギタリスト指になってきたなという感じで嬉しい。前は1時間やったら指先がヒリヒリしたが、今は2時間くらいやっても全然痛くない。爪の管理もきっちりやるようになったし、自分の中で何かが変わってきた。

Panteraは自転車で通学してた時によく聞いていて、思い出深い。フィルアンセルモの吐き捨てるような攻撃的なヴォーカルにダレルの重くてキレ味抜群のギター、重低音が響くドラムが独特のリズムを生み出していて、ついつい体が動いてしまう。Pantera→Carcassをローテーションするのが好きで一時はそればっかり聞いていた。Carcassは時期によって音楽性が全く異なるのでアレなんだけど、Heartworkは私の嗜好にバッチリ合った。元々、グラインドコアやデスメタルは体に合わなくて(デスボイスもあまり好みではない)、今もその傾向はあるんだけどHeartworkは違った。ヘヴィーなリフを刻んでいたかと思ったら、突然メロディアスな泣きのギターが入ってきて、複雑な曲の構成は飽きないし、ガテラル声も不快に感じなかった。というか曲調にバッチリハマっていて、抵抗なく受け入れられた。

SoilworkやChildren Of Bodomは受け入れられて、Arch EnemyやIn Flamesはダメな感じ。分かるだろうか。Soilwork/Rejection RoleとIn Flames/TriggerのPVはコラボしててちょっと笑えるよね。


Europe/The Final Countdownはソロで頭がパーンしそうだが、イントロやメインのリフは複雑ではないし、そこそこイケそうな感触があった。654弦のコードをジャカジャカするところが楽しい。だいぶんコードチェンジにも慣れてきたかなー?

コメント

  1. Shatter Silenceは日本ぽくないというか、私としては聴きやすいサウンドですね。
    ヴォーカルの歯切れが悪いのが気になりますが、メロディやリフはかっこいい。
     
    Rocksmithはモチベ維持、本は基本の練習という感じで分けてます。
    今回買った本は入門的すぎてボリューム不足なので、フレーズがたくさんのっているやつも買おうと思います。

  2. Heartworkは名曲ですよね。
    あとはAt the gatesのBlinded by Fearとか。あの凶暴さが好きでした。
    個人的に最近気に入ってるのが、日本の「Shatter Silence」というグループ。
    格好良いです。
    http://www.youtube.com/watch?v=bmjmhQopXTY

    最近はRocksmithは全然起動しないで、自分も教習本買ってフレーズをひたすら一個一個こなしてます。
    やっぱ基礎は大事ですね。

タイトルとURLをコピーしました