Jagged Alliance: Back in Action Demo – セーブとロードを繰り返して・・・

四時間ほどかけて全ての敵を殲滅。NPCに話しかけても物を売ってくれるだけで、これ以上の続きは無い模様。このマップはデモ版用にチューニングしているんだろうか。製品版ではパーティーや装備を自分で構成できるとはいえ、こんな具合で大量の敵が配置されていたらクリアするのが大変そうだ。

JA2では背後から近寄っても気配ですぐに察知されてしまったが、BiAではしゃがみや伏せで近づけばハンドガンでヘッドショットを狙える距離まで近付くことが可能。デモ版ではMagicにサイレンサーを装着させて、孤立している敵を背後からパスパスやればうまい具合に数が減っていく。時刻が4時頃なので少し明るめだが、もう少し早い時間なら夜の恩恵も受けられるんじゃないかと思われる。

集団で行動している敵が非常に厄介。一度、警戒状態に入ると集団でうろうろしまくり、行動範囲も広い。AIの出来は思っていたよりも良い出来だ。最奥の建物周辺を巡回している集団がこのデモの一番の難所であり、こちらを発見すると集団で一気にラッシュをかけてくる為、味方四人で正面突破は難しい。私の場合は建物内に集団を誘い込み、Lynxが正面、Magicが裏から潜入、敵の死角から同時にグレネードを投げて数人倒し、あとは隠れて敵が背後を見せるのをひらすら待つという地道なプレイで片付けた。

味方の強さは相変わらず現実的で急所に命中すれば即死するほど脆い。敵味方が同等な存在として描かれているが、X-COMと違って味方を易々と殺されるわけにはいかないので死なないようにトライアル&エラーは必須になる。BiAでは戦闘がタイムライン方式になったこともあり、ちょっとしたミスで上手く移動してくれなかったり、ランダム性が増し、やり直しが多い。ヘルスの回復方法がJA2よりも緩和され(メディキットを使えばその場で全快できる)、FoWが未実装で敵が初めから丸見えなので少しは楽になっている方だろう。これでJA2式の回復方法、FoW有りなら地獄。

こういったやり直しを手応えと感じ、何度も繰り返して答えを見つけ出す作業を面白いと思えるか、それともただ面倒な作業と感じるかが評価の分かれ目になりそうだ。個人的にはデモの難易度なら許容範囲。戦略部分がまだ不明なのでとりあえず製品版に特攻してみるつもり。


・Jagged Alliance: Back in Action Demo

デモデマシタワー。チュートリアルとOrta Swampをプレイできるみたい。
ターン制ではなく、リアルタイム制(タイムライン)なのでJA2とはかなり違ったプレイ感覚。AIの出来は悪くなさそう。
FoWが実装されていないので敵丸見えだが、見えないと相当難しそうな件について。

スポンサーリンク




シェアする

『Jagged Alliance: Back in Action Demo – セーブとロードを繰り返して・・・』へのコメント

  1. 名前:UnKnown 投稿日:2012/02/03(金) 01:53:28 ID:9482a2fc1

    マップが3Dになり、構造が複雑になったので敵に見られているかが分かりづらいですね。
    思わぬ場所から狙い撃ちされてお陀仏が結構ありました。
    デモの印象はそれほど悪くなかったのでスチムーで予約しておきました。8日に前倒しになったみたいですね。
     
    ステルスがやりやすいので室内戦はわりと戦いやすかったですよ。もちろん、タイミングが重要なので何度かやり直しは必要ですけど。
    Magicのステルス能力が高いのでサイレンサー付けてGOです。

  2. 名前:Mopeto 投稿日:2012/02/02(木) 06:14:02 ID:7e1298e22

    デモやってみましたが思い通りに動いてくれなくて難しいですねw
    外はスナイパー+援護でなんとかいけそうですけど室内戦が難しそう…!