UK Truck Simulator – 運送会社はぢめました(3)

この記事は約3分で読めます。

運送会社から緊急のメールが入った。「特別な荷物の運送です。報酬はうんと弾みますよ。無事、運んで下さったら19,260ポンド支払いましょう。締め切りは土曜日。それまでに来て頂けないと他の人に回すことになります。もし、引き受けて下さるなら急いで来て下さい!」とのこと。高額報酬のチャンス到来。これは請け負わざるを得ない!ということで、運送会社に向かう。

受付で条件を再度確認。いま引き受けたら22,148ポンド頂けるそうだ。条件はやさしめで、トチらなければ十分間に合う。高額報酬は頂いたも同然だ。さっそく特別運送を引き受ける。

「報酬が入ったら、トラックの改造ができるなー。もう少し貯めたらガレージも買えるなー」と夢を膨らませ、胸をときめかせながら、CDプレーヤーでロシアントランスを聞きつつ、ドライブを楽しむ。

妄想を膨らませていると時間が過ぎるのはあっという間だ。今回はグリムズビーからフェリクストウまでだから、結構走ったはずだが、まったく疲れず、苦にもならない。夢や妄想のパワー強しである。

では、お待ちかねの報酬タイム。約束通り、22,148ポンドが支払われた。報酬が高額すぎて夢のようだ。嬉しくてはなぢが出そうだよ。「よし、これで愛車を改造してやるかな」と思った矢先にメールを受信。今度は不動産屋からだ。

「トラックガレージ付きの物件をセール中です。通常価格75,000ポンドのところを、いまなら25,000ポンドで販売!出血大サービスです。急いで下さい!」とのこと。願ったり叶ったりというか、もうこれは乗るしかない。このビッグウェーブに!


不動産屋へ向かい、さっそく契約を交わす。物件は2つのガレージが付いていた。これを25,000ポンドで買えるのはお買い得だ。これが夢にまで見た、憧れのガレージかぁ。感慨深いものがあるね。

自分のガレージを持ったら、今度は派遣社員を雇用しよう。そして、私の下で働いてもらうのだ。派遣会社へと向かい、人員を探したところ、ブラッドレーさんが見つかった。一つ星の新米ドライバーなので経験は浅い。その代わり、報酬の取り分は18%でいいとのこと。他の熟練ドライバーは私の実績では雇用することができなかった。ベテランを雇うにはそれに値する経験を磨かなければならないようだ。

ブラッドレーさんを先ほどのガレージに配置する。このままでは彼が働くことができないので、トラックも用意しなければならない。以前、スティービーが紹介してくれた中古車ディーラーに連絡を取り、中古のCクラスのトラックを購入することにした。

これでブラッドレーさんが働くことができる。彼は自分で仕事を見つけてくるので、ほっとおけばいい。時間が経てば、自動的に報酬がこちらに入ってくるというわけだ。なんという全自動錬金術。ちなみに彼の燃料代やメンテナンス代は雇用主の私持ちとなる。

これでまた一歩夢へと近づいた。私の夢・・・それはイギリス全土に事務所を持ち、Aクラスのトラックを揃え、ベテランドライバーを集めて、運送業の覇者となること。それまでは立ち止まることはできない。夢へと向かって走り続けるのだ。頑張れUNK!夢は見るものじゃない、叶えるものだ。信じ続けて、努力を怠らなければきっと叶うよ。

コメント

  1. >>Mopetoさん
    ついに搾取する側にシフトしました。社長うまうまですよ。
     
    >>Miczyさん
    テンポよく次から次へとやることが増えてくるので、なかなか飽きないですね。
    ゲーム側で目標が設定されていないので、飽きた時がクリアってことなんでしょうが、全国制覇するまでは楽しめそうです。

  2. なんかTrackIRも反応は遅いけど使えますね。クラッチ操作とかもっとリアルな感じが欲しい。

  3. レッカー車ゲームは退屈というかバグってばかり、Euro Truck Simulatorは長距離でなかなかレベルがあがらず飽きたので、数日前からこのUK T.S.を始めました。UnKnownさんのレビューを観ているとまだまだ先が長そうで、しばらくは楽しめそう。じっくり遊ぶ時間がないので、たまにコンソールからwarpコマンドたたいて時短モードで遊んでたりしてます。

  4. 取られる側からついに取る側に…
    すごく…面白そうです…

  5. やばい、ほしくなってきた

タイトルとURLをコピーしました