The Saboteur – 復讐のシャンソン人形(1)

この記事は約6分で読めます。

第二次世界大戦を舞台にしたオープンワールド系のTPS。ナチスドイツ占領下のフランスで、友人をナチスに殺された男の復讐劇が展開する。ちょっぴりあだるてぃーな世界観と洗練された破壊工作アクションが魅力的な作品だ。

主人公はレースドライバーのSean。彼は地方開催の大規模なレースに挑戦する。レースはSeanのダントツ優勝に思えたが、途中でドイツ人レーサーの工作にハマり、優勝を逃してしまう。それに腹を立てた彼は友人と共に、ドイツ人のマシンを破壊しようと試みるが、犯行がバレてしまい、ナチスに拉致されてしまうのだった。

ナチスの拷問によって友人は死亡(ここで画面がカラーからモノクロに変わる。ここの演出がかっちょいい)。Seanは命からがら逃げ延びることができたが、地元はナチスによって灰燼と化した後だった。彼はパリへと身を移すことに決めるが、ここもまたナチスの手に落ちていたのだった。何もかも失った彼は友人の仇を打つべく、ナチスに復讐を決意する。

物語は前作のMercenaries 2に比べて、丁寧に描かれている印象を受けた。Mercenaries 2はノリが軽すぎて、ちょっと付いていけなかったのだが、こちらのThe Saboteurはシリアスな趣が強く、復讐の動機も納得のいくものに仕上がっている。主人公の内面もきちんと描かれており、感情移入もしやすい。

ゲーム内容はオープンワールド系のクライムゲーム、いわゆるGTA3クローンだ。つまり、またMercenariesみたいなゲームなのである。しかし、今回はマンネリ化を脱却するべく、従来とは異なった要素を取り入れ、差別化を図っている。

まずは舞台が第二次世界大戦という点だ。これまでGTA3クローンというと、北米カルチャーに根ざした舞台か(頭のわるそーな連中がヒップホップを聞きながら銃を乱射するようなイメージ)、あるいは紛争地帯を舞台(南米で白い粉を吸いながら銃を乱射するイメージ)にしたものが大半だった。The Saboteurではナチスドイツ占領下のフランスを舞台にしており、これまでのクライムゲームとは異なるイメージを打ち出している。

いままでWolfensteinやCall of Dutyなど、第二次世界大戦を舞台にしたFPS/TPSはたくさんあったが、オープンワールド系のゲームはそうそうなかった。リニアな線路に乗りながらドイツを相手に戦うばかりで、自由に破壊工作を楽しめなかった。The Saboteurでは「ドイツの野郎を自由気ままにハンター×ハンターしてぇなぁ」という夢を実現しているのだ。フランスのオサレな街並みを見物しつつ、気が向いた時にナチスへ嫌がらせする…このコンセプト素敵やん。

ラジオやショーパブで流れている音楽もフランスを意識した楽曲が採用されている。あだるてぃーな雰囲気が漂うジャズやシャンソン、サックスやピアノの音色が非常に印象的だった。ショーパブに訪れた際は思わず立ち止まって、じっくりと音楽に耳を傾けてしまうほどだ。おフランスのオサレーな雰囲気の再現にとても力が入っている。また、パリ郊外には田舎の風景が広がっており、都市とは打って変わって牧歌的な気分に浸れる。こういう田舎の風景をぶらぶらできるクライムゲームは少ないから(RPGなら結構あるが・・・)、新鮮に感じる。

そして、The Saboteurのゲームプレイはステルスが重視されている。Mercenariesは「いかに大暴れするか」を楽しむゲームだったが、今回はコソッと攻めて、コソッと逃走することも可能になっている。もちろん、今まで通りに大暴れもできることはできるがリスクは高い。

HitmanやDeath to Spiesをカジュアルにした感じが近いだろうか。敵の服を奪って変装したり、ステルスキルで目的を殺害したり、見張りの隙を見計らって目的物に爆薬を仕掛けたりなどなど、隠密活動や破壊工作がメインになっている。クライムゲームのミッションは得てして似たような内容になりがちだが、本作はステルス戦が可能なので、攻略のアプローチにバリエーションがある。車に乗って目的地にどかーん!と突入することも可能だし、変装してこっそりと侵入した後、見つからずにこっそりと逃げることも可能なのだ。

主人公のSeanはAssassin’s Creedさながらの身体能力を備えており、建物から建物へヒョイヒョイと移動できる。パルクールアクションはボタンをテキトーに押しているだけで半自動的に処理されるので操作は難しくない。しかし、建物の構造が入り組んでいるため、目的の場所に到達するには移動経路を考える必要がある。基本的に建造物の上は安全地帯だ。ナチス兵が屋上に登ってきたりはしない。ただし、完全に安全なわけではなく、ヒンデンブルク号や監視塔の見張りには注意しなければならない。

ナチス兵の前で不審な行動を取ると警戒メーターが上昇し、MAXに達すると手配状態となる。手配されると警備兵がわんさかと追跡してくる。手配を解くためには、敵に見えない位置まで逃走しなければならない。

手配レベルは最大5まであり、上限レベルでは逃走するのが非常に難しい。上限レベルになるとプロテクトギア(人狼)のようなスーパーソルジャーや装甲車が押し寄せてくるし、いくら距離を取っても手配が解けない。そういう時は建物の屋上にあるセーフハウスに身を隠せば逃げ延びられる。しかし、セーフハウスはかなり嫌らしい場所に配置されており、なかなか簡単に到達できないことが多い。

街のあちこちにシークレットエリアやフリープレイターゲット(ナチスの拡声器・プロパガンダ広告・監視塔・装甲車・将校)が用意されている。シークレットエリアを発見したり、フリープレイターゲットの破壊に成功すると賞金が得られ、そのお金で武器商人から新たな武器を購入できる。

また、Perkという実績要素もある。実績は「スナイパーライフルで○人殺害」、「○人をサイレントキル」、「レースに勝利する」などなど。これらの実績を解除すると武器が増えたり、Seanの能力が強化されたりする。つまり、やっておいて損はない。私は利益にならないやりこみ要素はやらないタチなのだが、このゲームのやりこみ要素はやればやるほどゲームプレイが楽になるので挑戦しようという気になる。

ゲーム開始当初のフランスはモノクロの画面で描かれている。街は死んだような雰囲気で、ナチス兵が我が物顔でそこら中を闊歩しており、時にはナチス兵がパリ市民を迫害している光景も見られる。しかし、Seanがナチスの基地を破壊することでそのエリアの画面がカラーに変わり、街には活気が溢れ、ナチスの影響が弱まる。Seanの心の闇が晴れていくと共に、パリも息を吹き返していくというわけだ。この演出のお陰でナチス占領下が明確に判別できるようになっている。

今まで数々のアクションゲームを手がけてきたPandemic Studiosだけあって、アクション部分は洗練されている。革新性はないものの、そつなくまとまっている印象。フランスの雰囲気が抜群に優れていて、雰囲気ゲーとしてはかなりイイ線をいっている。フランスの文化やジャズが好きな人なら、より一層楽しめるのではないだろうか。フリープレイターゲットが腐るほど用意されているのでクリアまでは結構遊べそう。まったりと遊ぶことにしよう。

コメント

  1. 上記の方法でやりましたが残念ながらランチャーからプレイしようとするとException processing Message c0000013 parameters 764cfd7cのエラーが発生しました。続行しましたがやはりロード画面から進まないです。う~ん

  2. ローディング中にフリーズする解決法が載っていました。
    My Documents/My Games/The Saboteur/Save Gameの中にあるConfig.txtをテキストエディターで開き、refresh rateの行を探して60にする。vysincの行を探して0にする。vysincの下の行にWindowed 1を書き加えて、上書き保存する。
    http://www.unigamesity.com/how-to-fix-the-saboteur-crashes-and-freezes/
     

  3. ありがとうございます!
    別のケースといいますと、どのようなことが考えられるのでしょうか。

  4. ゲームを起動したらタスクマネージャーを開いて、プロセスタブのSaboteur.exe(名称違うかも)を右クリック→関係の設定を開くと「実行するプロセッサ」というのが出てきます。
    Quadの場合は4つのプロセッサが表示されていると思いますが、ここでCPU2とCPU3のチェックを外して下さい。
    そうするとCPU1とCPU4のデュアルコアでゲームが動作するようになります。マルチコアで不具合が発生するゲームはこの方法が有効です。
    ただし、この方法はゲームを起動する度にプロセッサの設定がリセットされる為、ゲームを起動した直後にエラーが発生する場合は使えません。
    そういう場合は前述したCPUを割り当てるソフトを使った方がいいですし、ソフトで割り当てておけば毎回タスクマネージャーを開いてプロセッサを指定する手間も省けます。
     
    しかし、よく読んでみるとQuadコアのトラブルはストリーミングに関する問題だけのようなので、今回は別のケースかもしれません。

  5. 色々と調べていただいたようでお手数おかけいたしました。
    ほかのゲームは問題なく遊べています。なので、Quicktimeをリインストールはしていません。一応パッチ当てましたが「ゲームを起動したらタスクマネージャーを開き、CPU2とCPU3を外す」というのが、よくわかりません。タスクマネージャーはCtrl+Alt+Dellで開けるというのは知っていますが。
    何度もお手数おかけして申し訳ありませんが、詳しい手順を教えていただけますでしょうか。なにぶんPC初心者な者で。

  6. そのエラー文で検索するとQuicktimeをリインストールするとか、フロッピーディスクのデバイスを停止させるなどの対処法が出てきましたが、
    今回はこのゲームを起動した時だけのようなので別件でしょうか。
    http://www.consumingexperience.com/2007/11/windows-no-disk-exception-processing.html
     
    最新版の1.03betaパッチはインストールしていますか?
    http://news.bigdownload.com/2009/12/19/download-the-saboteur-beta-patch/
    ゲームを起動したらタスクマネージャーを開き、CPU2とCPU3を外すといいと書いています。
    http://www.takke.jp/soft/cpudah.html
    CPUを割り当てるソフトでシングルコア(あるいはデュアル)だけ指定してから起動してみてはどうでしょう。

  7. いつも楽しく読ませていただいています。
    いきなりで申し訳ないのですが、インスコ後プレイしようとしたらException processing Message c0000013 parameters 764cfd7cというエラーが出て起動したと思ったらロード画面から進みません。リカバリしても駄目でした。XP SP3 CPU Quad GeForce 9800GT メモリ4Gです 。
    Quadでは、相性悪いとのことですがなにか対策はあるのでしょうか。

  8. RADEONをお使いでしたらβパッチを当てると良いようです。
    http://worthplaying.com/article/2009/12/18/news/71092/

  9. 私はいまのところ不具合はありませんね。むしろAlt+Tabでタスクを切り替えても、ロード無しでゲームに復帰出来る点に感心してるくらいです。
    フォーラムを読んでみるとQuadコアと相性が悪いみたいですね。あと、Radeonとの相性もあまりよろしくないようで。

  10. お初です。と言ってもこのブログは良く読ませて頂いています。私も自由度のある箱庭系のゲームは好きなのでこのゲームも買いました。少しプレイして見て確かに面白そうなのですが、推奨環境を満たしているのに勝手に画面が最小化してロクにプレイ出来なかったりして今は保留中・・・TT。
     ちなみに何故かPC版だけ発売が3月まで延びた『Asassin’sCreed2』も購入予定です。

  11. >>ななしさん
    全体的な完成度が高いのはもちろんのこと、1940年代のフランスを舞台にしたのが効果的でしたね。
    マデリンペルーやクープなど、楽曲のチョイスも良くて、おフランスの雰囲気再現の底上げに貢献していると思います。
    話題にすら上がることなく、埋もれてしまったのがもったいないですね。
     
    >>匿名希望者さん
    初めまして。
    色の表現は面白い試みですよね。シンシティが好きな人はビビビッ!と感じるものがあるのではないでしょうか。
    実は都市部はカラーよりもモノトーンな方が映えるんですよ。
     
    >>Ruiさん
    挙動はセインツロウ2と似たような感じですね。当てている感覚が希薄ですし、弾もやたらとバラつく。はっきりいって銃撃戦は大味です。
    しかし、銃声はこちらの方が優れているのではないかと。
    基本的にサイレンサーや打撃でこっそりと暗殺していった方が楽しいゲームですから、銃撃戦は期待しない方がいいと思いますよ。

  12. こんにちは(^-^)
    これは面白そうですね。

    射撃戦とかの武器の挙動とかはどんな感じですか?
    セインツロウ2よりも良いのかな。
    近接武器が主力でしょうか(^-^)

  13. はじめまして
    これは中々面白そうですね
    ナチスの基地を破壊するとカラーに変わる演出はよく考えたなぁと思いました

  14. Saboteurいいですよね
    コンシューマ版を遊んだんですが、ほぼ同時期に出たAsassin’sCreed2と比較されがちだったりで海外の評価はそれほど高くもなく低くもなく微妙、といった感じだったのですが個人的にはAC2よりもSaboteurのほうが面白かったです
    AC2は比重としては暗殺ミッションよりもとにかく壁を登ったり屋根の上を走り回ったりする部分に重きが置かれているデザイン(コレクト要素なども含めて)だと思うのですが、Saboteurはパルクールもできるけどそれがメインではなくメインはあくまでクライムアクションというバランスのとり方が好きですね
    マーセ2はミッションがとにかく単調で一人で遊んでいると飽きてきがちだった点も、Saboteurではロケーションにさまざまな変化をつけたりわかりやすいストーリーを用意することで上手く改善していると感じます
    unkさんのおっしゃるとおりいろんなゲームの美味しい要素を拝借したような感じなのですが、それが破綻せずうまくまとまっていて、サンドボックスタイプのゲームとしての完成度はかなり高いのではないかと思います
    少なくとも個人的に自由度があまり高いと思えなかったGTA4なぞよりはよっぽど面白いなぁと思いました
    ここまでのゲームが作れるPandemicStudioがなくなってしまったのは正直もったいないというか悲しいですね

    本当に雰囲気最高なんですよね
    ジャズやミュゼット、シャンソンを聴きながら、おフランスをドライブしてる気分に浸れるだけでも買ってよかったと思っています
    お気に入りのゲームなもので、ついつい米が長くなってしまってすみませんw

',b.captions&&s){var u=J("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=s,l.appendChild(u)}e.appendChild(l);var c=J("img");c.onload=function(){var e=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");l.removeChild(e),!b.async&&n&&n()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a&&a.alt||"",b.titleTag&&s&&(c.title=s),l.appendChild(c),b.async&&n&&n()}}function X(){return M(o+1)}function D(){return M(o-1)}function M(e,t){return!n&&0=k.length?(b.animation&&O("right"),!1):(q(o=e,function(){z(o),V(o)}),R(),b.onChange&&b.onChange(o,k.length),!0)}function O(e){l.className="bounce-from-"+e,setTimeout(function(){l.className=""},400)}function R(){var e=100*-o+"%";"fadeIn"===b.animation?(l.style.opacity=0,setTimeout(function(){m.transforms?l.style.transform=l.style.webkitTransform="translate3d("+e+",0,0)":l.style.left=e,l.style.opacity=1},400)):m.transforms?l.style.transform=l.style.webkitTransform="translate3d("+e+",0,0)":l.style.left=e}function z(e){e-o>=b.preload||q(e+1,function(){z(e+1)})}function V(e){o-e>=b.preload||q(e-1,function(){V(e-1)})}function U(e,t,n,o){e.addEventListener?e.addEventListener(t,n,o):e.attachEvent("on"+t,function(e){(e=e||window.event).target=e.target||e.srcElement,n(e)})}function W(e,t,n,o){e.removeEventListener?e.removeEventListener(t,n,o):e.detachEvent("on"+t,n)}function G(e){return document.getElementById(e)}function J(e){return document.createElement(e)}return[].forEach||(Array.prototype.forEach=function(e,t){for(var n=0;n","http://www.w3.org/2000/svg"===(e.firstChild&&e.firstChild.namespaceURI)}(),m.passiveEvents=function i(){var e=!1;try{var t=Object.defineProperty({},"passive",{get:function(){e=!0}});window.addEventListener("test",null,t)}catch(n){}return e}(),function a(){if(r=G("baguetteBox-overlay"))return l=G("baguetteBox-slider"),u=G("previous-button"),c=G("next-button"),void(d=G("close-button"));(r=J("div")).setAttribute("role","dialog"),r.id="baguetteBox-overlay",document.getElementsByTagName("body")[0].appendChild(r),(l=J("div")).id="baguetteBox-slider",r.appendChild(l),(u=J("button")).setAttribute("type","button"),u.id="previous-button",u.setAttribute("aria-label","Previous"),u.innerHTML=m.svg?f:"<",r.appendChild(u),(c=J("button")).setAttribute("type","button"),c.id="next-button",c.setAttribute("aria-label","Next"),c.innerHTML=m.svg?g:">",r.appendChild(c),(d=J("button")).setAttribute("type","button"),d.id="close-button",d.setAttribute("aria-label","Close"),d.innerHTML=m.svg?p:"×",r.appendChild(d),u.className=c.className=d.className="baguetteBox-button",function n(){var e=m.passiveEvents?{passive:!1}:null,t=m.passiveEvents?{passive:!0}:null;U(r,"click",x),U(u,"click",E),U(c,"click",C),U(d,"click",B),U(l,"contextmenu",A),U(r,"touchstart",T,t),U(r,"touchmove",N,e),U(r,"touchend",L),U(document,"focus",P,!0)}()}(),S(e),function s(e,a){var t=document.querySelectorAll(e),n={galleries:[],nodeList:t};return w[e]=n,[].forEach.call(t,function(e){a&&a.filter&&(y=a.filter);var t=[];if(t="A"===e.tagName?[e]:e.getElementsByTagName("a"),0!==(t=[].filter.call(t,function(e){if(-1===e.className.indexOf(a&&a.ignoreClass))return y.test(e.href)})).length){var i=[];[].forEach.call(t,function(e,t){var n=function(e){e.preventDefault?e.preventDefault():e.returnValue=!1,H(i,a),I(t)},o={eventHandler:n,imageElement:e};U(e,"click",n),i.push(o)}),n.galleries.push(i)}}),n.galleries}(e,t)},show:M,showNext:X,showPrevious:D,hide:j,destroy:function e(){!function n(){var e=m.passiveEvents?{passive:!1}:null,t=m.passiveEvents?{passive:!0}:null;W(r,"click",x),W(u,"click",E),W(c,"click",C),W(d,"click",B),W(l,"contextmenu",A),W(r,"touchstart",T,t),W(r,"touchmove",N,e),W(r,"touchend",L),W(document,"focus",P,!0)}(),function t(){for(var e in w)w.hasOwnProperty(e)&&S(e)}(),W(document,"keydown",F),document.getElementsByTagName("body")[0].removeChild(document.getElementById("baguetteBox-overlay")),w={},h=[],o=0}}});
タイトルとURLをコピーしました