Rocksmith – UNKさん@弦張るのがんばる(8)

この記事は約2分で読めます。

細い弦が黒ずんできて、感触もザラッとしてきた。そろそろ錆がやってきたようだ。すでにギターが届いてから3ヶ月以上経っているので当然と言えば当然。コーティングをしていない普通の弦なら1ヶ月で交換する必要ありという話もあるので放置しすぎかもしれない。

だが弦といっても何を買えばいいのか分からない。とりあえず定番といわれているダダリオのスーパーライトゲージを購入。次はアーニーボールにしてみようかな。

ダダリオのこのパッケージには弦が3セット、それにワインダー(ペグ回し)が付いてくる。ワインダー付属なんてどこにも書いてないからちょっとびっくり。

dadario1301141

ペグを回して弦がだるんだるんになったらニッパーで切断。

pegu1301141

なるほど。こういう風に引っ掛けてるのか。

bri1301141

ついでに指板もキレイキレイしておく。ホコリやらなんやらで汚れていることだろう。布にレモンオイルを数滴垂らして指板をゴシゴシ磨きます。ちなみに今回はFERNANDES NATURAL LEMON OILを使用。

lom1301141

テイルピースが色分けされてて分かりやすい。袋に何色が何弦と書かれているので要チェック。UNKさんは赤は六弦(正しくは金色)と思っていて、五弦(赤色)をおじゃんにしました。

tale1301141

弦の巻き方はこちらの動画が分かりやすかった。ちなみに他のサイトの巻き方を参考にした時に六弦もおじゃんにしてます。「3セットあれば3ヶ月は持つな」と思っていたらこの有様。どうしてこうなった・・・。いきなりコーティング弦(錆びにくいが高価)に挑戦しなくて良かった。試行錯誤してたら弦張りだけで30分もかかって、もう疲れたよパトラッシュ。UNKさんがオフの日にこんなに頑張るの久しぶりやで。

tale1301142

チューニングするのにいちいちRocksmithを起動するのもアレなんで、KORGのクリップ式チューナーも一緒に購入しておいた。ギターの頭をクリップで挟んで振動で音を読み取ってくれる賢いやつだ。音をアルファベットで表示してくれるので勉強にもなる。

korg1301141

ついでにトライアングル型のピックも購入。ティアドロップ型は引っかかって弾きづらかったので。ただ、トライアングル型はちと大きい。ティアドロップ型の幅くらいがちょうどいいんだけどなー。

pick1301141

いちいちギターをPCに繋げるのが面倒なので、これまたついでにアンプも購入。VOXの一番お安いやつ。まぁ音さえ出ればなんでもいい。これで練習が捗るな。ただ、エフェクターがないと音作りができないのでエフェクターも欲しくなってきちゃった。マーティーフリードマンはZOOMのエフェクターあれば十分と言ってたから、とりあえずそれに手を出してみるかなぁ。

vox1301151

部屋のなかアマゾン。

amazon130114

コメント

  1. 弦を間違ったのはRocksmithで色分けされてた影響ですw
    Rocksmithでは六弦が赤色で表示されるので、太さもまともに確認せずにダダリオのやつもそれだと勘違いしていたわけです。
    いやーちゃんと確認しないとダメですね。
     
    ピックの件、参考になります。ナイロン製はいままで意識していませんでした。
    専門店だと一個から購入できるところもあるので、いくつかまとめて試してみようと思います。
    ちなみに自分的にはティアドロップよりもオニギリの方が弾きやすいかなという印象です。
     
    右も左も分かりませんし、音楽仲間どころか友達0人のUNKさんですからアドバイスは本当に助かりますし、モチベもあがりました。
    ほんとありがとうございます。

  2. ゲーマーとしてギター経験者としてとても面白い記事だと思います。
    なので、ちょっと熱くなってコメントさせてくださいw

    弦は慣れればすぐに一番太いのが分かるようになります。
    あとダダリオは普段買わないので分かりませんが、アーニーボール(Ernie Ballという蛍光色で鷹が書かれているギター弦メーカー)のだと1つ1つ紙袋に小分けされていて、数字で書いてあります。ご参考までに。
    あと弦はまあ切るものですけど、自分は基本切りません(最近は諸事情により切っていますが)。そうしておけば一応張り間違えた時になんとか直せたりw

    ピックに関してですが、引っかかるという感触は非常に大事です。そのバランスというかその引っ掛け具合とでもいいましょうか、音色が変わる一つの要素です。
    で、大事なポイントですが引っかかるというのはティアドロップかオニギリという形状と同時に素材で相当変わります。
    Fenderのは確かセルロイドで、引いているうちに端がゴリゴリ削れてゲジゲジになるかと思います。
    自分が7,8年愛用している「Dunlop Nylon Jazz II Red」は素材がナイロンで、プラスチックよりもだいぶ滑らかな触り心地で音がロック寄りになったります。そしてゲジゲジにならないので貧乏音楽時代からの古い相棒となっていますw
    色々なピックを触ってみて、自分に合うのをみつけてください。

    最後にエフェクターですが、個人的には最初に買う必要はないかなぁーと思います。まあZOOMの買いやすいエフェクターもいいですが、やっぱアンプ直結が一番良い音出ます。

    長くなってすいません。メールとかで気になった事とかあったら答える事もできますのでー。

    がんばってください:)

タイトルとURLをコピーしました