「 FPS 」一覧

撃鉄ってなんだよ

分解ニキに教えてもらったWorld of Guns: Gun Disassemblyをプレイ。もっと大雑把な分解かと思いきやネジ一本まで分解できて作りこみに草生える。見ろよこの無残な姿よぉ!

分解や組み立ての作業がゲームとして面白いかというと疑問符がつくんだけど資料としての価値は非常に高いと思った(こなみ) 確かにこれはモデリングするのに役に立ちますねぇ! AK以外の銃はリアルマネーを払うか、経験値を貯めてアンロックしないと分解できないので毎日ログインしてボーナス経験値をもらおうと思いました。見たーい♪見たーい♪リボルバーパーツが見たーい♪(MNR)

dis1509291


Syamuさんの動画は作業用BGMとして優秀ですねぇクォレハ…。盛り上げるために調子に乗るんだけどどこかズレていたり、3ヶ月で10回近くネカマに騙されたりする純粋な心を持っていて、性的な話題になると変に行動力があって、みんなの期待を裏切らないところがチャーミングポイントというか、人を惹きつける魅力なのかなと思った(こなみ) 震災の被災者を配慮していないような発言はあるけれど、それも細かい部分まで意識が回らない天然ゆえの発言のように察せられ、人を小馬鹿にしたような感じを与えない部分はTRZUさんに通じるものがあると感じた(こなみ)


はぇ^~こんな機能あったんすねぇ。重要なやつしか聞いてなかったので知らなかったゾ…。Syamuさんは生理的嫌悪感が強くてRIくんとのナプキンコラボがアレでなるべく見ないようにしてたんだけど一周回って愛らしく感じてきましたねぇクォレハ…。Syamuさんには馬鹿にしてるやつらをいつか見返して欲しいんだよなぁ…(届かぬ思い) 自分の体験を元にした小説を書いてみたらどうなんですかね。古式さんのネカマ戦記も相当悪質だったけどアレに近いものがあるんだよなぁ…。


Bullet Trainを見ていて、んにゃぴ…やっぱりAKってかっこいいですよね。AKをモデリングしたくなったんだけど、後ろの部分に付いてる撃鉄みたいな突起って撃鉄でいいんですかね。

撃ってる動画を見ても特に動いてないし、ナニする部品なのかこれもう分かんねぇな。写真で見るだけだと、んにゃぴ…な部分が多いので本物が欲しいなと思いました(こなみ)

cg1509271

リトポを進めていたけどサイトの細かい部分にうまく面を貼ることができなくて、もっと考えてハイポリ作っておけばと後悔。細かいパーツはバラしといて、後でボーン仕込んでアッセンブリした方がポリ数的にも作業的にも楽なのかなと思いました(こなみ) マガジンとリロードのボルトとトリガーだけはバラしといたけどそれだけじゃ足りなかった。もっと練習が必要っすね。3D Coatの物理ベースペイントはSubstance Painterと同じく、エッジを自動で拾って汚し(金属の場合は剥がれなど)を入れられるみたいですね。というかデフォルトの金属系のマテリアルを選ぶとすでに汚しが入ってる。

cg1509281


また君か壊れるなぁ…

Romero’s Aftermath。Infestation: Survivor Storiesに7 Days to DieとH1Z1を足したような感じですかね。インベントリを開くとプレイ画面が見えなくなる。インベントリが狭い。アイテムの種類がかなりあるが分解にしか使えないアイテムが多い。スタミナの概念がなく、延々と走れる為、ゾンビに追いつかれることがないので緊張感が足りない。集落にいるゾンビを一定数倒すと拠点制圧ができて、防衛要素があるのは面白いと思ったけど骨子の部分に問題ありですかね。

after1509261

太郎丸死にスギィ! ルフィニキなら泣いてくれると信じていた。数週間前にペットの犬が亡くなったと言っていたのでそれとダブる部分もあったのかな。原作だと太郎丸はすぐいなくなるらしいけどアニメ版はうまく活かしてましたね。個人的にワクチンのあたりは話ができ杉田で現実に引き戻される部分があったけどエピソード毎に話に進展があって、退屈せずに最後まで見れたかな。普段ならしょうもないと切り捨てる日常パートも絶望感を引き立てる要素として働いていた。がっこうぐらしをゲーム化するとどうなるだろうと放送中はずっと考えていたんだけど、日常パートはアニメのように描くのは難しく、がっこうだけでサバイバルを成立させるのも厳しいという感じでした。ゲームとして落としこむならFort Zombieが最適解かなと思いました(こなみ)


デデドンの破壊音ドラムがよかった(こなみ) ほんへよりこっちの方がTNPよくて見れますねぇ!


Layers of Fearこうた

1時間半でアーリーアクセス分は終了。後半はお化け屋敷演出を露骨に連発しすぎて、自分の好みとは違う方へ進んでいってしまう感じ。ただ、画家やその家族?になにがあったのか。火事、殺人を匂わせる演出があって、その謎が気になり、どういう結末を迎えるかが楽しみかな。あとオブジェクトがゆっくりと腐敗したり、修復されていくアニメーションはどうやってるんだろうと技術的な面で興味深いものがあった。グラフィックや演出は凝っているし、ジャンプスケア(びっくり)系のものが好きな人にはドンピシャになると思う。

lof1508313

不気味な雰囲気のGone Homeという印象っすね。オブジェクトが落ちてきてちょっとしたジャンプスケア要素はあるけど雰囲気で怖がらせるタイプぽいのでこれは楽しそう。バケモノとか出てくると途端にさめちゃうからね、しょうがないね。しかし、部屋調べてたら廊下の構造が変わってたりして頭がパーンとなりますねぇクォレハ…。色々と調べてたら次の展開が起こるので誘導はうまい感じかなぁ。

lof1508311

Layers of Fearこうた。安かったのでまぁ多少はね? エンジンはUnity5なのかな。材質感がかなりしっかりしていて、グラフィックも堪能できそう。画家の狂気がどうたらこうたらと書いてるのでホラーや物語も期待しますよーするするヌッ!

cg1508311


プロフェットってなんだよ(哲学)

970をぶんぶん回したくて、負荷の高いものがいいなぁとCrysis3をやろうと思ったがCrysis2も途中で止めてしまっていたのでこの際だから二つともやろう、二つで十分ですよ(BR感)でCrysis2からスタート。私の中ではFar Cryが至高で、それ以降はゲームエンジン屋さんのデモという認識が強いんだけど、ストーリーや設定はCrysis2、Crysis3と興味深いことになっていて面白いなと思う。

Crysis2では普通の兵士のアルカトラズが主人公なのだが冒頭でエイリアンにボロボロにやられてマキシマム瀕死状態。そこへナノスーツを着たプロフェットがやってくる。プロフェットはウイルスに侵されていて、もう長くない。そこでアルカトラズにナノスーツを着せて、自分の意思を継いでもらおうとする。その結果、アルカトラズはナノスーツの修復機能によって生命を維持できるようになった。

c21508302

しかし、周りの人間は敵をぶっ殺して大暴れしているナノスーツのことをプロフェットだと認識していて、アルカトラズは身体を損傷した関係で声を出せず、訂正もできない。おまけにナノスーツとの融合が進んだ結果、プロフェットの記憶が侵食してくる。

果たして主人公は何者なのか。蓄積されたプロフェットの記憶を元に人格や意思をエミュレートしている存在だからプロフェットなのか、プロフェットの真似事をしていても体はアルカトラズだからアルカトラズなのか、人間の真似事をしている機械(ナノスーツ)は人間なのか機械なのか、アイデンティティを考えさせる内容で面白いっすね。

だって私は人形なんかになりたくなかったんだものー!(イノセンス感)と言ってもナノスーツが無かったらアルカトラズは死んでるわけで。むしろ寄生されて体を好き勝手に利用されるのならあそこで死んでた方がよかったかもしれない。いや、アルカトラズは正義感の強い人間でプロフェットと呼ばれようが周りの人間に頼りにされるのが気持よくて、これ以上気持良くなったらプロフェットになっちゃうヤバイヤバイと言ってる内にプロフェットでもいいじゃんアゼルバイジャンになったとか、色々と妄想が広がる。

c21508303

Crytekなりの主観視点の主人公に対するアンサーといいますかね。声を出せないのは体の損傷で説明できるし、周りの人間に従順に従って人類を救おうとするのもプロフェットの意思によるもの。自己主張せず、従順な主人公にどうやったらリアリティを持たせられるか。どうやってプレイヤーと主人公の溝を塞いで剥離しないようにするかを考えた結果のように感じられて、その出来はまぁ置いておくとしても主観視点のストーリーテリングに説得力を与えようと努力する姿勢はえらい、飴をやろうという感じですかね。ゲームデザインの方はネガる方向の言葉が出るので書かないけど、Crysis2以降は物語とかストーリーテリングから切り込んでいくと面白い作品なのかもと思ったりもします。ちなみにプロフェットの意味は預言者、アルカトラズは監獄のイメージが強いですけどナノスーツの檻に囚われた人っていう感じなんすかね。

c21508301


ミニゲームがアレすぎる

2012年のゲームプレイムービーを見返すとこの時点でもうほとんどできてるというか、裏でナニがあったのかが気になりますねぇクォレハ…。エンディング曲のB2B – Leave the cradleはいいなぁ。エンディングのムービーも良い。クレジットはESCで速攻飛ばす派なんだけど、これは最後まで見ちゃった。


6時間でクリア。後半の太陽と月で読み違いして時間を無駄に費やした、訴訟(きそ) 色々と設定を説明してこれから大きく話が動くのかなと思いきや、唐突に終わってしまった感が強く、各人に想像を委ねるタイプの結末か。スッキリしないまま終わった。雰囲気は良かったもののパズルが一つも面白くなかったのが痛い。キューブゲームや物探し系のタスクはストレスしか感じなかった。

cradle1507261


Cradleこうたので数時間プレイ。パズルや探索に面白みがなく、話が気になるのでプレイしている感じ。ロシア/ウクライナのゲームなので英語訳に懸念があったがそれは問題なかった。次にやるべきことはタスクにまとめられるがざっくりとした説明で、アイテムを探すタスクではそれがどこにあって、どんなアイテムなのかよくわからないのでその手探りに時間がかかる。リアルといえばリアルなのだがその作業が面白いかといわれると微妙だ。

cradle1507252

IDAさんのパーツを集めるために何度もCubeゲームをやることになるがこれがかなりアレ。一番下に落ちないようにしながら色のついたキューブを集めるゲームなのだが、何度も敵が出てきて邪魔するので素早くキューブを集めなければならない。せかされてキューブを集めようにも敵が邪魔してきてイライラという具合で、もっとパズル寄りの方が面白かったのではないか。

cradle1507253

雰囲気はいいがゲームとしてはどうなんだろうなぁ。

cradle1507251


Cradleクッソたのしみなんじゃー

やはりヤバイ(再確認) 動作が重い、設定を変えても変化がない、異様にぼやけている、メッシュの重なりのちらつきが気になるという感じですかね。島を探索しながら記憶を取り戻していく設定はなかなか面白そうなものの、技術的に問題ありですかね。2年くらい寝かせてみよう。

bltd1507231

・Better Late Than DEAD

架空の生物が出てこないリアルなサバイバルもの。COOPにも対応してて、なかなか面白そうですねクォレハ…。値段も$5くらいだし、買おうと思った。


・Cradle

Steamのページできてた。いいゾ~これ。通常版が$12,99 、サントラやアートワーク込のデラックス版が$16,99なのでかなり控えめな値付けっすね。PVの音楽がいい感じだったのでデラックス版もアリかなぁ。これは速攻買うしかないわめ。不安なのはロシア語→英語の翻訳だなぁ…。

開発を知ったのが2011年だから約4年前かぁ…。待ち焦がれたよ、早く出してくれ!

cradle1507211


メッモー☆TNPよくてほんとすき。


弟子が強すぎる

グラフィックはVeneticaの頃からクッソ進歩してますね。おばさんの造形が少しおかしな感じはDeck13ぽさを感じさせる、感じさせない? 粒子の表現も美しい。カットシーンでは一気にフレームレートが落ち込む部分があるがインゲームは安定している。デモンズはマップが縦に長く、初見殺しのイヤらしいトラップが用意されていたがこっちは戦闘重視という感じであまりイヤラシさは感じない。チェックポイントが短めでリトライも楽なので絶望感も薄く、ヌルめの印象。逆にいえばリトライが楽なのであまり疲れずにダラダラとプレイができる。ソウルシリーズはやり直しが苦で長時間はできないからね、しょうがないね。キャラの挙動は短剣でも動きが遅めでハンマーはさすがにどうなのという振りの遅さ。救いはないんですか?(レ) イントロムービーやNPCの会話シーンの説明が不十分でいまいちなにをやってるのかわからないところは問題か。カズローどこにいんだよ…。

lf1507061


今日中にゴミ拾いから運送までの一連の流れを完成させるつもりだったがRIくんのおうた聞きながらうとうとしてたら5時間くらい昼寝してしまったので作業が進みませんでした、センセン。ブループリント上の位置ずれが気持ち悪かったのでこれに関して作り直しとマテリアルも作れるように先にUV展開をすることにした。UE4ではレイヤードマテリアルで異なった材質を一つにまとめられるものの、全部ひとまとめにすると逆に管理がめんどくさそう。どっからどこまでを同じマテリアルにするかが問題だな隊長? ライトカバーなどの透過マテリアルは別にするとして、どれくらいマテリアルを分けるかなんだよなぁ…。分けすぎて負荷かけるのもアレなわけで。RIくんのハッピー☆マテリアルすこ。

cg1507051


ローズオブなんとかこうた。デモンズは面白かったがダークなんとかはつらかったUNKさんは楽しめるんですかね…。

lf1507051


せっかくなのでDLCもやるかということでディスオナGOTY版購入。DLC2と3を5時間程度でクリア。暗殺者目線から描かれる正統派のDLCでほんへの半分くらいのボリューム。ほんへとは違った敵も出てきたりするので新鮮味はあった。ネズミ召喚の代替というべき弟子召喚の能力が強力で、安全地帯から弟子召喚してるだけで掃除完了。弟子有能。

ほんへはエミリーの救済という役目が一応用意されていたので安易に殺害はしづらい雰囲気だったが、こっちはハナからアウトローなので好き勝手できる気軽さがあったかな。コルヴォは単身でミッションに挑まなければならなかったがパブに戻ると仲間がいたのに対し、ダウドには複数の弟子が存在するが心から信頼はできないというか、暗殺者組織のドライな部分も描かれていて、しっかり対比されていたのでメリハリがあってよかった(こなみ) まぁこれで心置きなくディスオナ2もやれますわ。

dh1507052


全編みたいんだよなぁ…。SSIも霊言してくれよなー頼むよー。