私の戦闘力は60万です

・Minecraft

Minecraftがついに60万本突破。一時期に比べれば落ち着いたものの、現在も一日5000本近く売り続けており、まだまだ勢いは衰えそうにない。ちなみに60万本×€9.95(1100円)だから、一年半で6億円もの売上をあげていることになる。販売は公式サイトでのみ行われており、paypalの手数料以外はそのまま作者の手元に入る。まさにインディーズドリーム。Amnesiaの開発者による、売上のぶちあけとMinecraft現象の分析とそれに対するユーザーのツッコミコメントを読んでおくと、Minecraft及びインディーズゲームの現況をより楽しめるかもしれない。

・Amnesiaは一ヶ月間で3.6万本売れた

そのうちの40%がプレオーダー
目標本数は2.4万本であり、なんとか首の皮が繋がった
大手レビューサイトに記事が上がると一日の売上が4倍に上がった
しかし、発売から一ヶ月後ですでに売上の勢いは落ちている
5人のメンバーの2年分の給料と開発費をカバーするにはまだ厳しい

・Amnesiaで検索すると半数以上が割れのリンク

Minecraftのトレント数も多いが検索結果はクチコミやブログ記事が大半を占めている

・Amnesiaは一回クリアしたら終わり

割れで一回クリアするとそれで満足してしまう
Minecraftにはマルチがある
Minecraftの最新版をプレイするには通信が必要であり、それがクラック対策に繋がっている
Minecraftはリプレイ性が高く、何百時間も没頭させる内容だ
Minecraftは頻繁にアップデートして、寿命を伸ばしている

・AmnesiaとMinecraftはゲーム性が違う

Amnesiaはニッチだ。ホラーファンやADVファンにしか訴求しない
Amnesiaはクチコミ効果を期待できない
Minecraftは間口が広く、マス受けする要素が詰まっている

・我々もマルチがあって、頻繁にアップデートして、リプレイ性の高いものを作るべきか?

売上に惑わされずに自分たちの作りたいものを作るべきだ
PenumbraやAmnesiaの方向性を続ける

————————————————————————————————————–

・Game for Windows Marketplace

当初からやる気がまったく見られないGame for Windowsがリニューアル。それに伴い日替わりセールを行なっている。日本からは買えそうにないし、日本人にはあまり意味がなさそうだ。ゲーム機能を強化するらしいWindows 8まではこういうダラダラした状態が続きそうだ。

————————————————————————————————————–

・Two Worlds 2 Spellcrafting Guide!

Two Worlds 2の魔法の解説。魔法カードの組み合わせ次第で色んな種類の魔法を作り出せるんだねぇ。魔法は序盤で使った感じ、使い勝手が悪かったので封印しているが、これを見ると手を出したくなるなぁ。

スポンサーリンク




シェアする