無線LAN子機2019年版Carantee WiFiを買う

この記事は約2分で読めます。

今までBUFFALOのIEEE 802.11n対応のWiFi子機を使用していたんですが無線が切れて、USBを抜き差ししないと接続できないことが増えてきた。というわけで、2019年版Carantee WiFiという怪しげな商品をこうてみました。

BUFFALOのWI-U3-866DSは11ac 866+300Mbps対応だがUSBメモリのようなタイプでアンテナが付いていない。

一方、アンテナ付きのWI-U2-433DHPは433Mbpsが上限。アンテナ付きの866Mbps対応品が欲しかったのだが BUFFALOには無かったので上記のやつを頼んだ。

内容物は子機と8インチドライバーCDのみ。シンプル。日本語の説明書も入っていますがところどころ怪しい。

S「めちゃくちゃコンパクト。手のひらに乗ります」

CDのインストール画面。なんやこれ一体。頭Win95なるで。

Windowsを押すと後は自動でインストールされます。

かにー!

BUFFALOの管理ソフトでは866.5Mbps、電波状態100%。

Realtek 8812BU Wireless LAN 802.11ac USB NIC

上記の電波状態でSpeedtestで測定したところ、上り下り共に300Mbps超え。Steamで25~45MB/s、Epicで25~40MB/sが実測で出ていた。

以前の802.11nの製品では30Mbps(3MB/s)がいいところだったので約10倍になりました。

ただ、無線LANは長期で使って安定しているかが重要なのでこの状態で1年くらい戦ってくれるといいなと思います。その頃には11ax対応品も出てくるだろうし。

ちなみに親機はWSR-2533DHPL 11ac ac2600 1733+800Mbpsを使用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました