期待の新人

この記事は約2分で読めます。

Youtubeのチャンネルを見るとケーキ食いまくってるからすごい。ケーキを食う口実を作る為に他人の誕生日祝ってて、草生えるだよなぁ…。

同じことを何回も言う。自分のことを吾輩と言い出す。幼稚なのは気にしてないと言いつつ、かなり気にしてる。これを計算してやっているとしたら相当なキレモノですね。今後に期待したいと思いまスゥゥゥゥ。


双海さんの動画が作業用に最適でちょっとスカルプトやりたくなったので3D Coatをいじる。うるさくない小学生の独り言というかな、人畜無害な感じでお不快じゃないのが良いと思うんですよ、自分の中では。順平の動画も作業に適してるんやけどテンションに波がありすぎるからそれで気が散ったり、オリジナルメニュー食ってる時の「ンンッ」というえずきやプリンのカップをカシャカシャとスプーンでしつこくほじくってる音がお不快なのでそこが作業用に難しいといえば難しい。

ほんでぇー今回は鎧を着た戦士みたいなイメージでスカルプト。インディゴの侵略によって砂の惑星/砂球を追い出された人類が作り出した23番目の樹脂人間(レ人/Resin)/通称フタミ。人類が母艦374号(ミナシゴ)砂球を離れてから数百年が経過しており、もう船で生まれた人間しかいない。母艦ミナシゴではいくつかの派閥が存在し、インディゴを一つの生命と見なして観察している保護観察局インディゴを殲滅する為に樹脂人間砂球へ送り出している清掃局などが対立している。樹脂人間は油脂とインディゴの血液を吸収することによって自己修復が可能で、コアを覆っている鎧装が多少傷付けられても問題ない。ただし、急激な樹脂組織の欠落が発生すると生命活動を維持できない。フタミは単独で清掃活動を行っており、すでに砂球へ送られてから数十年が経過しようとしていた。ある日、砂丘に一人の赤ん坊を載せた小型宇宙船が着陸して…という感じの設定で。

コメント

  1. *Kawaii
    勃起した。

  2. 幼稚園児みたいでかわいいと思う。
    ホモの一太刀に見つかったせいか動画がほとんど削除されて、涙涙涙です。

  3. 顔は好きですね、顔は
    大人の姿で三歳児並みのコミニュケーション能力とかすげぇ変態だぜ。親が適切な対応をしなかった悲しい結果なんやなって…まだ若いからいいけど初老でこんな会話してたら村八分だで。
    カツ丼作業BGMなんてしたらチルドレン連呼で脳内孕まされそう

タイトルとURLをコピーしました