死にたいので「魔法少女サイト」見てました

この記事は約2分で読めます。
Amazon.co.jp: 魔法少女サイト: 大野 柚布子, 茜屋 日海夏, 鈴木 愛奈, 芹澤 優, 山崎 はるか, 松林 唯人: generic
Amazon.co.jp: 魔法少女サイト: 大野 柚布子, 茜屋 日海夏, 鈴木 愛奈, 芹澤 優, 山崎 はるか, 松林 唯人: generic

まったくやる気が出ないのでアマプラでアニメばかり見てました。一話見て、「これは合わんなぁ…」という物もまぁあるんですけどね。魔法少女サイトも一話が悪趣味過ぎで少し引きました。主人公の女の子が同級生にイジメられて、お兄ちゃんに腹パンされてゲロ吐いて、意識無くなるまで首絞められたりして「キチィなぁ…」というのが第一印象でした。

エンディングで実写が流れ、精子が飛び交い、「まだ足りない キミのとなりで生きたい」という言葉にゾクッとして、続きを見たら最後まで一気に見てしまいましたね。放送終了した物は一気見ができるのがいいですよね。シーズン中だとなにかの拍子で見なくなることも結構あったりするので。

【山崎はるか】デビューシングル「ゼンゼントモダチ」アニメノンテロップED映像

魔法少女サイトは不幸な女の子の元へ魔法のステッキが届き、そこからまた不幸の連鎖が続いていくんだけど、不幸な中にも希望はあって、それが自分的にも救いを感じました。不幸な物を見ると自分の気持ちも落ち込むかというと必ずしもそういうわけではなくて、良い意味でストレスを感じると発散される物もあります。

主人公はどこにも居場所がないと感じていて、常に死にたいと思ってる。アンクさんも一日に50回くらいは死にたいと思ってるし、苦しまずに死ねて保険金が満額でおりる自殺方法を常に考えていたりするので主人公に共感できる部分が結構ありました。あと奴村さんの変わりようがとても尊くて、最後の一騎打ちのシーンでグッとくるものがありました。ご都合主義的なものでも自己犠牲に弱くて、こういうシーンはアレですね。

一話はかなりゲスイんですけどそれ以降はギャグが強めで辛い展開も緩和されているので一話を超えられるかがこの作品の視聴ポイントですね。能力バトルものではあるけど駆け引き性は全然物足りないし、能力が有効活用されていないのも惜しい。後半はキャラが多くなりすぎて雑で強引な展開が多いのもマイナスです。でも分離感を抱えている人は救いを見つけられる…かもしれないアニメだと思います。最後まで見てよかった。

コメント

  1. サムネがつまらない

タイトルとURLをコピーしました