Rocksmith – 中坊は光り物が好き(32)

この記事は約3分で読めます。

念願の新しいピックが届きましたワー。V-PICKSとGravityです。アクリル製のちょー分厚いやつです。手作業で作ってるから値段もちょー高い。普通の弦が変えてしまうお値段。

・V-PICKS(ブイピック) V-SCR SCREAMER(2.75mm) – 630円
・Gravity Guitar Picks グラビティーギターピック Classic Standard 2.0mm イエロー – 780円
・Gravity Guitar Picks グラビティーギターピック Classic Standard 3.0mm グリーン – 780円

普通のピックは0.7~1.2mmなので、2mm超えの厚さは異次元。4mmを超えると1000円超えしてしまうので2mmと3mmタイプを購入した。

rs1302281

大きさはJAZZピックくらいなのかな?と思っていたがそれよりも大きい。JAZZは小ぶりすぎたので個人的にはこれぐらいの大きさが良い。太さは普通のピックに比べて分厚いが、握ってしまえば手に馴染み、すぐ慣れる。2mmより2.75mmや3mmの方が安定する。分厚い方が握り心地は良いのかな。

rs1302282

普通のピックなら弦をはじいた時に抵抗を感じるが、V-PICKSやGravityではほとんど感じないのに音はしっかり出る。軽く当てるだけでちゃんと音が出る。私はピッキングが下手くそなので普通のピックでコードをジャラン♪とすると音にバラつきが生じるのだが、V-PICKSやGravityでは音の粒が揃い、抵抗が少ないのでストロークもスムーズに済む。逆に言うと軽く弾いてもしっかり音が出すぎるきらいがあるので、ピッキングで音に表情を付けにくいかもしれない。また、ちゃんとピッキングできていないクセに音が綺麗に揃ってしまう問題もある。初心者が扱うのは危険かも。

先端の角度や大きさの違いか、ピッキングの仕方のせいなのか、Gravity 2mmとV-PICKS 2.75mmよりGravity 3mmの方がアタック音(弦をはじいた音)が大きく、目立つ。V-PickにはRoundedやPointedなどのタイプもあるので、それだとまた結果が違ってくるかもしれない。単音、コード共に弾きやすく、これはメインで使えそうな印象。個人的にGravity 3mmが第一印象は良かった。問題は値段だなぁ。アクリル板買ってきて自作するのも手か。


今日は色んなピックを試しつつ、BostonのMore Than A Feelingを練習していた。この曲は構成が凝っていて練習にいいかも。パワーコード・チョーキング・ハーモニクスがある。特に間奏で1・2弦のシングルノートを細かく弾くところはインサイド/アウトサイドピッキングの練習に持ってこいだ。ダウンのみだと明らかに追いつかないので自然とインサイド/アウトサイドピッキングで弾くようになる。ソロではチョーキングも使用しているがこれがムズイ。シングルノートの間でチョーキングが来て、切り替えがまだ慣れない。弦が11~48で太いせいもあるんだろうけど上がりきらない時がある。でも、チョーキングやビブラートをかけられるようになると音のシマリが良いのでマスターしたいところ。SITの弦は10~46だから張り替えたら少しは楽かなぁ?

コメント

  1. アクリルは独特の弾き心地でなかなか良いです。
    値段がネックですけどねー。なので自作計画を練っています。
     
    エリクサーついに買いました。次はエリクサー張ろうと思います。
    SITははっきりした音ですね。作りは芯があるというか、ピンとしてます。
    弦を押さえた感触がしっかりありますね。アーニーボールより好みでした。

  2. お、ピック一杯ですね。
    Gravityよさそうだけど高いなぁ。。
    エリクサー買ったんですね。
    うちのは半年以上張りっぱなしだ。。
    低音弦のコーティングが少しはがれているような気がするけど気にしない気にしない。
    SITは使ったことないすね。また感想聞かせてください。
    久々にギター弾いたら楽しいですわ。
    本物のアンプは実家においたままなので
    アンプシミュ(POD-XT)通してですが。。。
    ゴリゴリのメタルサウンドでエッジ立ててリフ弾くと気持ちええっす。

タイトルとURLをコピーしました