「 動画 」一覧

号泣ティッシュ芸ならまかせて

外山恒一か、はたまた虹の丘の幼女イタズラ魔の浅野さんか。ハゲに頭おかしいこと言わせたらリアリティがあるのは世界の共通認識かもしれない。今回、オーグと生身の人間の間で差別問題が露骨に起こっているけど差別とは対極の位置にいるあんくさんには共感しづらいテーマかなぁ。どこが同和地区なんかもしらんし、同和問題同和問題とうるさいやつの方が嫌いやし、海外に言ったら差別を感じることもあるのかもしれんけどわざわざ犯罪率が高くて不便なところにイキたくないし、家から出たくないし、人と触れ合いたくもないから差別とは無縁なんですよね。差別は人間と接触するから発生するわけで、触れ合わなければ発生しないんです(極論) 交通事故も家から出なければ発生しない!

12分? うせやろ?と思ったけどしっかりまとまったまとめ動画で長くは感じなかったです。これ見とけば前作忘れてても大丈夫ですね。主人公の挙動がすごく軽くてロシアゲーを彷彿とさせるアレ。確かに初代は挙動が軽かったけどもう少しズッシリした重量感があった方が好みかなぁ。そういうところは真似ないでいいと思うんだ。


黒人JKを泣かしたたつき監督を許すな。ちな、あんくさんはボスが赤くなった時点でティッシュ一枚使用した模様。次回予告イクまでで3枚くらい必要やったわ。おっさんの涙腺舐めんなって話やで。つーか、もう畜生のみんなが頑張ってる姿見てるだけで泣けるからすごい。

11話のアニメーションやカット割りはもう少し…と感じた部分があったのは事実やし、どっかで見たようなシーンばっかりなんやけど、今までのネタ振りやキャラクター説明がバッチリで一人一人に愛着を持ってしまって、そのせいで感情を大きく揺さぶられてしまいましたね。どのキャラクターも魅力的で不快なのが一人もいないのがすごい。動物をキャラクターにしたのがロードムービーと見事にマッチしているというか、これが全員人間だったらまた違ったんじゃないかなぁ。いろんな特徴を持った姿形の違う動物と出会うってだけで色んな物語を展開できるし、興味深い。

オープンワールドのゲームでも行く先々でクエストもらったり、なんやかんやするけどどれも類型的だったりして退屈になってしまうのが多いがキャラクターを人外やけものにするだけでかなり違うのかなぁと思った。Witcher3はほとんど人間のキャラクターやったけど人物像が凝っていて、印象深かったし、差別化をうまいことやっていたんやなぁと実感する。

上からのお達しかは分からんけども舞台俳優、アイドル、シンガーソングライターを声優に起用した冒険的なチョイスやったけど振り返ってみればどれも良い味出していて、けもの感に溢れていて正解やったと思う。基本的にあんくさんは素人声優の下手くそな発声が嫌いなんやけどこの作品に限ってはそれもアリやったわ。というか、みゆはんに関しては普通にすごいからすごい。

けものフレンズを見て、アニメはやっぱりオリジナル作品やなっとまた一つ実感させて頂きました。先の読めない展開、みんなで考察する一体感というのかなぁ、この空気感はオリジナルアニメ作品でしか味わえないし、オリジナルは尊いで。

EDでうるさすぎて草。当然の反応なんだよなぁ…。設定は結構細かいし、やたらと伏線ぽいのが散りばめられていたから、そういう作品のシリアスは心臓に来るって分かってはいたんやけど、事前情報ではもっとゆるい作品って言われてたからそれを信じたらこの有様って感じやで。さすがにここまでファッ!?とはならなかったけど、小さくファッ!?とはなりましたね。


日本語DLC出たし、Gamesplanetでセールやってたのでこうた。前作がアレだったので怖いものみたさというのかな。ちゃんとプレイしてないと批判はできないから。

いくらアニメーションやキャラクリが酷かったとしてもプレイしてないやつがどうこう言うのはアカンと思うで。そもそも今までだってキャラクリあんまよくなかったやろ。いまさらなに言うてんって話やで。Biowareになにを期待してるんや。プレゼンテッドバイNIWAKAやで。

エネルギー無いと殴れなかったり、敵を倒すと経験値をもらえるとか、Deus Exをプレイしていない人間が作ったようなゲームデザインじゃなければええなぁ。バグで例のBGMが流れないとか、オーグメンテーションを題材にしたゲームなのに出し惜しみで全然活用できないとか、そこは改善していてほしい。そこらへんに転がってる路傍の石のような娯楽作よりも一歩先を進んだ何かがあればいいなと願う。まぁもし同じ轍を踏んでいたとしても何か特徴があればD5やなD5。


「Mass Effect: Andromeda」,Co-op型マルチプレイキャンペーン「APEX Mission」第1弾がスタート/4Gamer

今回のマルチはキャンペーンぽいこともやってるみたいだし、面白そうやなぁ…。前作のマルチもなかなか面白かったんで過疎らないうちに遊んどいた方がええような感じはする。


過激じゃないと満足できない

ご無沙汰じゃないすか。今回も一触即発ありそうで期待したんやけど残念ながらそういうわけにはいかなかったです。この前は急にキレたけど爆発する時と爆発しない時の違いはなんなんやろなぁ…。

スカート部分は△1700ポリになった。やはり凹凸が激しい部分や尖った部分はそれなりに割かないと厳しいという感じ。まぁ何回か繰り返していったらうまいリトポの方法が思いつくのではないかと考えつつ、作業を進めたい。


悲しいなぁ

急にホモの一太刀やYoutuberウォッチャーに注目され始めたので休憩も仕方ないね(レ) 動画作成が楽しいって語っていたのにほとんど削除しちゃって悲しいなぁ…。個人的にも作業用に最適だったので涙涙涙です。

ニコニコの方では温かく見守りたい派が多数を占めているのでクソ土竜みたいな状況にはならないと思うし、一区切りついたら戻ってきてほしいなと思います、自分の中では。クソ無職もスピリチュアルハゲも引退した今、みんなウォッチ対象に飢えてるわけですよ。壊すよりも長く楽しみたいと思ってる人が大半だと思うんです。PCの向こう側に生きている人間がいることを認識して、他者を尊重することが重要って壁破壊ハゲも言ってました。浜崎順平さんや幼女イタズラ魔の浅野さんだって親のすねかじりながら一生懸命生きているんやぞ。いくら相手がヘイトを撒き散らそうがそれが叩いていいという免罪符にはなりません。宇宙は常にあなたを見ているし、他者を赦すことがインナーチャイルドの癒しに繋がるんです(いつもの) †悔い改めて†

今日は双海さんの残りの動画を流しながら少しだけ作業を進める。フタミの身体部分をリトポしてノーマルを焼いたがそこそこディティールが出ているので良しとする。樹脂人間の鎧装はゴツゴツして尖ったイメージにしたかったのでそこのディティールを拾おうとして結構ポリ数をくってしまったのが問題かな。身体だけで△8000ポリ近くあるのは問題かもしれない。もう少し最適化しようとすればできるのだが頂点の流れを意識しながらまとめているとキリがないのでこのへんで諦めた。スカート、頭、髪を合わせて△15000ポリくらいに収めたいがどうだろうなぁ。というか、それらをリトポするだけでもかなり時間をくいそうでアレ。作業用動画が欲しい。


悲しいけど悲しい

双海さんの動画が8割くらい削除されてるんだよなぁ…お前らのせいでよぉ、ナァ! 週末は双海さんの動画見ながら作業しようと思っていたのにどうしてくれんのこれ? 分かるこの罪の重さ?

それにひどいコメント書いてるYoutubeキッズが多すぎるんだよね。S持ってるかもしれないけどさ、それはもうどうしようもないわけで。本人も少し足りてないのは自覚してるんだからSとかSじゃないって言ってもしょうがないし、無害な他人なんだからどうでもいいと思います、自分の中では。そもそも幼稚園児とか小学生低学年みたいな人を罵倒してどうしたいんでしょうか。

まぁSさんはクズ発言多すぎるし、汚いし、コミュニティクラッシュするし、精子スプリンクラー効果でツイッターで若い助詞にセクハラしまくるから罵倒されるのはしょうがないと思うわ。それは本人の業(カルマ)、宇宙の裁定、鏡の法則やと思うわ。


Konaが正式リリースになったのでプレイしたいと思いまスゥゥゥゥ。


期待の新人

Youtubeのチャンネルを見るとケーキ食いまくってるからすごい。ケーキを食う口実を作る為に他人の誕生日祝ってて、草生えるだよなぁ…。

同じことを何回も言う。自分のことを吾輩と言い出す。幼稚なのは気にしてないと言いつつ、かなり気にしてる。これを計算してやっているとしたら相当なキレモノですね。今後に期待したいと思いまスゥゥゥゥ。


双海さんの動画が作業用に最適でちょっとスカルプトやりたくなったので3D Coatをいじる。うるさくない小学生の独り言というかな、人畜無害な感じでお不快じゃないのが良いと思うんですよ、自分の中では。順平の動画も作業に適してるんやけどテンションに波がありすぎるからそれで気が散ったり、オリジナルメニュー食ってる時の「ンンッ」というえずきやプリンのカップをカシャカシャとスプーンでしつこくほじくってる音がお不快なのでそこが作業用に難しいといえば難しい。

ほんでぇー今回は鎧を着た戦士みたいなイメージでスカルプト。インディゴの侵略によって砂の惑星/砂球を追い出された人類が作り出した23番目の樹脂人間(レ人/Resin)/通称フタミ。人類が母艦374号(ミナシゴ)砂球を離れてから数百年が経過しており、もう船で生まれた人間しかいない。母艦ミナシゴではいくつかの派閥が存在し、インディゴを一つの生命と見なして観察している保護観察局インディゴを殲滅する為に樹脂人間砂球へ送り出している清掃局などが対立している。樹脂人間は油脂とインディゴの血液を吸収することによって自己修復が可能で、コアを覆っている鎧装が多少傷付けられても問題ない。ただし、急激な樹脂組織の欠落が発生すると生命活動を維持できない。フタミは単独で清掃活動を行っており、すでに砂球へ送られてから数十年が経過しようとしていた。ある日、砂丘に一人の赤ん坊を載せた小型宇宙船が着陸して…という感じの設定で。


頭順平です

今日はUIと変数を連動させようということで少しだけいじる。最大装填数からクリップ内の弾数を引いた数を所持弾数から引いてクリップ内に足すみたいな、自分でも何を言ってるのか分からねーが普通のFPSぽい弾数計算のシステムを導入しました。計算的にはマガジン廃棄方式の方が楽やけどUNKさんは30分くらい死闘の末、成し遂げました。ノードにすると単純やねんけどこれを足して、これを引いてみたいにやってると頭順平やなぁって実感します。数学0点。


・ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」制作発表記者会見をレポート。現実とエオルゼアがシームレスにつながる映像に注目だ

ネット黎明期にありそうなドラマですね。世界的にMMORPGは絶頂を通り過ぎたので企画としてちょっと弱いかなという感じがする。ただ、何かを通して親子の繋がりを深めるというフォーマットは汎用性が高いので、今だったらMR/ARでやった方がマス受けするんじゃないかな。テレビマンならポケモンGOの時にARモノのオリジナルの脚本書いて、ゲームリリースと同時にドラマ公開ぐらいせぇやって感じやで、ホンマァ。

例えば30台・無職・引きこもり・ニート・心はイケメン・顔はブサメン・スピリチュアル傾倒・障害のお試しパックさんがARゲームを通じて父親と会話のキカイが増えて、外に出るようになって社会復帰するみたいな。うちの父親はゲームを全くしないんだけど同僚に勧められたポケモンGOだけは未だにやっていて、「タマタマ何十匹捕まえた」とか言ってたので意外にあれはコミュニケーションツールとして機能すると思うんですよ、自分の中では。まぁUNKさんは心は引きこもりなので外に出る必要のあるARもMRもやりませんけど。できれば家でゴロゴロしていたい。


・Xenko – Next-Level C# Game Engine

ビジュアルスクリプティング環境は無さそうやけど最新の機能は一通り揃っているのでコードは任せろーバリバリーな人にはいいかもしれませんね。


さすがのサーバルちゃんもSさんを称賛するのは難しそう。あるいは無理くり皮肉のような褒め方をするか、どっちかです。対馬の使い方がうまかったので対馬常習者の称号をあげたいと思います。上から目線でごめんよ、ごめんやで。

こんなに渾名持ってる人はなっかなかいないよ、こんな人は。フフフッって笑えるネーミングが多すぎてすごい。


よーわからんけど全員削除やな削除

Wildlandsのオープンベータちょろっとやってみたけど移動がネックになりそうですね。ボリビアの風景、スケール感はいいんだけど高低差がありすぎて移動がしづらく、敵の拠点がまばらで小規模なのであまりマップが活かされているとは感じない。こっちはドライブや遊覧飛行じゃなくてドンパチやりたいわけで。ミリタリー感やトム・クランシー感は薄く、よくあるオープンワールドゲームに近い感触。ダルい移動もCOOPなら楽しめるかなぁという印象ですね。$20ドルくらいなら買うかもしれません、自分の中では。あとカットシーンやアニメーションの作りがかなりアレ。AAAタイトルじゃなくて予算少なめタイトルだったりする…?

未だに尊厳損傷したままで無気力状態なんやけど今日は少し頑張ってマジックソードを作成。心で思い描いたものを最先端技術で形にする科学魔術-Magichによるマジックソード攻撃です。リチャージが完了したら左手からビュンと出せるようなイメージを持っているんやけど剣が出た時に電撃か粒子か煙が出たりするとカッコいいかなぁと思って電撃を作ったけどちょっとこれは違うのでやっぱ煙と粒子の複合かなぁという感じです。やっぱVector Fieldsかなぁ。Blenderでも作れないことないけどMayaやMaxじゃないと厳しいんだよなぁ。


・SteelSeriesの新型ヘッドセット「Arctis 5」ファーストインプレッション。少なくとも出力品質は同社史上最高だ

やっぱり最高じゃないかArctisは。個人的に気になってるのは7のワイヤレス遅延なんですよ。サンプル手に入ったらそこんとこお願いしますよ。それでLogicool並なら買うわ。


「おい、ゴミ!」でさすがに草生える。Ryzenはどの程度のエンコ力を発揮してくれるかが楽しみですね。2000年前半の熱い勢いを感じる。なんだか若返ったような錯覚さえする。Intelよりもコスパ高い状態が続くなら次のPCはAMDで組んでもええんやけどグラボはやっぱンヴィディアッーかなぁと。RX480はコスパいいけどGeForce Experienceの機能が使えないのは厳しい。CPUもグラボもAMDでガッツリ組みたいけれど現実は厳しい。


Junkputtyさんがスッキリしないのはよく分かる。Lとの戦いはそれなりに説得力があって、ルール内でどう動くかが見ものやったんやけど、Lの死後は説得力が欠如して、ルール外の反則に感じてしまう展開が多くて、「うーん、これは…」ってなってしまいましたね、自分の中では。ジェバンニはネタにされてるけどこれがワタリならまだあり得るかも…となったかもしれないんだよね。Lやワタリのキャラクター性があまりにも強いのに反して跡継ぎが…っていう世襲問題を取り上げたアニメだったのかもしれない、デスノートは。週刊連載でこれだけのストーリーを作ったラッキーマンの人はゴイスーやと思うけど自分の中ではLが死んだ時点でデスノートも完になったような気がします、自分の中では。重罪で三振法に引っかかったやつは全員削除でinじゃねーの? Sさんに持たしたらどうなるか気になるからすごい。