「 UnKnown 」一覧

Warframe – もういくつ寝るとトリニティ(3)

トリニティちゃんのパーツ揃った!これで勝つる!ということで完成図を購入して作成。しかし、トリニティの完成は3日後・・・ちょいと長すぎやしませんか。武器も12時間とか1日かかるが、それを遥かに超えた長さ。50プラチナ(課金)を支払えば一瞬で作れるようなのだが、時短に金をかける気は起こらないので待つとするかな。まぁ3日後の楽しみが増えたというわけで、ポジティブに考えることにしよう。あと3日寝たらトリニティちゃんが届く!wkwk、wkwk。

wf1304021

前回に引き続き、ルビドー集めはEuropeのValforで。ショットガンのSTRUNとピストルのLEXが最大まで育ってしまったので、バトルライフルのLATRONを買ったり、プラズマライフルのBOLTORやピストルのKRAKENの設計図を買った。同じ武器を使い続けてもいいが、その分の経験値が無駄になるのでどうせなら他の武器も育てた方が良い。

どの武器にも共通して言えることだが初期状態だとまるで使いものにならないので、戦う時はもっぱら両手剣のGRAM頼り。ただ、普通は使用武器の経験値しか入らない仕様なのだが、COOPの場合は他のプレイヤーがライフルを使っていた場合はライフルの経験値がこちらにも入るので、携行さえしていれば無理して特定の武器を使わなくても育つことは育つようになっている。気兼ねなく他の武器を使用できるのは良い。なのでこちらはGRAMでブンブンしつつ、他のプレイヤーにライフルやピストルつこて~と祈る日々。LV20くらいになればそれなりに使えるようになるのでそれまで我慢の子だ。

wf1304022


Warframe – おっちゃんこの台出ぇへんで(2)

近接武器のクロノスを上限まで育てたので次は両手剣のグラムを育成。両手剣なので振りは遅いが威力が強く、チャージ攻撃は通常の2倍。雑魚はスライディング斬りとジャンプ斬りで即死なのでかなり使える。特にボスのジャッカルさんはチャージ攻撃一発でスタンさせられるのでハメ殺しが可能。起き上がった直後にチャージ攻撃、また起き上がったらチャージ攻撃でジャッカルさん涙目。普通に戦えば強敵のジャッカルさんもグラムがあれば生まれたての子鹿状態というわけだ。

wf1303311

ジャッカルはライノのパーツを落とすのだがシャーシだけがなかなか落ちず、20回ほど通いつめてようやくパーツが揃った。「これでライノのWarframe作れるで!」と言いたいところだが今度は素材がない。合金とルビドーがなく、これじゃあパーツが作れないよ。というわけで素材集め。

素材を集めている最中にトリニティのパーツも揃い、どうせならおにゃのこのフレームの方が良いのでこっちを作ろうかな・・・。トリニティはヒーリングがどうたらこうたらで支援がなんとかかんとかって書いてるから、ちょっと違ったプレイスタイルで面白そう。

wf1303313

ルビドーはEuropeのValforが集めやすそう。ここは防衛ミッションで敵が感染者なので防衛地点でグラムをぶんぶん振り回していたら勝手に敵が死んでいく。定位置で戦えばドロップした素材やMODも拾いやすいのでわざわざ拾い集めることもない。ちなみにWave10を超えると敵がアホみたいにわんさかやってくるので近接武器のレベル上げにも向いている。あとは合金とルビドーが両方手に入るセドナも良い感じ。他にも作りたい武器があるのでここに篭ろうかな。

wf1303312

10万クレジット貯まったのでセンチネル(ペット)の設計図をこうた。センチネルはアグレッシブなWyrmとステルスのShadeの二種類があるのだが、もっぱらアサルトプレイのUNKさんは迷わず前者で。こいつは近くの敵にビームを撃って攻撃してくれる。MODもつけられるので氷MODをつけて自動的に敵の動きを鈍らせてくれるのが便利。あとご主人さまのシールドが無くなると貼り直してくる機能もあって地味に助かる。うねうねしてますがカワイイやつです。

wf1303314

シールドの上限を増やすRedirectionのMODがなかなか出ない。少し前に一枚出たっきりだ。一枚あればフュージョンコアを融合させてレベルアップも可能だが、その場合は融合費用がケタ違いに上がるので迷っている。同じMODを融合させた方が安くすむので出来ればあと何枚か欲しい。あと全く出ないのがピストルの貫通MOD。貫通ダメが入るとダメージの底上げができるので是非とも欲しい。20枚くらいダブってるクソカードやるから交換してけろ。

wf1303315

ショットガンのSTRUNをレベル30まで育てたがかなり強力。初めこそ威力不足と装弾数の少なさで微妙だが、威力UP+貫通+マルチショット+属性を付けるとバケる。シールドのない敵なら一撃で葬れるので装弾数の少なさも気にならない。正直これ一本でゴリ押し可能なレベル。他のショットガンも相当強そうだ。上限まで育てきったので今度はどの武器にしようかなー。

wf1303316


Warframe – 寝不足注意報(1)

・Warframe

Digital Extremes開発のF2P COOP Shooter。グラフィックは綺麗な微妙なゲームばかり作ってきたDigital Extremesだが(個人的にPariahは好き)、これは今までで最高の出来かもしれない。とにかく寝る暇を惜しんでプレイし、ギターを弾く時間もなく、没頭している。COOP好きやハック&スラッシュ好きはマストプレイ。課金(納金)要素は良心的すぎて心配になるくらいだ。

wf1303281

初めに3つのWarframe(キャラ)から一つ選択できる。各Warframeはステータスが若干異なるが、一番の違いはスキル。それぞれ固有のスキルを4個ずつ持っており、超能力や直接攻撃から隠密系のものまで個性がある。スキルは利用価値の高いものが多く、銃+近接攻撃+スキルを用いたハイブリッドな戦闘スタイルが本作の持ち味だ。

新しいWarframeを入手するには課金するか、ボスを倒して3つのパーツの設計図を入手してパーツを作成し、パーツを合体させることでWaframeが手に入る。課金すれば即使えるが、タダで得ようとするとなかなか苦労するというわけだ。パーツの設計図はボスが必ず落とすわけではないし、設計図を落としたとしてもダブる可能性も十分あり、早々揃わない。それにパーツやWarframeを作る為には素材も必要で、ひたすら敵を倒したり、ロッカーを開けまくらなければならないので苦労するだろう。

武器の設計図はゲーム内通貨で買うことができ、Warframeに比べると入手難易度は低い。課金で買える武器は大体作ることができるし、時間さえかければ無課金でも楽しめるという仕様だ。それに設計図や素材集めがモチベに繋がっているので作るのに時間がかかるからダメとは感じない。「COOP楽しんでたらクラフトできるようになってた!」くらいの感覚で遊ぶのが精神衛生上よろしいだろう。

wf1303282

装備はライフル(ショットガン)、ピストル、近接武器の3つ。Warframeと武器は経験値を得てレベルアップするとMODを装着できるポイントが得られる。レベルが上がってもステータスは変わらず、MODを装着して強化していく仕組みだ。MODは敵がドロップする。

MODには威力を強化するものから、リロード時間や連射速度上昇、属性付与や弾薬増加などがある。レベルの上限は30(レアアイテムによるアップグレードで上限60)で、すべてのMODを装着することはできない為、どういった方向性で組むかはプレイヤーによる。純粋に威力を強化しまくるのも良いし、手数重視でも良い。威力強化は%上昇なので単発威力が高いほど高火力を望める。

属性は電撃・炎・氷があるのだが同時に3つとも付与させることができ、敵が炎で燃えながらビリビリして氷でスローになるというカオスな効果を生み出せる。序盤は武器の威力は弱いし、属性も付かないし、Warframeのヘルスやシールドも初期値なので辛い状態で始まるが、レベルを上げてMODをてんこもりにすると敵をなぎ倒せるようになり、爽快感が得られる。近接武器の威力をガン上げすれば一撃で雑魚敵を屠れたりする。MODによる強化システムが理解できてくると面白くなってくるタイプのゲームと言えよう。MODを求めてひたすらダンジョンに潜る日々が始まるわけだ。

また、MODは融合させることで強化できる。MODを強化すれば効果自体も上がるが、MODポイントも上がる為、高レベルのMODばかりを装備しようとするとたくさんの種類を装備できないようになってくる。そこでどの程度まで強化して、MODポイントを使い切るかが重要になってくる。

wf1303283

星系は約10個、星系毎に10個程度のマップが用意されている。マップは使い回しが多いのだがランダムに組み合わせることでバリエーションを持たせている。どのマップもどこかで見たことあるがちょっと違うという感じで、うまく作業感を殺している。敵は大きく分けて3勢力存在する。人間、感染者、ロボットとそれぞれ異なった戦闘を楽しめる。

ミッションは暗殺・殲滅・防衛・捕獲・ボス戦など色々用意されているが、基本はマラソンゲーである。一応、マップにはマーカーが表示されるのだが階層表示がないので初見だと分かりづらく、迷ってしまうところがある。無駄に分岐してるところがあるのも迷わせる要因の一つだ。強い人ならガンガン一人で突っ込んでいけるし、仲間を強制的に集合させるような仕組みが無いに等しく(ドアのボタンを二人で押さないと開かないところがあるくらい)、COOPのシステムとしては旧世代感が否めない。ただ、ラフで気軽に遊べるところが利点だったりするので、この辺は好き嫌いの問題になるだろう。ガチガチに協力しあわないとクリアできないゲームの場合、野良だと厳しいものがあるわけで。

wf1303284

COOPは最大4人まで。ソロでもプレイできるようになっているが死ぬとそのまま即死になるので難易度が高くなる。COOPの場合はヘルスが無くなると瀕死状態になり、時間内に他の人が蘇生すれば復活できる。死んだ場合はリバイブポイントを消費して復活できる。リバイブポイントは1日4つ無償支給される。課金でポイントを買うことも可能。ラグはホスト役のpingに左右する為、pingの悪い人と組むとガクガクになる可能性がある。マッチングや途中参加のシステムがよろしくないのでこの辺は改良してほしいところだ。全般的にUIも使い勝手が悪く、無駄にページをめくる作業が多いのも問題か。

wf1303285

序盤の印象はそれほどではなかったがMODでどんどん強くなっていくにつれて、「もっと強くなりたい!」という欲求と手軽に色んな人とCOOPを遊べる楽しさで熱中している。Warframeを作るのには時間がかかりそうだし、かなり長く遊べそうだ。ギターの練習ができなくてちとやばい。

wf1303286


テンノだっつっテンノ

・Warframe

Steamでもそろそろ配信されそうなWarframeを始めてみる。
美麗で無難なゲームを作らせたら右に出るものはいないDigital ExtremesのF2P COOP Shooterだ。

wf1303251

ちょろっとやった感想としては・・・
・アクションの挙動やシューターとしての作りはまとも。敵がダメージを受けると怯んだり、ヘッドショットをキメると顔が潰れたりと銃撃のヒット感がちゃんとある
・銃のサウンドはちと軽め。ライフルは遠距離まで届き、リコイルも小さい。ハンドガンはリコイルが激しいが一発のダメージが高い
・ジャンプしながら撃てたり、高いところをよじ登ったり、カタナをブンブン振り回したり、スライディングやジャンプキックをかましたりとアクション性高め
・Warframe(キャラクター)毎にスキルがあり、銃とスキルのハイブリッドな戦闘はMass Effectに似ているかも
・エフェクトが超絶に美しく、被写界深度や光学系のバランスが上手い。さすがDigital Extremes
・基本マラソンゲーだが目標ポイントへの導線が甘く、迷う場所がある
・離れていても瞬時にメンバーを集合させたり、常に集合させるような仕組みがない為、バラバラに行動してしまう場合があるのが残念
・人間の惑星とか機械の惑星とかモンスターの惑星など惑星毎に特色がある
・各惑星にはマップが10個ほど用意されている
・マップの作りは同じエリアを使い回して、パズルのように組み合わせてバリエーションを持たせている(1-1はA+Bエリア、1-2はA+Cエリアという感じ)
・マップ毎に色調を変えることで同じようなエリアでも違った雰囲気を与える
・WarframeってMDKですよね?
・日本語化されているが最新アップデート分はまだ未訳の部分があり、一部テキストが表示されないところもある
・課金(納金)しなくてもWarframeや武器や装備MODは手に入る。Warframeは設計図を手に入れて開発したら使えるようになるらしいが揃えるのは大変かも
・課金しなくても人並みに戦えるバランスは好感が持てる
・レベルが上がるとMOD(カード)をたくさんつけられるようになり、威力や効果が増える
・UIが複雑で無駄が多く、分かりづらい
・ホスト依存のためpingの高い人に当たるとワープ地獄
・MODは敵が落とすが発見しにくい。個別ドロップなんだし、こういうのは自動取得でいいと思う。拾わせる労力が無駄
・気軽に野良COOPが楽しめ、時間を忘れて遊んでしまう
・F2PのCOOPシューターは出来がよろしくないのが大半だが、これは普通のシューターに匹敵する出来。それが無料で遊べる意義は大きい
・UNKさんはfpsunknownでやってますのでフレンド登録よろ

wf1303252


Rocksmith – 処女クサー(41)

SIT弦をクロスで拭くと赤錆が付着してきたので交換。やはり普通の弦だと3週間くらいが目安か。というわけで次はエリクサーへ張り替え。

rs1303231

弦毎に袋に入っているので間違う心配はない。

rs1303232

456の巻き弦はテールエンドとペグに巻く部分以外はコーティングがしてあって、白っぽい。イメージ的には銅線をビニールで包んでいるビニール線みたいな雰囲気。触ってももろに鋼線を触っている感じがしない。普通の弦に比べてコーティングしてある分だけ太く感じる。あとコーティングしてあるお陰か、普通の弦に比べると滑り性が高い。

123のプレーン弦は少しくすんだ色合い。こちらはコーティングはしてないが、アンチラスト弦らしく防錆効果は高いらしい。普通の弦でも456弦は全然錆びないが、123弦が錆びるのでどの程度効果があるのか楽しみ。触り心地はアーニーのペラペラした感じに似ている。

音的にはSIT弦に近く、素直で大人しい音色。私は過剰にジャラジャラした装飾のある音が嫌いなのでこの音は悪くない。ただ、コーティング弦は少し篭っているような感じもする。初めのチューニングは私が慣れてきたのか、それともエリクサーが安定しているのか、レギュラー合わせは5分程度で落ち着いた。何曲か通しで弾いてみたもののズレもなく、張りたてのチューニングが安定しないという話を聞いていたがむしろ安定しやすいかも。今回の弦張りは30分程度で済んだ。やっぱり手際良くなっているんだなぁ。

エリクサーは3ヶ月は余裕で持つ、6ヶ月ぐらいは平気という話なので赤錆が出るか、サステインが悪くなるまでこのままにしようと思う。しかし、そんだけ持つと指板の掃除やボディ磨きができなくて逆に困るなぁ。弦張りとかメンテも楽しいからね。

rs1303234

ちょっと気分を変えてThe Boxer Rebellion – Step Out Of The Carに挑戦。爽やかな井上陽水みたいな曲だ。メインリフは3弦のみで、パターンが少ないのですぐに覚えられるし、リフを刻むのがなかなか楽しい。

ちょっとやったら10万点は超えた。コーラスパートだけレベルがマックスじゃなかったのでマスター解禁できなかったがあと何回かやればマスターできそうだ。

rs1303233


マイトマミーツグリムロック

・Might & Magic X Legacy

本編が蔑ろにされていたマイトマシリーズ。ついに続編がクルー。
システムはマイトマ3でグラフィックは現代的という組み合わせ。
個人的には6以降のシステムでやってほしいけど、それは結果次第かな。
主観視点のパーティ制RPGはいいよねぇー。
後半はちゃんと宇宙行くんですよね?


銃弾は曲がりますか?

・Clive Barker’s Undying – GOG.com

Undyingこうた。当時、デモをやった時は微妙だったので買わなかったが今だと違う印象を持つかもしれない。
Omikron: The Nomad Soulは話を進めてもいまいち面白くなかったし、アローンインザダーク視点になると頭痛がするので一旦停止。

cbu1303211

・Clive Barker’s Undying – WSGF

\GOG Games\Clive Barker’s Undying\Systemフォルダのsystem.iniで解像度の変更。
FullscreenViewportX=xxxx
FullscreenViewportY=xxx

user.iniでFOV変更。16:10なら100、16:9なら106推奨。
DesiredFOV=90
DefaultFOV=90


そろそろ冬アニメも終わりそうだ。期待していたアニメ(ビビッドレッドオペレーション・魔王勇者)は脚本や演出に問題ありで、逆に期待していなかったアニメ(AMNESIA・俺の妹は大阪オカン・琴浦さん・たまこまーけっと)が楽しめたシーズンだった。

◎ AMNESIA
◯ 新世界より
◯ たまこまーけっと
◯ ジョジョの奇妙な冒険
◯ PSYCHO-PASS
◯ 俺の妹は大阪オカン
◯ 琴浦さん
△ 兵部京介
△ 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
△ ささみさん@がんばらない
△ 魔王勇者
△ マギ
☓ ビビッドレッドオペレーション
☓ さくら荘のペットな彼女

特にAMNESIAは大健闘。乙女ゲー原作ゆえにどうせアレな出来なんだろうと思ってみたものの、この作品の楽しみ方を分かってからは何度も見返すほどハマってしまう。地上波で予告ネタを楽しみ、ニコニコでつっこみ、もう一度見返すという感じ。

ストーリーは記憶喪失の主人公が他に悟られないように日常生活を送り、記憶を取り戻そうとするが交通事故やら転落事故で死亡する度に記憶喪失後の記憶を維持したまま平行世界へと移動してしまうというタイムリープもので、サスペンスやミステリー要素があり、先が気になる展開ではあるのだが、それ以上に草不可避なシーンが頻繁にあって突っ込み始めたらきりがなく、いちいち草生える。気になって原作のゲームにも手を出してみたのだがアニメ版は上手いことアニメに仕上げていると感心してしまった。

◯草を回避できないAMNESIA
・男の子がダークフレイムマスターみたいなかっこいい服で草不可避
・一般人は普通の服なのに主人公の団体だけコスプレ集団みたいになってて草不可避
・シンのブーツが片ちんばで草不可避
・シンのふともものあたりが穴開いてて草不可避
・シンがクリームソーダをお茶呼ばわりしてて草不可避
・イッキさんがいちいち「バッグ持とうか?」と聞いてきて草不可避
・イッキさんが邪気眼を隠すために変なマスク被ってて草不可避
・イッキさんファンクラブのモブの格好が三人お揃いで草不可避
・イッキさんファンクラブのモブの声が一昔前のエロゲーみたいな声で草不可避
・イッキさんファンクラブの会長がフランス革命で草不可避
・ブレーキやアクセルが効かない暴走電車が普通に通り過ぎていって草不可避
・ケントが頭ワシャワシャするのに「撫でる圧がどうたらこうたら」と言い出して草不可避
・トーマが監禁王子で草不可避
・ヘアピンで鍵をすんなりとピッキングする主人公ちゃんに草不可避
・睡眠薬盛られて監禁された主人公ちゃんが相手のことを普通に好きになってて草不可避
・ウキョウが懐中電灯で顔芸してて草不可避
・ウキョウが道端で普通に寝ていて草不可避
・ウキョウが普通のナイフでコンクリートを抉っていて草不可避
・予告→提供ネタで草不可避