X Rebirthこそが覇権

この記事は約4分で読めます。

10月はアホみたいに期待の新作ゲーがリリースされる。寝食の暇なんてない。流れから外れれば、後には積みゲータワーが残るのみ。我々は止まることなどできやしないのだ。というか、重なりすぎだろ。販売時期考えろよ。

・PAYDAY The Heist – 10月予定

SWATやFBIを排除しつつ銀行強盗を行うアクションFPS。悪者として大暴れするテーマに背徳感をくすぐられる。画像を見るとSWAT3やSWAT4のようなタクティカルFPSを想像してしまうが、展開のテンポは早く、アクション寄りのプレイ。人質を拘束し、警察と交渉することで敵の数を減らすことが可能。アンロックシステムを採用しており、繰り返しプレイすることで武器やガジェットが解除されていく。マップは同じでも敵や人質のリスポーンポイントはプレイする度に変わるのでリプレイ性は高い。

Left 4 Deadの後釜として期待しているCOOPゲー。いつものCOOPメンバーもすでに予約しているので、早めにみんなで遊んでみたい。


・Dungeon Defenders – 10月20日

タワーディフェンス要素のあるアクションRPG。ウェーブ毎に現れる敵を倒し、コアを守りぬくのが大まかなゲームの流れ。どこにでもタワーを立てられるのがウリの一つで、他のTDゲーのようにタワーの置ける場所が限定されていない。職業は騎士・魔法使い・僧侶・狩人の4種類が用意されており、攻撃方法やスキルが異なる。ウェーブをクリアしてスキルアップしたり、装備品を変更し、キャラクターを強化可能。4人までのCOOPに対応している。

プレオーダーが始まってから一年ほど経過しただろうか。ようやく発売が決まりそうでなにより。ハック&スラッシュ+TDというゲームシステムで楽しそうだが、スキルや装備の概念がどこまで影響してくるかが気になるところ。足並みを揃えないとCOOPが楽しめないのはツライが、職業は4種類あるのでキャラクタースロットもそれ以上は用意されていると思いたい。それならば身内とCOOPする場合はそれ専用のキャラを作っておけば問題なさそう。敵キャラ数はかなり多いとのことだが、マップがどれだけ用意されているかも気になる。繰り返し遊べそうなゲームデザインだが、やはり同じマップで何回も遊ぶのはツライのでなるべくたくさん欲しい。


・RAGE – 10月6日

久々のidの新作。世界設定はポストアポカリプス(世紀末)で、自由度の高いゲーム展開となっており、Borderlands+Bioshockに近い内容になっているらしい。ゲームシステム自体に目新しさはないものの、id製作ということもあって、シューティングの基礎的な部分やグラフィックには大いに期待できる。むしろ、その部分が他と一線を画していないとダメゲーに陥る危険性あり。Doom3はクラシックなシューターを今風に復刻させたゲームデザインで、オールドスクールなFPSが好きな人やDoomerにはタマらない内容になっていた。しかしながら、画面の暗さを主軸にしたゲームデザインはきちんと内容を理解しようとする人にしかウケなかったのも事実で、表面的な部分を見ただけであーだこーだ言うしか脳のない人たちの不評を買ってしまったが、今回のRageは万人受けしそうなゲームデザインの為、Doom3の時ほど賛否両論は起こらないだろうと思われる。家ゲー寄りになって日和ったと言われるか、やはりidのシューティングは最高に出来が良い!と賞賛されるかのどちらかだろう。

ホード型のCOOPが用意されているようだが、そこにはあまり力を入れていないようなので期待はしていない。DL販売はSteamのみ受け付けているが、値段が異様に高いので迷っている。予約割引のあるGMGで予約したかったのだが、Steamでリリースされてからしか購入できないのだろうか。


Dark Soulsは絶賛プレイ中だが時間がなく、他のゲームも平行してやっているのであまり進められていない。時間がなくてプレイ日記も滞りぱなしだ。Rageまでにクリア&日記&感想を完了させるつもりだったが、無理ぽ。助けてください、助けてください、瞳を閉じて~。


X3:ReunionとX3:Terran Conflictも再来月辺りまでには決着をつけたい。X Rebirthまでにはなんとしてでもやるしかない。最新のニュースでX Rebirthにコックピットがあると知り、テンションが物凄く高まっている。UIは未だにゴチャゴチャ感があるのだが、初心者にも配慮するというEgosoftの言葉を信じるとしよう。というか、X Rebirthが楽しみすぎて生きていくのが楽しい。あと、ジュエルペットサンシャインとFate/Zero

コメント

  1. Rageはオーストラリアの90ドルに比べれば日本はまだマシですが、地域でこれだけ格差が生じるのは勘弁してもらいたいですね。
    今後、こういった流れが続き、慣れてしまうのが怖いです。ロシア待ちしていますが、USで購入するかもしれません。

  2. PAYDAY伸びちゃいましたねー。これでより10月のスケジュールが過密に…
    RAGEもSteamで日本語入ってるらしいんですが値段がー!ですね。
    発売前からすでに波から転げ落ちそうですw

  3. PublisherがSOEでした サーセン

  4. RAGEはおま国かもしれないのでとりあえず様子見です
    でも予約特典のDouble Barrel Shotgunが欲しいけど後でDLCとかで売ってくれるのだろうか
    PAYDAYはインターフェースがpc向けになってたらいいんですけどね開発がSOEだし
    画像右下にpsコンのやつが…

タイトルとURLをコピーしました