「 動画 」一覧

映画版BLAME!は

Netflixの広告でやたらとBLAME!映画版が出てきて、劇場版とネット配信同時なんか…ということで一ヶ月無料期間あるし、登録して見てみた。

電気漁師、シボ、セーフガード、サナカンの話を再構成したオリジナルエピソード。原作同様にシボが専門用語をバリバリ喋りまくるが分かりやすく解説されているし、電気漁師目線で話が展開していくので初見でも付いていけるようになっている。原作のシーンをうまく混ぜ合わせて入れ込んでいたりするのだがそれでも印象的なシーンやキャラを全部というわけにはいかないわけで、あのシーンはないのか残念…という感じが強い。

霧亥があまりにも喋らなすぎ。「わたしは…ネット…端末…遺伝子…を…探している…ソソソ」 西部劇に出てくる強いけど寡黙な用心棒的立ち位置(登場BGMも西部劇)。時間的に余裕が無かったのは分かるが、づると霧亥の関係をもう少し描いた方が感情移入しやすかったかもしれない。原作よりもヒューマンドラマ性が強くなっていて、一般受けしやすい形に作られているのだがキャラクターに愛着を持てるまでは描ききれていない。シドニアのドラマ的手法が入っているがBLAME!の原作の良さや方向性ってシドニアとは異なるものでそこに今回は乖離がある。

パーティクル、ライティングが綺麗。シドニアの頃よりも細かい色味が表現されているように感じる。絵のクオリティの満足感は高いがサナカンの戦闘シーンはもっと躍動感が欲しい。リミテッドアニメーションの良さが活かされているところは少なく、コマ落ちしているように感じるところも多々。これならフレームレート高くしたバージョンも見てみたい。ただ、駆除系セーフガードの動きは気持ち悪くて最高に良い。序盤の電気漁師の戦闘シーンがこの映画の一番のハイライト。

登場人物の網膜越しに独自のインターフェースが表示されているがその動きが気持ち良くて、ずっと見ていられる。

BGMはミスマッチで浮いているように感じるところがいくつかあったが、SEの完成度は高い。セーフガード、シボのノイズ音が気持ち良い。

キャラデザインに萌え要素足しすぎ。シドニアとも違う方向性の絵柄。原作の電気漁師は普通に居そうな感じ、臭そうなところに実在感があったのだが劇場版は美男美女揃いで作られたモノ感が強い。霧亥の目や前髪がビジュアル系ぽくて、ここも愛着を持つのを阻害しているように思う。サナカンも萌え足しすぎ。CVはやみんもちょっと違う気がする。

うちに金くれればこれくらいは出来ますよというアピールの作品に感じた。これが海外で話題になればアニメシリーズ化なんてこともあり得るんじゃなかろうか。海外の人らの頑張り次第ですかね。シドニア完結させてくれよ。


Exanimaはアリーナモードもおもろい

アリーナモードの軽い紹介をしたいなということで動画をちょろっと撮りました。主人公はイケナイ肉を販売して捕まった精肉店の店主、マスタークラスまで上り詰めたらブタ箱から出られるという感じの設定でやろうと思ったんやけど、途中で編集がめんどくさくなってきて、ダイジェスト気味になりました。撮りためしてる分があと5倍くらいあるんやけど基本的に同じことの繰り返しなんで書くことが無くなってくるんですよね。でも、戦闘はさ、ひたすら没頭するほど面白いんやけど。


ヤクルト→WE ARE THE CHAMPで腹筋が崩壊した。シンデレラガールズ知らんかったけどS語録の使い方がうまかったので80点とさせて頂きまスゥゥゥ。Sさんもこれくらい気の利いたコメントができていたら若い助詞とオフパコできてたかもしれないですね。

蟲みたいでかわいい。


・「ウィッチャー3」の人気ミニゲームが,独立したデジタルカードゲームに。「グウェント ウィッチャーカードゲーム」の見どころと開発者インタビューを掲載

ホンマァさんCD Projectに入ったんですかね。まぁこれでCyberpunkの翻訳は100点満点の出来になることが決定したわけなので一安心って感じですかね。カードゲーム系はあんま興味ないんやけどグウェントは面白かったのでベータ開始したら参加したいと思いまスゥゥゥ。


しけたばかうけはNG。ほんまに「ばかうけからインスピレーションもらった」とか言ってて草生える。こんなサービスしてくれる外タレいーひんでホンマァ。メッセージってどんな映画なんやろうって思ったらテッド・チャンの短編が元ネタなんすね。


やはり斬撃が強し

かわいい。やっぱりハゲさんはなんだかんだ言って愛されキャラやと思うんですよ。壁破壊、女児イタズラ魔だとしても、どこか憎めないところがある。結構な頻度でハゲさん関係の動画にハゲさんの口癖コメントを書き込んでる人がいるんやけど、これ同一人物なんかなぁ…。

Exanimaのアリーナモードを本格的に遊び始めた。今まで棒や鈍器中心に使っていたんだけど刃物系がなかなか使いやすくて、ブッチャープレイは結構アリかもしれん。リーチは短いけど振りが速いし、顔にカスっただけで大ダメージが入るので鈍器や棒よりもサクッと倒せる印象。重装備の敵にはどうか分からんけど序盤は包丁強しかも、なのだ。


無力感と全能感に襲われた休日

住所特定されて国に帰ることになったらしいけどファッション糖質、演技だったってことなんですかね。

土日はハゲさんの動画を見て過ごしました。湿度が高くなったり、気温が急に上がったりして、気分の落ち込みが激しくなって、一日の間で躁鬱が起きやすくなっているんだよね。ハゲさんの動画をタブレットで流しながらお昼寝したのもいけないのかもしれない。UNKさんも傷付きやすい人間でこの病は死ぬまで変わらないと思う。おもちゃ不足なのでハゲさん、そろそろ復活してくれませんかね。失ってはじめて気付く無職のありがたみ。

・友達も無く…「4か月風呂に入らない」生活を送る43歳自虐うつ男のリアル

セルフネグレクト。ハゲさんが好きそうなパワーワード。インナーチャイルド系のネタとして使えるかなぁ。UNKさんも常に無気力、面倒臭さを抱えているので結構共感できる部分はある。ただ、風呂に入らないと痒くなってきて、イライラするので風呂入らないのは無理じゃわー。

・カラオケ動画投稿ダメ…メーカーの権利侵害判決

やったじゃないすかー。貝塚の人もついでに提訴されてほしい。


American Truck Simulatorこうた

安かったのでこうた。ETS2と大きな違いはないと思う。建物の出入り口が狭いのか、トレーラーがでかいのか知らんけどETS2よりも引っかかりやすいような感じはする。あとトレーラー設置をやるか、任せるか、毎回自分で選べるのも違うかも。

でも今回はアメリカなのでアメちゃんトラックとアメリカが走れるのが一番違う。アメリカン! アリゾナの風景が好きなのでそっからスタートしたけどすごいアリゾナぽいね。茶色の高原とか、砂漠とか、これがアリゾナなんだよなぁ。ヨーロッパの風景とは一味違うで。ラスベガスの方も走れるようなのでいつか行ってみたいけど都会はねー走りにくそうやからやっぱアリゾナ!ってなるかもしれんわ。人混みはやじゃわー。どこもかしこも蛆虫共で溢れてやがる!

これもさらっと動画撮っとくかなと思ってやってみたけど、走ってるトラックも主人公なのでほとんどカットしてません。短い距離ならいいけど長い距離だとダラーっと流すのがいいか、それともカッツッツーするか。ただ、走ってるところをカッツッツーしたら他になにも残らないんだよなぁ。ドライブしてる俺も主人公なので。まぁ作業用にドライブ音はいいかもしれんで?

でも久しぶりにトラックシミュやってみて、無心でやれるのがいいなと思った。悟り、見性、禅感覚でやれるというか。こういうのもたまには必要だと思います。インナーチャイルドの癒やしの助けにもなるかもしれんわ。


歌詞が面白かったので80点とさせて頂きまスゥゥゥゥ。もこっちはJKやからなんだかんだ言って色んな可能性が広がってるけどSさんも女の子に生まれてたらワンチャンあったんかなぁ…。


みんなに感謝します。ありがとう

Exanimaはわりと慣れてきたんやけど死ぬ時はサクッと死にますね。DaVinci Resolve 14でサックサクに動画編集できるようになったのでかなりスムーズに作業が進みましたが、カットと字幕を入れるとやっぱりそこそこ時間かかるなぁという印象。

あとDaVinci Resolve 14でGeforce ExperienceのShare機能をONにしてると音声が再生されないことがあるので切った方がいいですね。CUDAを使ってる関係でバッティングするのかなと思う。

登録者数30人を超えましたので記念動画を作成しました。前回の謝罪動画の続き、今度はみんなに感謝の動画です。自己愛、自分の本質は愛、鏡の法則が抜けていたので、もし次に動画を作るときはそこらへんをフォローしたいですかね。登録者100人くらいで。

続きを読む


AviUtlに変わる動画編集ソフトを探した結果

今まで動画編集はAviUtlでやっていたのだがOBSで撮影した動画を無駄に高ビットレート(1080p・8000ビットレート・録画でこんなにビットレートいらない)にしたせいで分割やプレビューで数秒固まることがある。そもそもAviUtlはそんなに重い素材を想定していない。というわけで重い素材を固まらずにサクサク編集できるソフトを探してみた。

PowerDirector 15 – ¥12,780

タイムライン編集中のプレビューがスムーズ。分割しまくっても問題無し。1080p素材もサクサク扱える。文字を入れる方法は字幕モード、テキストモードの二種類あり。字幕モードはフォント・大きさ・位置の融通が効かないが時間順にズラーッと字幕リストが並び、定位置に表示するのならばこの機能で十分。テキストモードは文字毎に大きさや位置を変えられるが編集する時にいちいちテキストをダブルクリックしてテキスト編集画面を出さないといけないのが面倒。しかもテキスト編集画面を開く時にカクっとするのがイラッとする。動作自体はいいのだがAviUtlの方が使いやすいのでナシ。

VideoStudio Ultimate X10 – ¥15,422

PowerDirectorとすごく似ている。字幕エディターモードに入るのが面倒。動作自体はいいのだがAviUtlの方が使いやすいのでナシ。

VEGAS Pro 14 Suite – ¥12,800

動作自体は軽いがインターフェースがダサい、古い。

EDIUS Pro 8 – ¥59,800

無職のSさんも使ってるソフト。高い。

Adobe Premiere Pro CC – ¥4,980/月

サブスクリプションなのが気に入らない。下位版のElementsが機能制限されすぎている。

HitFilm 4 Express – 無料

高機能でテキスト入力の切り替えも悪くないが日本語変換ができない。メモ帳などに入力してからテキストコピペは可。映画作成には向いてそうだがこんなに高機能はいらない。


有名なソフトを一通り試したのだが使えねーなという印象。というかAviUtlの文字編集機能が優秀すぎるというのがある。まぁMADとかもさAviUtlかAdobe Premiere Pro CCを使ってる人しかいないし、AviUtl最強伝説だから重い素材も少しくらい我慢するしかねーのかなと思った。だけど、ありました。

DaVinci Resolve 14 – 無料~¥33,980

4K以上の素材は有料版しか扱えないが1080pなら無料版で十分。テキストを編集する時にスムーズに行える。AviUtl並。これが欲しかった。私は使わないがDAW並の波形編集、カラコレも充実している。対馬編集がやりやすい。しかもUIもカッコいい(これ大事。VEGASは見習え)

欠点は高ビットレートの素材でレンダーキャッシュをスマートにしてもタイムラインを動かしているとプレビューが遅れる(5000ビットレートなら問題なかった)。プロジェクトの設定→一般オプション→最適化メディアでハーフ、クォーターを選択して、編集素材が最適化されるとプレビューがスムーズに動くようになる。あるいは再生→プロキシモードでハーフか、クォーターに。

エンコードはデリバリー(デリバー)モードでレンダーすることで行える。ver12.5.5とver14ベータ版があるがver14ベータ版の方がエンコードが早く、フォーマットに.mp4を選べる。ver12.5.5ではフォーマットMOV/H264しか無かったのでver14ベータ版を推奨。MOV形式でYoutubeにアップロードしても特に問題は無かったが。


そこそこのグラボ、メモリを持っているならDaVinci Resolve 14無料版が良い。映画みたいなバリバリのエフェクト、3D素材を使った動画を作りたいならHitFilm 4がオススメ。


Shadowplayで撮影した動画をDaVinci Resolve 14で読み込ませると音声が無音になる。VFR(可変フレームレート)が問題? CFR(固定フレームレート)の動画は問題なかった。OBSならCFR(固定フレームレート)で撮影できるのでOBS推奨。

あと音声再生にVoicemeeterなどの仮想オーディオミキサーを使用しているとDaVinci Resolve 14の編集時の音声再生で大きな遅延やエンコード時に不具合が発生する。オーディオミキサーはかまさずに動画編集すること。これで時間を無駄にした。