外国人奴隷政策を食い止める救世主オミクロン株

この記事は約2分で読めます。

オミクロン株の懸念により全世界からの入国禁止。この決断はえらい。外国でデルタ株が流行している状態で11月から入国緩和しているのがそもそも間違い。ケチケチ財政出動に新自由主義会議設立と裏切ってばかりの岸田内閣ですが、新種のウイルスの水際対策をやろうとする意思は評価できる。

技能実習という名の低賃金で働く外国人奴隷受け入れ政策は見直すべき。言葉を話せず、文句を言わず、低賃金で働く奴隷を受け入れる政策なんて恥ずかしい。政府がケチケチせず、日本人の雇用環境を改善すればいいだけ。奴隷政策は外国人にとっても日本人にとっても良くない。

パンケーキはG7の声すら無視して独断専行していましたが、岸田さんはG7の声は聞く気があるということが分かりました。アメリカやイギリスが財政出動しろと強く言ってくれないかなぁ。

「“岸田は慎重すぎる”というご批判については負う覚悟だ」岸田総理(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース
 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、岸田総理は29日午後、外国人の新規入国を停止する考えを明らかにした。
岸田首相「小出しはだめだ」「まずは全部しめよう」――菅氏の“教訓”背景に…オミクロン株の水際対策で厳しい措置(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」をめぐり、「全世界」を対象に入国禁止とした日本は、各国の水際対策の中でも厳しい措置をとったと言えます。背景には、少しずつ手を打った菅前首相の教訓があり

盛り上がらずにひっそりと終わった立憲代表は泉さんに決定。アホなことばっかり言っていた小川、西村よりはマシでしょうか。

具体的な話が出て盛り上がった自民総裁選に比べると、中身の薄い内容でした。新自由主義政策や規制緩和を進めると言った河野、新自由主義から転換して所得倍増させると言った岸田、PB凍結して積極財政すると言った高市とは大違い。

自民のパワーを削ぐには立憲の数は重要なので泉代表は次の参院選までに具体的なことを言えるように勉強してほしいと思います。積極財政へ振り切ってほしい。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました