五輪はもうやらなくていいので財政赤字を拡大して下さい

この記事は約2分で読めます。

炊き出しや子ども食堂をやられている方は素晴らしいですが、これは本来なら政府のやるべき仕事です。NPOの人すごいで終わらせてはいけない。金がないなら配るだけ。日本円の発行者は誰なのか。日本のインフレ率はいくつなのか。今の日本に貨幣発行の懸念材料はない。

「五輪やってる場合か」広がる貧困 炊き出しの列、過去10年で最多 | 毎日新聞
 体重は17キロ減り、所持金は10円を切った。寝る場所はネットカフェから路上になった--。新型コロナウイルスの影響が長引く中、仕事を失うなどした人たちの生活がますます追い込まれている。東京・池袋の公園で支援団体が続けている「炊き出し」に集まった人数は今年に入ってさらに増えて過去10年で最多となり、リ

コロナという国難に対抗できるのは政府だけ。アメリカはインフレ率4%を超えているが財政拡大も金融緩和も続けていくべきと言っている。インフレ率は雇用回復によって供給力が復活すれば抑えられる。一時的なインフレ率上昇を気にして生活に困っている人達や企業を潰すわけにはいかないという論理だ。

そもそも人が死んだり、企業が潰れて供給力が絶たれれば物が作れなくなり、物価はさらに上昇する悪循環に陥る。消費が減って企業は倒産、家計は生活が苦しくて婚姻や子供は贅沢品になり、少子化が進む。そんな国に未来なんてない。

政府には国民を救う力がある。家計や企業とは違うのだ。政府がやる気になればアメリカや中国も凌ぐような国にだってできる。ただ、やる気がないだけ。平成では多くのものを失った。そろそろ他国並みに成長する国を目指そう。

イエレン米財務長官、高いインフレ「年末まで続く」-依然一時的
イエレン米財務長官は高水準のインフレ率が今年末まで続く公算が大きいとしつつ、依然として一時的な現象との見方を維持していると語った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました