Might and Magic IX: Writ of Fate – あの頃みんなが冒険に夢中だった(1)

マイトマブーム再燃。とことで、手始めにIXを始めることにする。
本当はVIに挑戦する予定だったが、クリアするまでにもの凄い時間を要するため様子見。

マイトマシリーズ最後の作品

IXはマイトマシリーズ最終作。これまでと同様、自由度は極めて高く、各プレイヤーが好き勝手に世界を冒険できるスタイルになっている。また、パーティーメンバーは自分で作成できる方式に戻された(※前作のVIIIは主人公のみプレイヤーが作成でき、パーティーメンバーは雇用しなければならなかった)。

グラフィックはLithtechエンジンを採用し、これまでスプライトで表現していたオブジェクトやキャラクターはフルポリゴン化された。だが、フルポリゴン化の弊害は大きく、初期のバージョンはグラフィック関係のバグやエラーを抱えることになる。その後、パッチでかなり改善された。ちなみに日本語版のパッチはイマジニアのサイトからDLできる。

Vistaでも動作可能。ただし、ローディングから画面が切り替わらないことがある。対処法としては、Alt+Tabで画面を一度デスクトップにして、再びIXのタスクへ戻すとローディング画面がうまく切り替わっている。強引な方法だが、これ以外の方法は分からなかった。Windowedモードはタスク切替しなくても画面が変わるがフリーズ率も高い。

また、グラフィックドライバーによるそうだが、文字が枠からはみ出る。私の環境ではお尻の5文字前後が枠からはみ出し、3行目は表示されない。このゲームのダイアログは1、2行の内容が多く、はみ出ている文字も読めるので問題はない。

完全な動作を目指したかったら、古い構成のPCかVirtual PCなどの仮想環境(ME、2000、XP)で遊ぶのがベターだろう。これはVI~IXの日本語版に共通して言えることだ。ただし、環境によってはVistaで普通に動作する可能性もある。

続きを読む





思い出作り

マイトマ1~6がセットになった「Might and Magic 6-pack」を購入。
1~4は未プレイなのでちょうどよかった。ただし、クリアする気はない。

ベストオブRPG

6~9の日本語版パッケージを探しているが、未だ神隠し状態。
どこへ行かれましたか。


Dreamkiller – 悪夢は繰り返す(クリア)

クリアまで6時間。時間的にみると短い部類だが、敵をやたらとリスポーンさせて水増ししている場所が多いので体感的なボリュームは実際よりも長く感じる。

Mindware Studiosが開発ということで期待値を下げていたのもあるが、個人的にはそれほど悪くない。終わってみると悪い夢から覚めたような爽快感があった。

Diablo 3の人ktkr

続きを読む