Archangel Saga – 大刀とマイケル(1)

みんな大好きMetropolis SoftwareのアクションRPG「Archangel Saga」をプレイするよ。

主人公は現代世界で平凡に暮らしていたマイケル。ある夜、車を運転していた彼は不注意でトラックと正面衝突し、意識を失う。彼が再び目覚めると、そこは見知らぬ修道院だった。修道僧の話によるとマイケルは選ばれし者で、闇に支配されたこの世界を救える唯一の人間らしい。マイケルは修道院長や光の神に促されるまま、課せられた使命に立ち向かっていくことになる。

マイケルは死んだのか、それとも生きているのか。この世界は一体どこなのか。闇の勢力を倒したらどうなるのか。以上の疑問点は序盤ではあやふやな表現となっていて、謎として残されている。今後の展開、伏線の回収が気になるところだ。

製品パッケージ裏にはファンタジーとSFが融合した世界がどうたらこうたらと書いてあり、純粋なファンタジーものではない。具体的にはファンタジー、現代、未来の三つの舞台を旅することになる。でんせつのめいさくダイカターナのごとく、ゲームプレイに変化があって楽しめそうだ。


続きを読む



Sacred 2 – 囮道連れ(2)

Silver難易度はプレイヤーのレベルと敵のレベルが同じに設定されるため、テキトーに戦っているだけでレベルがガンガン上昇中。ハック&スラッシュゲーはこれくらいテンポ良く育った方がいい。レべリングを意識すると作業感が出て辛くなる。

クエストを攻略しようとマーカーに沿って移動するのだが、移動中に他のNPCからクエストをもらい、どんどんクエストが溜まっていってしまう。同じNPCが複数のクエストを用意していることもあり、クエストログは山積み。前作のクエスト量はそれほど多くなかったと思うが、今作では豊富に用意されている。ここはWorld of WarcraftなどのMMORPGに近いか。クエストは単純な内容で、質より量のスタンス。本作はハック&スラッシュゲーなのだから適切な選択だろう。

エスコート系のクエストも結構用意されているようだ。クエストを請けたもののクリアしないせいでエスコートNPCが増え、いつしか大所帯なパーティーになった。エスコートNPCは頑丈でなかなか死なないので囮として役立つ。しかし、描画負荷が増加するのは考えものだ。うっとうしいからどうにかしたいのだが、どのクエストをクリアしたらいいかを探すのが面倒なので放置している。クエストが溜まりすぎて、確認するのも面倒な有様だ。


続きを読む


Terminator: Future Shockを再発掘

とことで、DOSゲー再発掘シリーズ第三弾です。今回はTerminator: Future Shockのデモ版に挑戦。初めてのFPSですよ、お姉さま。ぶっつけ本番で3ステージクリアを目指しましたよ。デモ版はこちらからダウンロードできます。

ちなみに前回のAlien Carnageの続きは編集中にご不幸に遭い、帰らぬ人になってしまいました。

/DOSゲー再発掘シリーズマイリスト
・Terminator: Future Shock Part-1【DOSゲー再発掘シリーズ】
・Terminator: Future Shock Part-2【DOSゲー再発掘シリーズ】
・Terminator: Future Shock Part-3【DOSゲー再発掘シリーズ】




Sacred 2 – 暗黒卿一人旅(1)

ヨーロッパで好評を博したオープンワールドタイプのハック&スラッシュ「Sacred」の続編。基本的なシステムはそのまま踏襲し、細かな部分に改良が施されている。もともと前作の完成度が高いこともあり、安心して遊べる作品に仕上がっている。


続きを読む