Sacred 2 – 三日越しの結実(6)

因縁のタコを成敗。タコは瀕死になると体力吸収攻撃をしてきて、戦闘が余計に長引くことになった。どうやら触手を失うと、この攻撃を仕掛けてくるようだ。この戦闘を始めたのは朝だったのに、いつの間にかあたりは暗くなっていた(ゲーム内の話ね)。これでようやく先へと進める。

ちょっとマルチを試してみようかしら。とことで、アカウントを作成。マルチにはClosed NetとOpen Net、二つのモードが用意されている。

Closed Netはサーバーにセーブデータを保存するモード。プレイヤーが安易にセーブデータの改竄を行えないようになっている。こういったMORPGではセーブデータの改竄が必ず問題になるが、Sacred 2ではしっかり対策が行われているというわけ。クリーンに遊びたいならClosed Netでプレイするべきだろう。

ただし、Closed Netは必ずサーバーを介して遊ぶことになるのでラグの問題がある。当然のことだが、シングルモードのキャラクターを持っていくことはできない。

Open Netはローカルな環境にセーブデータを保存するモードだ。 セーブデータが各々のPCに保存されるため、データの改竄が行われる可能性がある。シングルモードとは互換性があり、シングルモードのキャラクターをOpen Netへ持っていくことが可能。

基本的にマルチはClosed Netでプレイするのが常識のようだ。Open Netでは公式のサーバー以外は立っていなかった。身内オンリーならOpen Net&シングルモードでもいいかもしれないが、野良で遊ぶならClosed Netでやった方がよさそうだ。今度からはClosed Netでキャラを作ることにしよう。

接続サーバーはシリアルナンバーで分けられている模様。私はGamers gateで購入したので、ヨーロッパのサーバーに(eu.sacred2.net)接続される。Closed Netでは30ほどサーバーが立っていたものの、プレイヤーは少なめだった。少なめというより、過疎といった方が適切かもしれない。最近のゲームなのにも関わらず、Titan Questと比べて明らかに人が少ない。これはサーバーを地域毎に細かく分散させたせいだろう。ちなみに私の環境ではイタリア、フランス、ドイツのサーバーしか見えない。ロビーで交わされている会話もまったく読めなくて困る。これじゃあClosedで遊ぶのは厳しいかもしれない(笑)

接続サーバーを分けるのはまだ理解できるとしても、プレイヤーが自由に選べないのは問題だろう。フォーラムでも「他の地域のサーバーに接続したいだけど・・・」という声がいくつか挙がっていた。それに対しての返答は「その地域のSacred 2を買ってね」とのこと。ゲーム自体はよくできているのに、残念だなぁ。


UDKをいじる

・Unreal Development Kit

安定してきたという話を聞いたので、そろそろいじってみる。ちなみにUDKとはUnreal Engine 3.5世代のゲーム開発環境のことで、簡単にいえばUT3のエディターと同じようなものだ。異なる点はグローバルイルミネーションと分散処理システムによるビルド時間の短縮に対応した点。要するに「UT3よりもライティングが豪華になったよ!やったね、たえちゃん!」ということだ。

UDKにはUT3のサンプルが少しだけ含まれており、普通に遊ぶこともできる。こういったサンプルがあると、サクッとプロトタイプを作る際に役立つし、便利だ。

グローバルイルミネーションのテストをやりたかったのだが、Swarm(ネットワーク上のコンピューターに処理を分散させ、時間を短縮するシステムらしい)がエラーを発生し、ビルドが正常に行われない。フォーラムを読むと「ファイアウォールの設定を見直すといい」と書いていたので、ファイアウォールをOFFにしたのだが問題は解決できなかった。せっかくのライティングを試せず仕舞いでしょんぼりだ。

いまのままだとビルドも行えないので大変困る。しょうがないのでワールドプロパティのLightmass設定からGIとSSAOを外し、ビルドを行えるようにした。これじゃUnreal Engine 3.5の意味がないな。

UDKは非営利なら無償で利用できるとのこと。せっかくだから何か作ってみたい。Real Mystみたいな不思議な世界を旅するアドベンチャーゲームを作りたいなぁと思ったり。構想自体はあるのだが、実行力はない。いつものごとく中途半端に終わるだろう。


Sacred 2 – タコ殴り(5)

現在のプレイ時間20/h。ようやくチャプター3のボスと出会う。チャプターは全部で10まであるとのこと。どんだけボリュームあるんだSacred 2。

チャプター3のボスは大タコだ。 こいつが異様に硬くて、難儀している。時間をかければ倒せないことはないが、だらだらとやるのは性に合わないので一旦諦めることにした。Sacred 2はポーション使用にクールタイムがなく、連続でがぶ飲みできる。回復を連打しながら戦えば必ず勝てるというわけだ(一撃で殺されたりしない限りは)。それゆえ戦闘がいまいち緊張感に欠ける。

育成は失敗したようだ。あまり深く考えずにスキル割り振りをしてきた為、当然といえば当然か。無いものねだりかもしれないが、スキルリセットができればよかった。

Buff強化のスキルは取得しない方がよかったと後悔している。爺様のBuffは使い勝手の悪いものが多い。それにBuffを掛けているとコンバットアーツのリチャージが長くなってしまう為、常用する気にはならない。ザコはコンバットアーツで一掃するようにしているので、リチャージ時間が少しでも長くなるのは致命的だ。

Buff強化のスキルが活きてくるのはゴールド難易度に移行してからになるのではないだろうか。それくらいまでスキルレベルが上がらないとBuffを使用する気にはならない。今のところ効果に対してデメリットが大きすぎる。爺でゴールド難易度に挑戦する気はないので、この選択は完全に失敗。Ridingスキルを取得しておけばよかった。



Sacred 2 – 生理的嫌悪感(4)

ユニークマウントのクエストを完了させ、念願のユニークマウントをゲット。ちなみにユニークマウントとは各キャラクター専用の乗り物のことである。これでお馬さんとはお別れだ。

ユニークマウントの特徴は乗っている最中でもコンバットアーツが使用可能な点だ。お馬さんに乗っている時はコンバットアーツは使用できず、通常攻撃しかできなかったが、ユニークマウントではそのような制約がない。マウントすると普通よりも移動速度が早くなり、補助効果なども付くので乗っておいた方がいいというわけ。

うちの爺様のユニークマウントは蜘蛛だった。私はあまり蜘蛛のことは好きではないので、ちょっぴりいやーんな感じだ。蜘蛛のお尻の模様が極彩色で、余計に気持ち悪さを助長させる。アップで見ると蜘蛛の顔は可愛いのだが・・・模様の毒々しさがなんとかならないものか。セラフィムのユニークマウントはもふもふのトラさんで羨ましい。


Sacred 2 – ブラガ放浪旅(3)

NPCからクエストをもらうと、会話文で見慣れた単語を発見。ブラインドガーディアン、ハンズィ・・・そう、このNPCはクサメタルバンド「ブラインドガーディアン」のボーカル「ハンズィ」だったのです。

ブラインドガーディアンをゲームに起用するという話をずいぶん前に何かの記事で読んだ覚えがあるが、この件だったのか。まさかのサプライズゲストにびっくらこいた。そういえばソナタ・アークティカも似たような話があったが、あの件はどうなったのやら。

ハンズィによると、いまアンカリア(Sacredの舞台)ツアーを行っている最中なのだそうだ。しかし、熱心なファンが彼らの楽器を盗んだため、演奏出来なくて困っているとのこと。とことで、ハンズィは主人公に楽器の奪還を依頼してきたのだった。

ブラガのファイナルコンサートとやらに興味があったので早速依頼を引き受ける。クエスト内容は簡単だ。要は悪質なファンをこらしめて、楽器を取り返せばいい。

続きを読む


The Saboteur – 田舎を救おう(2)

メインミッションを進めると、レジスタンスの支援要請ができるようになった。場所を指定するとそこにレジスタンスが現れ、主人公の援護を行ってくれる。これを利用して、ナチス兵を誘導することも可能だ。ナチスとレジスタンスを交戦させて、その隙に目標へダイナマイトを仕掛けてドカン!そして、自分は何事もなかったかのように立ち去る。

初期のレジスタンスの装備品はショボくて、あまり頼りにならないが、武器商人でアップグレードができる。アップグレードしていけば逃走時の囮役としても役立ちそうだ。

現在はメインミッションは進めず、郊外のフリープレイターゲットを主に遂行中。牧歌的な風景に癒されながら散策を繰り返し、気が向いたときにナチスへちょっかいを出している。今度はああやって倒そう、次はこうやって倒そうという風に目標やノルマを課して、破壊工作を満喫中だ。

マップが広大なクライムアクションは得てしてコピー&ペーストなマップになりがちだが、本作は郊外のマップまできちんと作り込まれていて好感が持てる。似たような風景の印象や既視感を与えない点が素晴らしい。あとはフリープレイターゲットややりこみ要素のバリエーションがもっとたくさん用意されていれば、なお良かったが、それは無いものねだりだろうか。